とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    桑原謙太朗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    (セ・リーグ、阪神―広島、20回戦、29日、甲子園)今季限りで現役を引退する阪神・桑原謙太朗投手(35)が広島戦の練習開始前に甲子園に登場し、1軍のチームメートや首脳陣らに別れのあいさつをした。

    数分間、スピーチした後は梅野から花束を、岩貞、岩崎からはプレゼントを受け取った。バックスクリーンには「桑さん、14年間お疲れ様でした」というメッセージが映し出され、全員で記念撮影。最後は拍手で送り出され、感慨深げな様子だった。




    【甲子園】 練習前に選手たちが集まって、桑原選手を囲みました。 梅野選手が花束をわたしました。 #阪神タイガース pic.twitter.com/OQFk5O5mFP



    阪神ー広島(29日・甲子園)。 練習開始前に今季限りで引退する桑原投手が現れ、挨拶していました。梅野選手から花束を渡されていました。 #tigers #桑原謙太朗 pic.twitter.com/HJ2nuVcZok


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ウエスタン・リーグ 阪神2―2オリックス(25日・甲子園)

     24日に3年ぶり17度目の優勝を決めた阪神2軍は2―2で引き分け。引退試合に臨んだ俊介と桑原はそれぞれ持ち味を発揮した。

     同点の9回。桑原は大下を3球で空振り三振に仕留め、俊介は4打席凡退で迎えた延長10回に中前打。最終打席で有終の美を飾った。

     試合後の平田勝男2軍監督の一問一答は以下の通り。

     ―俊介は最後の打席でヒット

     「最後に回ってくるんだもん。10回までいったら、延長になれば俊介まで回るぞってね。9回は『打つな!』って言って(笑い)。本当にね、俊介まで回ってヒット打って、こうやってたくさんのファンの方たちに温かい拍手をいただいて、最高の形でユニホーム脱げるやん」

     ―ヒットの後、二塁を狙ってアウトに

     「あれは余計なことをね(笑い)。さすが俊介だよ。最後にああいう、俊介らしくていい。そういうところは意欲がまだまだあるっちゅうことよ」

     ―守備でレフト、ライト、センター全て守った

     「やっぱりね、思い出深い甲子園で、彼は守備固めとかスタメンでも、最後はセンターというところは思ってたし、レフト、ライト、センターと全ポジションを守らせるということは僕はもう決めてたんでね。昨日から俊介にはその話をしといたけど」

     ―桑原もラスト登板

     「うん。今日ちょっとスピード出てたね。この前やっぱり、最後の力が出るんだな。この前の独立リーグか。やった時はスピードガンも全然、肘肩よりも心が痛いですいう話をクワ(桑原)してたけど、今日はスピードもスライダーのキレも良かった。アレが最後のね、本当に桑原らしいピッチングだよ」

     ―改めて2人にはどんな言葉を

     「いやいや。これからの人生が長いんだし、やっぱりね、こうやってファンの方たちに見守られてユニホーム脱ぐことになったんで、勉強してね。やっぱり将来タイガースに帰ってきてほしいよね。やっぱりこうやってタイガースで一緒に戦った仲間だから。そういう点では非常に。これからが勉強だもん」

     ―明日の先発は

     「(西)純矢がね、3回くらい投げれば規定投球イニング数に達するわけよ。本当は2回1/3って言ってたけど、3イニングくらい純矢にいかせる。で、佐藤蓮につなぐんじゃないかな」

     ―優勝から一夜明け、反響はあったか

     「いや、やっぱりね、ありがたいことにかなりメールが来てたな。これはこうやってマスコミの人たちが18連勝の時からいろいろ取り上げてくれたお陰で、たくさん来てたし、矢野監督からも来てたよ」

     ―矢野監督からはどんなメッセージが

     「おめでとうございます、ご苦労様ですって。これは矢野監督が俺を2軍監督に指名してくれたお陰なんで、お礼をメールで返したけどね」

     ―ファーム選手権では3年前に日本一になった矢野監督に続きたい

     「まあそこはね、選手たちがフェニックスの前にまたいい緊張感の中でゲームやれるっていうところ。いいことだな」




    俊介、桑原お疲れ様でした。 いっぱい勉強してまた阪神に帰ってきてください。



    桑原と俊介今日で引退かー。お疲れ様でした。 桑原は一時は一軍に欠かせない投手、俊介は長きに渡る鳴尾浜四天王の一角。寂しくなるな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ウエスタン・リーグ 阪神―オリックス(25日・甲子園)

     今季限りでの現役引退を表明している阪神・桑原謙太朗投手が、「引退登板」に臨んだ。

     2―2の9回。大きな拍手に包まれた甲子園で最後のマウンドへ。大下に対し、初球は137キロで空振り、2球目は121キロで空振り、最後は136キロで空振りを奪い、3球三振。かつて対戦相手を震え上がらせた“真っスラ”とスライダー、桑原らしい投球で有終の美を飾った。

     大下との対戦を終えると、両軍ベンチから花束を受け取り、スタンドに手を振りながらベンチに下がった。無人の右翼席には「虎を支えたスライダー 苦労人 桑原選手 お疲れさま」と書かれた横断幕が見えた。

     14年オフにオリックスから阪神に移籍した右腕は17、18年と2年連続で60試合以上に登板。17年には43ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手賞に輝いた。通算成績は242試合に登板し、15勝13敗、78ホールド、防御率3・61。







    桑原謙太朗 俊介 お疲れ様でした、ありがとう 阪神優勝すんぞ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     ◇ウエスタン・リーグ 阪神5―3オリックス(2021年9月24日 甲子園)

     今季限りで現役を引退することを発表していた阪神・俊介外野手(34)が25日のウエスタン・オリックス戦(甲子園)で引退試合に臨むことを、優勝決定後に平田勝男2軍監督が明らかにした。近大から09年ドラフト5位で入団した俊介は、広い守備範囲と機動力でチームに貢献していたが、今季は1軍出場がなく、16日に現役引退を発表していた。

     3年ぶり17度目のウエスタン優勝が決まった24日のオリックス戦(甲子園)では出場はなかったが、ベンチで選手を鼓舞。試合後、グラウンドで優勝会見を行った平田2軍監督は、俊介を呼び寄せ「明日は俊介と桑原の引退試合です。ファンの皆さん、応援お願いします」と異例の告知を行った。俊介とともに既に現役引退を発表している桑原謙太朗投手(35)とともに、甲子園でラストゲームに臨む。




    ファームとは云え、引退試合してくれるのはGOOD! 特に阪神一筋だった俊介の有志を観たい人は多いだろうな・・・ #hanshin 3年ぶり優勝決定後、平田2軍監督が25日に俊介、桑原の引退試合を行うと公表(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/cfdaa8328c6f19b2a90e7c6169d5197894f666aa 



    明日は桑原謙太朗投手と俊介選手の引退試合だと、平田勝男監督。 ほんと強かったな〜 #阪神タイガース #ファーム #ウエスタン優勝 #平田勝男 #優勝監督 pic.twitter.com/jGcQwS5aI7


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     与えられた仕事を忠実に遂行する。21日からの敵地6連戦の先陣を託された阪神・秋山は、先輩右腕に負けない献身的な姿勢でチームの勝利に貢献する。

     「守りに入らず、攻めた投球ができるように。自分のできることに集中して勝てるように頑張りたい」

     当初の救援待機から西勇の一時離脱で急きょ先発が決まった17日中日戦は台風接近のため中止。結果的に11日広島戦から中9日で登板することになった。

     2位・ヤクルトとのゲーム差は1・5で負ければ首位から陥落する可能性がある今回は特に期するものもある。先発と救援で立場こそ違うが、ともに戦ってきた桑原が20日、今季限りでの現役引退を表明。16年までの7年間で自身は通算6勝。16年は1軍登板がなかった先輩右腕と「シーズン前から2人で崖っ縁コンビだという話をしながら一緒に頑張ってきた」と振り返る17年に自身最多12勝を挙げ、桑原も最優秀中継ぎのタイトルを獲得した。

     「すごく寂しいですけど、体がボロボロな中で腕を振り続けた姿を見てきた。チームへの献身という点では本当に見習うべき存在」

     この日は甲子園での投手指名練習に参加し、キャッチボールやショートダッシュなどで最終調整した。中日戦は今季2試合登板で1勝無敗、14イニングで1失点。ただ、相手先発の柳に対しチームは今季2試合計17イニングで1点も奪えておらず、先制点が大きなウエートを占める。最多勝争いにおいても、柳に白星を許せばリーグトップの10勝で並ばれるだけに、是が非でも勝ちたい。「先制点を与えないように。残り試合も少ない。任されたところを全力で挑むだけ」。すべてはチームのため――。必死に右腕を振るだけだ。(須田 麻祐子)




    9月21日17:45よりバンテリンドーム ナゴヤにて中日ドラゴンズ戦!予告先発はタイガースが秋山拓巳投手!ドラゴンズは柳裕也投手です。前回登板では7回二死まで無安打ピッチングを披露した秋山投手!今季対戦防御率0.64と好相性の強竜打線相手に今季11勝目を狙います!
    #阪神タイガース #挑超頂 pic.twitter.com/X7CFJjIi6I



    @TigersDreamlink とにかく打ちまくれ!!!
    打たないと勝てません!チャンスで点を取れ!



    @TigersDreamlink 秋山うんむんより打線が奮起しろ!!


    続きを読む

    このページのトップヘ