1


 「阪神-広島」(13日、甲子園球場)

 首位阪神は甲子園で2位広島との3連戦初戦に臨む。先発は西勇、広島の先発は森下。

 西勇は7回コールドとなった6日・巨人戦(甲子園)で7回4安打2失点と好投し、初勝利を挙げた。森下とは3月30日(マツダ)以来、今季2度目の投げ合いとなる。前回、森下は6回1安打無失点。西勇も7回5安打1失点と好投したが、黒星を喫している。

 阪神にとって森下は過去5戦4敗の天敵。

 30日の試合後、井上ヘッドコーチは「また対戦するまでに対策を練るとか、何とかしなきゃいけない。今回の敗戦を材料としてやっていくしかない」とコメントしていた。

 矢野監督は2度目の対戦を前に「そんなに簡単にヒットでつながるピッチャーではないんでね。1個でも先の塁を狙っていくとか、1球でも多く投げさせるとか。一人じゃなくてみんなで束でかかっていく」と話した。

 昨季、森下に対して近本は打率・400、大山は打率・333、2本塁打、梅野も打率・300をマークしている。一方、サンズは10打数無安打と苦手にしている。

 午後2時時点で甲子園にはシートが敷かれている。




阪神 打線 vs カープ森下  矢野監督「束で かかっていく」 (デイリースポーツ) 📣👊🤨⤴︎  https://news.yahoo.co.jp/articles/a48fa0eeb9851cea947f4f28dcaf2977f32dcd32 



#阪神タイガース 矢野監督、そうは言うけどバッターボックスには1人ずつしか入れないんだよ。 イニング平均20~25球は投げさせる。 &今のタイガース打線で攻略可能🐯 阪神・矢野監督、難敵・森下に「みんなで束でかかっていく」(サンケイスポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/99c90143331821d811d78ab5b0c0d26beda8d3ab 


続きを読む