とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    本を寄贈

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神・青柳晃洋投手(27)が7日、地元・横浜市鶴見区の小学校を訪問し、今年から開始した社会貢献活動として本などを寄贈した。

    母校である寺尾小と生麦小へ、今夏に出場した東京五輪の金メダルを首から下げて凱旋。子供たちの温かい拍手で迎えられた。

    全校生徒の前では「みんなには本を読んでほしい。僕も大学までは全く読んでいなかったけど、すごく大事なことだと気づいた。自分のためにもなるし、なんでもいいから本を読む習慣をつけてほしい」と語った。

    本の贈呈式のほか、小学生とキャッチボールなどで交流し、5、6年生の高学年を対象に講演会も行った。壇上では夢と目標を追い続けることの大切さを説いた。「僕も小さいころは野球が下手くそだった。でも周りに何と言われようと『プロになる』と言い続けて努力し続けたら、夢をかなえることができた」と自身の経験を例に挙げながら語った。

    青柳は今年から社会貢献活動を開始。同区の小学校22校と市立保育園4園を対象に今シーズンの勝利数(13勝)×10万円相当の本や玩具などを寄贈した。




    7日(火)、青柳晃洋選手が地元・横浜市鶴見区内小学校を代表して、青柳選手の母校である「寺尾小学校」と、「生麦小学校」を訪問し、本(および図書カード)の寄贈式と児童たちと交流しました。尚、青柳選手は今後本活動に継続的に取り組む予定です。 ▼訪問の様子はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7756.html  pic.twitter.com/3VZ0bHOfNC


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は1日、青柳晃洋投手が勝利数に応じた金額分の「本(絵本)」を寄贈することを発表した。寄贈対象先は青柳自身が生まれ育った横浜市鶴見区の市立小学校22校、市立保育園4園。

     今季のレギュラーシーズンの成績分(13勝×10万円で130万円相当)から実施し、継続的に活動に取り組んでいくという。12月上旬には横浜市鶴見区の市立小学校に2校訪問する予定だ。

     青柳は球団を通じて下記のコメントを発表。

     「今回、地元の横浜市鶴見区の子どもたちのために何かできることはないかと考え、この活動を始めることになりました。鶴見区役所の方から『図書室の本が傷んでいる学校がある』という話をうかがい、僕自身もよく本を読むので、子どもたちにおすすめしたい本と子どもたちの好きな本を選んで買ってもらえるように図書カードを寄贈することにしました。保育園にも絵本とおもちゃを贈るので、みんなで楽しんで使ってもらえたらなと思います。これからチームの優勝のために勝ち星を積み重ねることで、地元の鶴見区にも恩返しができるように頑張っていきたいと思います」




    青柳晃洋選手は、2021年より自身が生まれ育った地元・横浜市鶴見区の市立小学校、市立保育園に通う子どもたちを対象に、勝利数に応じた金額分の「本(絵本)」の寄贈を行うことになりました。 ▼活動の詳細はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7739.html 



    青柳さん🥺✨✨ 素晴らしい社会貢献ですね👏🏻  https://twitter.com/tigersdreamlink/status/1465849438874701829 



    社会貢献すばらしい!! そして何よりも、 イラストが可愛い(傘は必須なのね☔️☔️)  https://twitter.com/tigersdreamlink/status/1465849438874701829  pic.twitter.com/JbtcjaPR3V



    漫画大好きな青柳さんらしい💕 本てほんと、心の栄養だもんね💕  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1465849438874701829 


    続きを読む

    このページのトップヘ