1


 「日本ハム春季キャンプ」(2日、名護)

 打撃練習で選手の映像つきのピッチングマシンが導入された。

 バッティングセンターでよく見られる、実在する選手のフォームの映像に合わせてボールが飛び出してくるタイプのマシンが用意され、各選手が打席に立った。

 画面には阪神の藤浪が映し出された。速球対策が目的で、現時点で球速の設定は不明だが、かなり速いように見受けられた。空振りや、振り遅れる選手が、多かった。

 今季に強い思いをかけている杉谷も打席に入った。杉谷とこのタイプのピッチングマシンという組み合わせは、テレビ番組でお馴染みの「リアル野球BAN」さながら。キャンプが始まってばかりとあって、まだタイミングを合わせきれていない様子だったが、練習に励んでいた。




F杉谷拳士VS.阪神藤浪🐯 『リアル野球盤』 打撃マシン バーチャル藤浪⚾ 全く打てませーん😅 #BIGBOSS #日ハム #杉谷拳士 #藤浪晋太郎 https://t.co/HZbC4mkuzF


続きを読む