とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    根尾昂

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「阪神10-0中日」(25日、甲子園球場)

     阪神・4番の佐藤輝が、試合後、初対戦となった中日の根尾昂投手の印象を語った。

     六回に3番手として根尾が登板。先頭打者は佐藤輝と、いきなり野球ファン熱狂の対決が実現した。結果は1ボールから根尾が高めに投じた149キロを打ちにいく。打球は一塁・石岡の正面に転がるゴロとなり、根尾に軍配が上がった。

     対戦を振り返って「すごい雰囲気ありましたし、もっと伸びしろがあると思うので、すごいなあと思います。すごくいいものを持っているんじゃないかなと。一投手としてしっかり対策していきたい」と、語った。

     この日は4打数2安打1打点と活躍。先発伊藤将の時は8試合で9打点と好調で「そうですね。将司が投げてる時は打ってるんじゃないですか。いいリズムで投げてくれているので、いいバッティングができている」と、笑った。




    根尾VS阪神 佐藤輝 一ゴロ 大山 右安打 糸原 四球 小幡 左前適時打(5戦目で初失点) 梅野 捕邪飛 伊藤将 三振



    根尾VS佐藤輝🔥


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     8日のウエスタン・阪神戦で中日・根尾昂外野手が九回に登板。最速150キロを計測するなど、二刀流としての片りんをのぞかせた。大阪桐蔭時代は投手兼遊撃手で同校の春夏連覇に貢献。ドラフトが近づくにつれて、他球団のスカウトを含めて色んな評価を聞いた記憶がある。

     その中でも印象に残っていたのが阪神の畑山チーフスカウト(当時・現統括スカウト)が語った「桑田になれるかもしれない」という一言。根尾の身長が177センチとプロの投手からすれば小柄なこと、「とにかく強く振れる」と魅力的なフルスイングをしていたことから野手で評価する声が圧倒的に多かった。そんな中で「投手・根尾」を評価する理由を聞いた。

     一つはメンタル面。春のセンバツでは2年連続で胴上げ投手になるなど、甲子園の大観衆を前にした中でも動じること無く自分の投球に徹することができる精神的な強さを評価していた。

     もう一つはチームを勝ちに導くことができる投球センス。この場面でやってはいけないこと、チームが勝つために何が必要かを考えて一球一球を投じる姿を見て「すごくマウンドで映える選手」と同チーフスカウトはたたえていた。

     野手としても評価する一方で、ドラフトに向けて投手としての可能性も徹底的にリサーチ。マウンドで躍動する根尾の姿と、かつてPL学園時代に5度の甲子園出場を果たし、歴代2位の通算20勝をマークした桑田氏をダブらせた。桑田氏も身長が180センチに満たない中、類い希な投球センスとボールのキレ、抜群の制球力でプロ通算177勝を記録。ルーキーイヤーから2勝をマークし、3年目で開幕投手を任されるなど身長=実力ではないことを証明した“前例”があった。

     その年、阪神はドラフトへ向けて様々な可能性を探究していた。その一方、チームは最下位に転落し、チームを率いた金本監督が辞任。新たに矢野監督を据え、抜本的な改革に乗り出す中、野手のセンターライン強化のため大阪桐蔭・藤原を1位指名。最終的に外れ外れで大阪ガス・近本の交渉権を獲得した。

     あれから4年、甲子園で根尾が投げる姿を見て当時のエピソードを思い出した。2018年は阪神でヘッドコーチを務めていた中日・片岡篤史2軍監督が、自身のYouTubeチャンネルで「いろんな可能性を見つけてあげるのが私たちの仕事」と説明していたのも興味深かった。

     投手であれ、打者であれ、1軍の舞台で活躍するのがプロ野球選手の本懐。そのために何が最善か-。「投手・根尾」の可能性がどこまで花開くか、これからが楽しみだ。(デイリースポーツ・重松健三)




    ピッチャー根尾の平均球速…全盛期の桑田より速いよな



    中日ドラゴンズの根尾さんの投手デビューの内容 桑田真澄みたいで良いやん 専念すれば2桁勝利いける(^∇^)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神ー中日(2021年4月2日 京セラドーム大阪)

     阪神先発の藤浪は6回7安打1失点で降板。6回2死の福留との対戦ではこの日最速の158キロで見逃し三振に仕留めた。この日は再三走者を背負いながらも粘りの投球を披露した。

     初回を3者凡退に抑え、2回は2死から京田に右中間三塁打を許すと、木下拓への3球目を投じる直前にワインドアップからフォームを途中で止めてしまいボークを宣告されて、もったいない形で先制点を献上した。それでもここから粘った。3―1の4回は1死からビシエド、平田に連打を浴びると、京田にはこの日初めての四球を与えて1死満塁のピンチを背負ったが、木下拓を空振り三振。続く大阪桐蔭の後輩・根尾を二ゴロに仕留め、ゼロで切り抜けた。

     5回も2死から高松、高橋周の連打。ビシエドには四球と満塁としたが、今度は大阪桐蔭の先輩平田を高めのつり球で空振り三振に抑えた。

     開幕戦だった3月26日のヤクルト戦では5回2失点で勝敗付かず。今回は「長い回をしっかり投げていければ」と意気込んで臨んだが、先発として仕事を果たし、バトンを後続に渡した。




    藤浪くん6回7安打2四死球1失点でも十分! ナイスピー!あとは勝てますように #阪神タイガース pic.twitter.com/z6BJrIAaKM



    藤浪6回1失点か!



    なんだかんだ言うて藤浪6回1失点やん 1失点ももったいないボークやし今日はええピッチングやった


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/02/09(日) 12:03:27.56 ID:/9Nj3c8p9
    史上初となる2度目の春夏連覇を果たした最強軍団の常勝の魂は果たしてどのように受け継がれてきたのか。
    黎明期を支えた西岡剛、全国にその名を轟かせた中田翔、王者の宿命を背負った根尾昂が大阪桐蔭での日々を追想する。
    Number983号(2019年7月25日発売)の特集を全文掲載します! 

    西岡剛はもうスポーツカーに乗っていない。ネオンの光からもしばらく遠ざかっている。その代わり、8時間の睡眠、目覚めの散歩とストレッチ、半身浴、そして白球とバットで一日を満たしている。

     「5台くらい乗ってましたが、再婚と同時に手放しました。20代は派手な車に乗って、飲み屋で遊びましたけど、結局、見栄の張り合いなんですよ。僕、頭良くないので、あの頃はわからなかったんです」

     21歳でゴールデングラブ、ベストナインに輝いたスピードスターはそのまま日の丸をつけ、アメリカへと突っ走ったが、やがて減速し、3年前にアキレス腱を断裂し、1年前、阪神を自由契約となった。彼はついに止まった。そこで大切なものが何かということに気づいた。

     独立リーグ・栃木ゴールデンブレーブス。今、西岡が汗を流しているのは、とてもフェラーリでは入れない北関東の農道の奥にある、ロッカー室もない地方球場である。自らの練習が終われば、不揃いなユニホームの若者たちに「テンション低いんちゃうかあ!」と関西弁とノックを浴びせる。

     野球人生の黄昏。ここに至って無性に思い返されるのが、あの生駒山の坂道をがむしゃらに駆け抜けた3年間だという。

    「やめさせたいんなら、殺してみろ!」

     2000年、西岡が入学した頃の大阪桐蔭は群雄割拠の中のひとつに過ぎなかった。西岡も王者PL学園のセレクションに落ちて入学してきた選手だった。

     「僕らの代はみんな中学の卒業式で特攻服を着ていたような奴らの集まりでした。入ってすぐに監督から『今までで最低の学年だ』と言われたんです。だからかもしれないですが、バットを振れなくなっても振る。捕れない打球に本気で飛びつく。そういう精神的に追い込むような練習が多かったんです。特にあの坂道ダッシュは……」

     とんがりまくった原石たちに、坂を走れと命じたのは当時30歳の青年監督・西谷浩一である。中でも、とびきりのゴン太だった西岡とは真っ向からぶつかり合った。

     「少しでも気を抜いたプレーをしたら、今すぐ野球辞めろと言われ、突き放されました。でも僕も反抗するし、向かっていった」

    2/9(日) 11:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200209-00842448-number-base

    16: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/02/09(日) 12:22:23.68 ID:92LoBF+C0
    >>1
    西岡と中田翔はリアル野球BAN出演経験ありか。

    51: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/02/10(月) 07:32:26.69 ID:ofR8RSxl0
    >>1
    坂道を駆け抜けた大阪桐蔭の3年間を経験した西岡さんの現在がロッテのキャンプに雑用係で参加とか、プロ野球選手の現役引退を考える時期に思い切り坂道から転げ落ちましたねー

    52: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/02/10(月) 07:44:30.45 ID:YWj2qDJ10
    >>1
    いいなー8時間の睡眠・・・心底うらやましい

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1581217407/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <教育リーグ:中日9-4阪神>◇10日◇鳴尾浜

    阪神オネルキ・ガルシア投手(29)が、古巣の中日ドラフト1位根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)にアドバイスを送った。10日の教育リーグ・中日戦(鳴尾浜)に先発し、2回の根尾の第1打席で初対戦した。直球2球で連続ファウルと追い込み、最後も139キロの直球で左飛に打ち取った。

    対戦した印象を聞かれると「真っすぐにアグレッシブな印象だったから、真っすぐでいったよ」と昨季13勝をあげた助っ人が“真っ向勝負”。続けて「変化球も対応していったらいいと思うよ」とルーキーに助言も忘れなかった。

    この日は初回2死二塁から、モヤに2ランを浴びるなど3回6安打4失点。それでも「いい形で投げられていたし、状態はいい。向こうが上だったという形」と順調ぶりを強調した。

    2番手で登板したラファエル・ドリス投手(31)は、1回1安打無失点。最速152キロを計測するなど安定感を見せた。先頭打者で根尾と対戦し、カウント2-2から左飛に。「スイングも力強かった。あとは経験。経験を積み重ねていったら、日本を代表する打者になると思うよ」とこちらも太鼓判を押した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-03100615-nksports-base

    続きを読む

    このページのトップヘ