とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    梅ちゃん

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    日本シリーズが終了し、今日29日から今季のフリーエージェント(FA)有資格者が権利を行使するための申請期間がスタートする。

    国内FA権を取得している阪神梅野隆太郎捕手(30)は、権利行使について現在も熟考中。今季の全日程を終えた今月10日には権利行使について「これからなので、しっかり考えたい」と話していた。12月7日の期限まで熟慮を重ねる可能性もある。

    梅野は昨季まで3年連続でゴールデングラブ賞を獲得。今季は東京五輪で金メダルに輝き、レギュラーシーズンでも130試合出場でチームを支えた。嶌村聡球団本部長(54)は「全力を挙げて残留を。来季も縦じまでプレーをと常々考えております」と慰留の方針を示している。

    矢野燿大監督(52)も26日にテレビ出演した際に「僕が監督になってから一番キャッチャーで出ていますし、もちろん来年もレギュラーに一番近いのは梅野で変わりない」と明言。チームにとって、来季も必要な戦力だ。梅野の今季推定年俸は1億1000万円で補償が必要なAランクとみられる。決断が注目される。




    大物になったな。出て欲しい。国内FA権取得の阪神梅野隆太郎、12・7期限ぎりぎりまで熟考の可能性(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/d26e8a8b40ca59eefc1e34abbd06f773f437f80e 



    矢野さんもトレードできて、FA権取得し他球団の評価を聞いた上での宣言残留したそうなんで、梅野さんも残留してくれることを祈るのみ。 トレードで来たのは知ってたけどFA宣言残留は知らんかった最近の虎党です……。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     国内FA権を取得している阪神・梅野隆太郎捕手(30)が、権利行使について現在も熟考していることが27日、分かった。日本シリーズが終了し、29日からFAの申請期間がスタート。12月7日の期限ギリギリまで熟慮を重ねる可能性もある。

     2018年から3年連続でゴールデングラブ賞を獲得し、今季も130試合に出場した。実力と人気を兼ね備えた貴重な生え抜き選手で、嶌村球団本部長は「本当に大事な選手で、来季も一緒にプレーしていきたい選手」と全力で慰留に努める方針を明かしている。

     矢野監督は生出演した26日のサンテレビ「熱血!タイガース党」で「僕が監督になってから一番キャッチャーで出ていますし、もちろん来年も一番レギュラーに近いのは間違いない」と明言。一方で、本人の意思を尊重する考えも示していた。

     梅野の今季推定年俸は1億1000万円で補償が必要なBランク以上とみられる。決断の時が迫る中、権利行使に備えて複数球団が動向を注視している。




    梅ちゃん、来季こそ!虎の縦縞で日本一や! 阪神・梅野FA熟考中…期限ギリギリの可能性も 嶌村球団本部長「来季も一緒に」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/bcda6baadfeb3f7dda47cb436e58615e9c74e255 



    阪神・梅野FA熟考中…期限ギリギリの可能性も 嶌村球団本部長「来季も一緒に」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/bcda6baadfeb3f7dda47cb436e58615e9c74e255  来季はどこで??😅プレーするのかな??😇 #シヨーアップナイター


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/11/27(土) 09:33:29.91 ID:6hHpXTPc0
    「僕が監督になってからもリュウが一番(試合に)出てますし。もちろん来年も一番、レギュラーに近いのは梅野に変わりはない」  来季も梅野が正捕手の最有力――。今オフ初めて明かした構想は、事実上の残留要請と言えた。今季も捕手ではチーム最多の130試合に出場しながら、最終盤には出場が激減。CSファーストSの巨人戦も、初戦は坂本にスタメンを譲った 。  「自分がどういうふうに思われているのかというのは、思うということは自然なことだと思う。僕も思ったし。そこでリュウ自身が考えて、決断するのか待っている段階」  矢野監督が梅野の意思を尊重するのは、現役時代にFA取得の経験があるからだ。今年5月13日に国内FA権を初取得した梅野は、行使も視野に熟考中。野球人生の大きな岐路に立たされ、悩める胸中は、我がことのように理解できる。


    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/11/27(土) 09:33:53.33 ID:pM6adVLV0
    レギュラーじゃないのか…



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1637973209/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     矢野監督が26日、サンテレビ「熱血!タイガース党」に生出演。今季の戦いを振り返り、FA権行使を熟考中の梅野についても言及した。

     「僕が監督になってから一番キャッチャーで出てますし、もちろん来年も一番レギュラーに近いのには変わりない」と明言。その一方で「僕も経験があるんですけど、FAって周りの評価を聞きたいとか、自分がどういうふうに思われているんかとかを思うのは自然なこと。今、リュウ自身が考えて、どういう決断するのかっていうのをこっちも待っている段階としか言えない」と本人の意思を尊重する考えを改めて明かした。

     また佐藤輝について「面白かったですね。キャンプでスゲえなあって思って、交流戦まで活躍してどこまで行くんやろなって思ったら、下がりだしてまたどこまで行くんかなって」と笑わせながら、起用法については「正直悩みました」と明かした。

     今季のMVPには「心情的には岩崎かな」と名前を挙げ、「トレーナールームで肩に超音波治療とかをやっているのを見ると胸が痛い。スグルありがとうなって、そういう思いにもなりますよね」と苦笑い。

     さらにドラフト1位の森木について「エースになれるようなスケールの大きさを持ったピッチャー。そんなに長い時間がかからずに出てくる可能性も持っている」と高評価しつつも、「やっぱりピッチャーなんで、ある程度は段階を踏んで将来エースになるための準備期間は必要」と来春の1軍キャンプ抜てきについては否定。「前川はもしかしたらっていうふうに思う気持ちはあります」と同じ高卒でも、智弁学園出身の強打者でドラフト4位・前川の抜てきを示唆していた。




    「待つしかできない」て何やねん? スアレスとマルテには残って欲しいと伝えたんやろ! >阪神矢野監督「FAで評価を聞きたいのは自然」テレビ生出演で梅野に言及(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/18d9a46b8db473ed7be5c7c09a8ff59c04bb58ad 



    FA権取得した梅野隆太郎選手に付いては、めちゃ毛嫌いしてる矢野燿大監督の表情がこわばり決断を待つことしかできないと、それだけしか口にしなかったようです(-_-#) #阪神タイガース #矢野燿大監督


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【球界ここだけの話】

    阪神・梅野隆太郎捕手(30)は8年目の今季、130試合の出場で打率・225、3本塁打、33打点。レギュラーシーズンの最後の11試合は不振のため坂本にスタメンの座を譲る形となったが、セ・リーグ2位となる得点圏打率・321の勝負強さと高い守備力でチームを牽引した。さらに東京五輪の野球日本代表にも選出され、金メダル獲得にも貢献した。

    そんな球界を代表する捕手に成長した梅野の選手としての原点ともいえるのが福岡大時代だ。恩師である樋口修二さん(69)=現九州六大学野球連盟理事=は教え子のことを「実力も運も持っている選手」と説明する通り、大舞台になればなるほど、力を発揮し、結果で示してきた。

    1年時からDHとしてスタメンで出場。2年時の全日本大学野球選手権大会では2回戦の東洋大戦でプロ注目だった藤岡貴裕(元ロッテ、巨人など)から2安打を放ったことがスカウトから注目を浴びるきっかけになった。大会の予選で全く打てなくても本選では大活躍を見せる、というようなこともあり、そんな〝ここぞ〟での集中力は並外れていた。

    また、周りを引っ張るキャプテンシーも大学で磨かれた。福岡大野球部史上初となる3年生で主将に就任。推薦した樋口さんは「1年生のころから試合に出ていて、経験や試合での判断力があった。当初は4年生からのプレッシャーもあったと思うが、試合で結果を出し続けて徐々に認められるようになった」と振り返る。

    恩師が「今でもよく覚えている」という出来事がある。4年時、神宮大会出場をかけた九州予選で主戦投手が前の試合で登板していたこともあり、急遽、梅野の専属の打撃投手を務めていた3年生の投手が初めて先発に抜擢されたことがあった。監督の頭の中では「五回くらいまで持てば上出来」という計算だったが、代えようとしたタイミングでグラウンドを見ると「まだいける」と首を横に振る梅野の姿が。結果的に初先発の後輩を七回まで好リードし、扇の要としての手腕を発揮したこともあった。

    さらにグラウンド外でも寮長を務め、野球部では練習メニューを自ら考案し、監督やコーチ陣に提案したことも。「彼が大学4年間で成長したように、私自身も成長して野球観が変わったと思っています」と樋口さん。そんなブレない芯の強さとリーダーシップがプロの第一戦で活躍する礎になったに違いない。(織原祥平)



    続きを読む

    このページのトップヘ