とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    栗林良吏

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ルーキーが規定打席に達するだけでも快挙
     そもそもルーキーは、規定打席に到達すること自体が至難の業ではある。

     21世紀以降では2001年の阪神・赤星憲広から昨年の楽天・小深田大翔まで両リーグでわずか12人だけ。同一リーグで複数のルーキーが規定打席に到達するとすれば、1999年セ・リーグの巨人・二岡智宏、中日の福留孝介以来22年ぶりである。

     もし3人となれば1969年セ・リーグの阪神・田淵幸一、広島・山本浩司(のち浩二)、中日・島谷金二以来、実に52年ぶり。同じチームで2人のルーキーが規定打席到達となれば1962年、東映の岩下光一、青野修三以来59年ぶりだ。

     セの新人王争いは阪神の佐藤が本命だろうが、対抗は現時点では広島の栗林だろう。また牧が打率3割をマークすれば可能性が出てくるだろう。

     昨年のドラフトの時点で「豊作」との評判はあったが、「歴史に残る」とまではいわれていなかった。しかし、現時点では近年にない大豊作年になりつつある。

     NPBでは新人王争いで敗れても、特筆すべき成績を残した選手は「特別表彰」という形で讃えている。今季は特別表彰選手が複数出るのではないだろうか。

    ▼記事全文はこちら



    2020年ドラフト組は“大豊作”… 佐藤輝明に栗林良吏、早川隆久+2年目の宮城大弥ら新人王争いがハイレベルすぎ(Number Web)  https://news.yahoo.co.jp/articles/40fe720564142ed88cd74a1f510ed1338b73acab  近年にない大豊作なのに中日の選手は1人も活躍していない😢



    今年のルーキーすごいよね。サトテル中野伊藤とすでにチームに欠かせない存在だし、広島の栗林やDeNAの牧もすごい。新人王争いのレベルが高い。 2020年ドラフト組は“大豊作”… 佐藤輝明に栗林良吏、早川隆久+2年目の宮城大弥ら新人王争いがハイレベルすぎ(Number Web)  https://news.yahoo.co.jp/articles/40fe720564142ed88cd74a1f510ed1338b73acab 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     公式サイト「スポニチアネックス」とYouTube公式チャンネル「スポニチチャンネル」で展開中の記事と動画を連動した企画「スポニチ潜入」が本紙にも“出張”。前阪神担当キャップの記者が潜入取材した結果を踏まえ、阪神のドラフト1位候補を独断と偏見で選ぶ第3回は「即戦力」筆頭候補としてトヨタ自動車・栗林良吏投手(23)を推す。

     今年のドラフト候補で「即戦力」を探すなら、栗林が筆頭候補と言える。阪神は一昨年のドラフトで外野手の1位・近本光司を筆頭に3位まで野手を指名し、昨年は1位から5位まで高校生を指名。大学・社会人の即戦力投手の1位指名は、17年1位の馬場皐輔を最後に遠ざかる。チーム編成的にも即戦力の先発投手が欲しいタイミングで、その場合は栗林の名が候補リスト最上位に上がってくる。

     栗林は、最速153キロを誇る本格派右腕。愛知黎明2年秋から本格的に投手に転向し、名城大では愛知大学リーグで通算32勝を積み上げた。大学4年時のドラフトでは結果的に指名漏れとなったが、トヨタ自動車に入社してから、さらに成長。入社1年目の昨年から主戦として起用され都市対抗、日本選手権の社会人野球の2大大会で存在感を示したように、完成度が高い。

     対応力の高さも魅力だ。トヨタ自動車では主に先発を務めるが、JABA選抜として出場した昨冬のアジア・ウインターリーグ(台湾)では抑え投手としての適性も発揮。6試合で計14回1/3を投げ、1勝0敗4セーブ、防御率0・63、25奪三振、奪三振率15・00で優勝の原動力となった。同リーグではNPBが編成した2チームとの試合に計3試合登板し、プロ相手にも実力を証明済み。「言われたところであれば、どこでも行けます」と頼もしい。

     最大の武器である直球は最速153キロ。平均回転数は2400~2500回転で、約2200回転とされるNPB平均値を上回る。数値に裏打ちされた、打者の手元で伸び上がる真っすぐだ。そこにカーブ、カットボール、フォークを織り交ぜ三振を奪う。特に社会人で磨きをかけたカーブには相当な自信を持っており、カウント球、決め球と幅広く使って打者を手玉に取る。

     持ち味はボールだけではない。栗林が「即戦力」たる何よりのゆえんは、守備力だ。高校2年夏まで遊撃手だっただけに、マウンド周りのフィールディングが抜群で、すぐにプロの試合で使えるレベルにある。まさに今年随一の即戦力候補だ。

     タイプとしては楽天・則本昂大に近い。来季、阪神が即座に先発投手陣の厚みを増したいなら、栗林を推す。(惟任 貴信)

     ◆栗林 良吏(くりばやし・りょうじ)1996年(平8)7月9日生まれ、愛知県愛西市出身の23歳。勝幡小2年から「勝幡ドラゴンズ」で野球を始め、佐織中では「藤華クラブ」でプレー。愛知黎明では2年秋から本格的に投手を務め、甲子園出場なし。名城大では1年春からリーグ戦に登板し通算32勝。3年春の中京大戦で無安打無得点試合を達成。2年秋、3年春夏、4年秋と4度ベストナイン。1メートル78、80キロ。右投げ右打ち。

     ▼阪神・筒井和也スカウト(昨年11月、日本選手権を視察して)即戦力候補ですね。投げるボールがいいのはもちろん、何と言っても一番はタフなところがいい。大学時代から肩肘を理由に離脱したことがなく、ローテーションを守って30勝以上。加えて、もともと遊撃手でフィールディングが良く、打撃もいい。センスがある選手と言えます。

     ※YouTube公式チャンネル内にある「スポニチ潜入」において、今回紹介したトヨタ自動車・栗林投手の動画(https://www.youtube.com/watch?v=CGmc0xNicL4&t)を公開中。




    名城大のプロ注投手栗林どこいったかと思ってたらトヨタ自動車におったんか。即戦力候補筆頭まで力つけてんだね。



    トヨタ自動車・栗林は楽天・則本昂級の凄み  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00000099-spnannex-base  “今年のドラフト候補で「即戦力」を探すなら、栗林が筆頭候補と言える。” “最大の武器である直球は最速153キロ。平均回転数は2400~2500回転で、約2200回転とされるNPB平均値を上回る。”


    続きを読む

    このページのトップヘ