とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    本塁打王

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     大谷翔平(26=エンゼルス)が本塁打を打ちまくっている。

     日本時間21日のタイガース戦で6戦6発となる同点の23号2ランを放ち、リーグトップのゲレーロ(ブルージェイズ)に並んだ。

    「カタギに見えない」…清原和博の訪問姿に巨人キャンプ騒然

     日本人選手の最多本塁打は、松井秀喜(ヤンキース)が2004年に放った31本。大谷がこのままのペースで打ち続ければ日本人最多を塗り替えるのはもちろん、タイトル獲得まである。本塁打王獲得なら、松山英樹のマスターズ制覇に勝るとも劣らない偉業だろう。

     大谷は果たして、本塁打王のタイトルを取れるのか。野球文化学会会長で、名城大准教授の鈴村裕輔氏はこうみている。

    「ここにきて本塁打を量産しているように、対戦が2巡目、3巡目に入ってもコンスタントに本塁打を打っているのは、相手投手やバッテリーの包囲網を乗り越えているということ。その長打力は本物とみていいと思います。今後、故障なく夏場を乗り切り、三振か本塁打かという打撃を続けられるようなら、日本人選手最多の40本塁打はもちろん、日本人選手初の本塁打王も不可能ではないでしょう」

     大谷はここまで、レッドソックス、レイズ、ホワイトソックス、アスレチックス、アストロズなど、各地区で首位争いをする強豪から、それぞれ2本ずつ本塁打を放っている。つまり弱いチームのボロ投手を打って稼いだ数字ではないのだ。

    ■同僚トラウトの例

     そんな大谷の長打力は米国でも評判に。自身もすでに同7月13日の球宴前日に行われるホームランダービーへの参加を表明。舞台はロッキーズの本拠地デンバー。標高1600メートルの高地にあるため、気圧が低く、空気抵抗が少ない。打球の飛距離が伸びる球場として知られるだけに、「(打球が)飛ぶ球場なので、だれよりも遠くに飛ばせるように頑張りたい」とは本人。ホームランダービーで力いっぱいバットを振り回した選手はその後、打撃フォームを崩すといわれるが、17年優勝者のジャッジ(ヤンキース)と19年優勝者のアロンソ(メッツ)はその年のシーズンでも本塁打王のタイトルを獲得した。ホームランダービーへの参加が、必ずしもマイナスに作用するわけではないのだ。

     大谷は今年2月、年俸調停を避けてエンゼルスと2年総額約9億4000万円で契約した。今季年俸は約3億3000万円、来季は約6億1000万円だ。

     本塁打王のタイトル獲得なら、メジャーリーガーとしてハクが付くうえに選手としての価値もハネ上がる。再来年以降の年俸がケタ違いにアップするのは当然として、現時点での契約にも影響を与えるのではないか。

     例えば同僚のトラウトは14年3月、15年から6年総額約160億円でエンゼルスと契約。しかし、14年と16年にア・リーグMVPを獲得、16年から3年連続3割をマークすると、19年3月に同年から12年総額約470億円で再契約。契約が2年残っているにもかかわらず、新たに超大型契約を結び直した。エンゼルスがトラウトの選手としての価値を見直し、トラウト側もそれに納得した。トラウト側も球団も選手としての価値を見直すことがお互いにとって得策だと判断したからだ。

    MVPと同時受賞なら約22億円の5~7年契約も

     選手としての価値で言えば、大谷も見直される可能性がある。

     昨年まで3年間の成績を見ると、打者として1年目が22本塁打、2年目が18本塁打。投手としては1年目の4勝(2敗)が最高だ。2年総額約9億4000万円という金額は、あくまでも打って投げられる二刀流選手に付いた値段だったが、今季は違う。本塁打王のタイトルを獲得して、なおかつ先発として試合をつくれる選手なのだ。

    「今オフに来年までの契約を破棄、大谷とエンゼルスが再契約を結ぶ可能性もあります」と前出の鈴村氏がこう言う。

    「メジャーではアベレージヒッターより長距離打者が評価されます。中でも本塁打王は、最も価値あるタイトルです。なので本塁打王のタイトルを獲得すれば、来季から年平均1500万ドル(約16億5000万円)の3~5年契約が期待できるでしょう。それに投手として10勝近くすれば(現在3勝1敗)、今季のア・リーグMVPも視野に入ってきます。本塁打王とMVPの同時受賞なら、年平均2000万ドル(約22億円)の5~7年契約が見込めます」

     このペースで打ち続ければ、バラ色のオフが待っているというのだ




    それでも安い笑 大谷翔平、本塁打王のタイトル獲得で見込める新契約は「5年83億円」か #ldnews  https://news.livedoor.com/article/detail/20402622/ 



    さすがに83億は安すぎるな。トラウトほどではないにしても、もう一桁上は行くやろ。 大谷翔平が6戦6発のHR量産態勢!本塁打王で見込める新契約はナント「5年83億円」(日刊ゲンダイDIGITAL) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/2dcbacb24109d42184f082cb439cb11ed2a37359 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「オープン戦、オリックス1-1阪神」(21日、京セラドーム)

     2戦連続で「5番・右翼」で出場していた阪神ドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=が、この日はスタメンから外れて欠場した。蓄積疲労を考慮され、試合には出なかったが、ドラフト制以降新人史上初となるオープン戦本塁打王を確定させた。

     ドラフト制以降の新人最多本塁打記録の6本塁打を放った佐藤輝。本塁打王確定に浮かれる様子は無かったが、喜びを口にした。

     「オープン戦の数字なので、もちろん大事なのはこれからですけど、そういう数字を残せたことは一つの自信にはなりました」

     1年目のオープン戦はプロの壁に当たる選手も多い中、好結果を維持することができたのは自信にもなる。次はシーズン中でも本塁打王獲得にも期待がかかる。




    阪神単独優勝 佐藤輝本塁打王 充実し過ぎなオープン戦でした👏



    阪神・佐藤輝が新人初のHR王 楽天・辰己が首位打者  OP戦個人タイトル確定✨ (Full-Count) 👏👏👏😊 オメデト〜🎉⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210321-01063287-fullcount-base 



    オープン戦個人タイトル 首位打者 辰巳 .385 打点    山川 15打点 本塁打  佐藤輝 6本 盗塁    小川龍成 5 出塁率   丸佳浩 .467 防御率 大瀬良、二木  0.00 勝利   二木、笠谷俊介 3勝 セーブ 森唯斗4セーブ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神6-5ヤクルト>◇18日◇甲子園

    セ・リーグ本塁打のタイトル争いが混沌(こんとん)としてきた。ヤクルト村上が甲子園で23号、マツダスタジアムでは広島鈴木誠が24号。巨人岡本の25号に1本差をつける大山は激しいタイトル争いの中心にいる。

    大山は1回に右前2点打を放った後は、2つの空振り三振と四球だった。そう簡単に打たせてくれないだろうが、打撃内容は悪くないから十分にチャンスはある。どんどん振っていくスタイルを最後まで貫くのだろう。

    大山のタイトル獲得には5番サンズの調子が微妙に影響してくる。相手投手は後ろに好調の外国人が控えると、その前の4番大山と勝負せざるを得なくなるからだ。逆に5番が不調の場合は執拗(しつよう)にボール球を配した攻めをされる。

    ここのところの5番サンズの状態は芳しくない。10月は打率1割3分3厘、1本塁打にとどまっている(18日現在)。また三振が多くなって、四球が少ない。数字が示すように、始動が遅く、うまくタイミングがとれていない。

    開幕前もサンズは始動が遅かったが、徐々に慣れてきていたはずだった。サンズが再び上昇してくれば、大山もホームランを打ちやすくなるはずだ。サンズには打撃練習で緩い球を打つなどして再び調子を取り戻してほしい。

    また7回に代打で出場したルーキー井上の左飛はいい感じのフライアウトだった。まだまだ1軍レベルには遠いが、高卒1年目から打席に立っていること自体がいい経験になる。大きく育ってほしい。(日刊スポーツ評論家)




    そら5番が絶不調のサンズじゃ大山と勝負せんよ



    大山露骨にホームラン狙ってるから勝負避けられるわね 後ろのサンズに頑張ってもらわな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <中日3-0阪神>◇14日◇ナゴヤドーム

    阪神4番大山悠輔内野手は5試合連続マルチ安打を記録し、打率は2割9分2厘まで上昇した。

    2点を追う4回2死、大野雄からライナーで左中間二塁打。3点を追う9回2死からは二塁後方に飛球を落とした。26発で本塁打王争いのトップを走るだけでなく、自身初の打率3割フィニッシュも視界にとらえている。




    阪神大山5試合連続マルチ、本塁打王&打率3割視野  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010140001098.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  頑張っている証拠だよね。去年の駐車場素振りが話題になったけど、見えないところで努力してる結果が今年出てきてるよね。井上くんはいい先輩に恵まれたと思うし大山からどんどん吸収してほしい



    大山5試合連続マルチ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・大山悠輔内野手(25)が巨人・岡本とし烈な本塁打王争いを繰り広げている。ここまで92試合に出場し、自己最多の25本塁打。昨季は143試合で14本。球団では86年・バース、日本選手では84年・掛布雅之、日本選手の右打者では75年・田淵幸一以来となるタイトル獲得が見えてきた。プロ4年目の進化とキングの可能性に迫った。(データは共同通信デジタル)

     巨人・岡本が本塁打を打てば、大山もすぐさま並ぶ。コロナ禍のペナントレース終盤。セ・リーグの本塁打王争いが熱い。この2人に現在21本のDeNA・ソト、広島・鈴木誠、巨人・丸、ヤクルト・村上が続く展開だ。

     実績十分の強打者が並ぶ中、大山の成長がめざましい。本塁打率(1本塁打に要する打席)は昨季の38・4から今季13・40に向上。これは岡本の14・02、18、19年本塁打王ソトの16・52をしのぐ数字だ。オースティンの10・00は規格外だが、規定打席到達者ではリーグトップ。ストライクゾーン内スイング率74・4%(300打球以上)もソトの77・8%に次いでリーグ2位と積極性も光っている。

     【今季の本塁打】

     (1)球場、打球方向

     本拠地甲子園が最多の11本。広いナゴヤドームでも4本を放ち、球場の広さに左右されない。今季は右方向への一発も昨季の2本から倍増以上の5本。スイング力が増した印象だ。

     一方、球場が狭く、本塁打が出やすいと言われる東京ドーム、神宮球場では1本ずつ。ヤクルトは打率・150、カード別最少の1本塁打とツバメ投手陣に苦戦している。

     (2)カウント別

     初球が最多の4本。昨季1本だった2ストライク1ボール、2ストライク2ボールの投手有利のカウントで今季は5本。コンスタントに一発を放っており、追い込まれても一発が期待できる。大好物は3打数3本塁打の3ボール1ストライクだ。

     (3)コース、球種

     課題であった真ん中低めを克服した。同コースは昨季打率・212で0本塁打だったが、今季は打率・462の6本塁打、内角ベルト付近の高さも昨季の・173、0本塁打から今季は・打率・310、2本塁打とレッドゾーンと化した。球種別ではチェンジアップ、フォーク系が昨季の・177から・264と対応している。

     阪神は残り24試合。巨人4、DeNA4、中日6、広島4、ヤクルト6を残す。13日からは中日3連戦。得意のナゴヤドームでトップに踊り出たい。(デイリースポーツ・杉原史恭)




    凄い成長してるじゃん😲😲。しばらく虎の4番は安泰だね。 阪神・大山は何が変わったか 岡本と並ぶ25発本塁打王の好機(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0307b3cbf1fc06b6779875f5e91210215f661fca 



    大山を4番にしなかったこと。4番サンズが仕事をしてくれたことでしょう。重圧、負担が昨季とは比較にならないくらい少なくなっった。 ◎阪神・大山は何が変わったか 岡本と並ぶ25発本塁打王の好機(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0307b3cbf1fc06b6779875f5e91210215f661fca 


    続きを読む

    このページのトップヘ