とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    木浪聖也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2 

    レギュラー確保に燃える北條
     矢野燿大新監督が就任した阪神は7日に今キャンプ初となる紅白戦を実施。6イニング制ながら両軍あわせて計25安打・17得点という乱打戦となったなか、ショートのレギュラー獲りにかける若虎たちが早くも火花を散らしている。

     まずアピールを見せたのが、紅組の「3番・遊撃」でスタメン出場した24歳の北條史也だ。昨季はシーズン途中からスタメンに定着して62試合に出場。規定打席には到達しなかったとはいえ、そのなかで打率.322という好成績を残した。

     定位置確保、開幕からレギュラーを目指すプロ7年目の今季。北條は初の実戦から矢野監督に猛烈なアピールを見せる。第1打席でセンターに弾き返す安打を放つと、二死ながら満塁のチャンスで迎えた2回の第2打席もセンター返しで先制の2点適時打。期待の4年目・望月惇志の150キロの速球をしっかりと捕らえ、ビッグイニングの口火を切った。

     第3打席では右飛に倒れるも、6回の第4打席でも守屋功輝からレフトへの安打。4打数3安打の活躍で順調な仕上がりぶりを見せつけた。

    最後にインパクトを残した木浪
     遊撃手争いのなかで良いアピールを見せたのは北條だけではない。期待のルーキーも初戦から奮闘を見せた。

     ドラフト3位で入団した木浪聖也は、青森山田高から亜大へと進み、社会人・Hondaを経てプロ入りを果たした24歳の左打ち内野手。この日は北條と同じ紅組に入ったため、「7番・三塁」で出場していた。

     第1打席で犠打を決めた後は2打席凡退に倒れたものの、7-7で迎えた6回表のラストチャンス。二死一・二塁で打席に入った木浪は、守屋が投じた速球をフルスイング。高々と上がった打球はライトスタンドへ吸い込まれる勝ち越し3ランとなった。

     プロ入り後初の実戦で放った初安打が3ラン。どちらかというと堅実な守備に定評があった男だけに、いきなりの実戦でプロ4年のキャリアを持つ投手から最高の結果を残したのは、本人にとっても大きな自信となったことだろう。

     ユーティリティ性の高さも持ち味で、社会人時代も1年目は二塁や三塁での出場が主だったが、2年目以降は遊撃のレギュラーに定着。内野のどのポジションも守れるという強みは、開幕一軍入りに向けては大きな武器となる。

     一方で、その一歩先、レギュラーを目指すとなると、守備だけでなく打撃でのアピールというのも不可欠になってくる。このキャンプ、そしてオープン戦でどれだけアピールできるか。初実戦を良い形で終えた木浪にも注目したい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00177885-baseballk-base 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1




     「阪神紅白戦、紅組10-7白組」(7日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)  今年初実戦となる紅白戦が行われ、ドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が、“プロ初本塁打”を放った。  同点の六回2死一、二塁で守屋から右翼席へ完璧な3ラン。これが決勝弾となった。  紅白戦には紅組の「7番・三塁」で先発。1打席目の無死一塁は一塁線へ送りバントを決めた。2、3打席目は凡退していたが、4打席目に最高の結果を残し、“プロ初安打”を放っていたドラフト1位・近本に負けない存在感を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000075-dal-base 




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神春季キャンプ(5日、沖縄・宜野座)阪神のD3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が、投内連係で初めて三塁の守備につき、華麗な身のこなしでアピール。基本は二遊間ながら、ユーティリティープレーヤーぶりも披露して定位置確保を狙う。

     ドームの屋根に落ちる雨音をかき消すほどの威勢のいい声が響いた。木浪が三塁守備で軽快な動き。「違和感なく普通に守ることができました。社会人のときもやっていたので」と汗を拭った。

     本職は遊撃手だが、矢野監督は「いろんなことはオプションの中でやっていけば」と青写真を描く。三塁には大山というレギュラー候補がいて、この日も一緒に練習したが、さまざまなケースを想定しておく。

     藤本内野守備走塁コーチは「器用だし、どのポジションでもこなせる。まとまっているなという感じ」と評価。久慈内野守備走塁コーチも「全然(問題ない)。いろいろ経験させてやれるように」とうなずいた。

     本人は大山との競争について「(大山はバットでの)とらえ方が上手というか、すべてにおいてすごいと思っている。少しでも勉強できたらと思います」と謙虚そのもの。初実戦となる7日の紅白戦に向けて「投手の球を打つことになるので、振り負けないことと、強く振ることをやっていきたい」と自分のことに集中していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000023-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2



     阪神のドラフト1位・近本光司外野手=大阪ガス=、同3位の木浪聖也内野手、4位の斎藤友貴哉投手=いずれもホンダ=が4日、キャンプ初の休日を利用し、沖縄・宜野座村の「道の駅 ぎのざ」でシーサーの色付け体験を行った。

     3選手とも個性を存分に発揮。近本は金色をベースに赤色で装飾すると「シンプル過ぎましたね」と苦笑い。木浪は銀色ベースに緑色を使い、「普通過ぎて面白くないので、ネイルを塗っておきました!!」と、ツメ部分をピンクで色付けして笑わせた。

     この日、一番の笑いを誘ったのが斎藤。全体に金色と黒色を混ぜ「黒の中にも奥から光る色にしたかった」と珍回答。目を赤色で塗った。ホンダ時代から同僚の木浪も「近本は野球と一緒でセンスがある。友貴哉は普通のことは絶対にしないので」と証言した。

     沖縄では古くから伝わる守り神とされ、獅子(しし)が原形になっているが、完成したシーサーを見ながら「犬ですよね?番犬として家に飾ります」と笑った。最後に3人で優秀作品を選ぶと、自らも黒光りするシーサーを指さし、満場一致でMVPを獲得した。

     約1時間の体験を終え、リラックスできた様子。即戦力となる社会人出身の3人は、あす5日から始まる第2クールに向けて、近本が「実戦も入ってくる。長所の足を生かしたプレーでアピールしていく」と気を引き締めると、木浪は「存在感、声を出して頑張りたい」と気合十分。斎藤も「自分の良さをどんどん出していきたい。持ち味でアピールできるように」と力強い直球を武器に、開幕1軍枠を狙ってく覚悟を示した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000061-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <第1クール終了:阪神新顔通信>

    阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)が3日、初のキャンプの第1クールを終えた。

    「課題がたくさん残った。1日1日、コーチの方に指摘していただいて、それを1つずつつぶしていきたいなと思います」と課題と向き合いながらも充実感を漂わせた。

    キャンプ入り前には「学ぶことしかないと思う。鳥谷さんに、いろいろ聞いていきたい」と同じ遊撃手の大先輩・鳥谷敬内野手(37)から技術を吸収したいと話していたが、この日は「自分のことに必死すぎて」とぽろり。「第2クールは聞きたいと思います」と新たに意気込んだ。

    ホンダからは今年、木浪に阪神ドラフト4位の斎藤友貴哉投手(24)、ロッテ7位の松田進内野手(24)がプロ入り。そんな3人は古巣に、グラウンド整備に使うバギーを送ったと言う。感謝の気持ちを胸に、今度は活躍で恩返しだ。【阪神担当=磯綾乃】


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00469501-nksports-base



    続きを読む

    このページのトップヘ