とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    梅野隆太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    スンファンさん、覚悟! 東京オリンピック(五輪)に向けた侍ジャパン強化合宿(楽天生命パーク)に参加中の阪神梅野隆太郎捕手(30)が20日、元守護神との対決に腕ぶした。14、15年に虎のクローザーを務めた呉昇桓投手(39)の韓国代表追加招集が先日決まり、「負けたくない」と気合十分。強力なライバルとなるかつての同僚に“恩返し”を決め、悲願の金メダル獲得に貢献する意気込みだ。

    真夏の日差しを浴び続けた疲労が練習後、一気に吹き飛ぶ。その名前を耳にすると、梅野の表情はパッと華やいだ。呉昇桓。ルーキーイヤーの14年、15年で縦じまバッテリーを組んだ元相棒だ。

    「顔を合わせるのをすごく楽しみにしています。人間的にもすごくいい人なので、本当にいろんな話をしたい。もちろん、対戦相手としては負けたくない。ライバル国になると思うので、本当に全力で立ち向かっていきたいと思います」

    阪神時代の14、15年は2年連続でセーブ王に輝き、大リーグでも通算42セーブ、42ホールドを記録。韓国を代表するレジェンドは代表追加招集が決まり、守護神を任される方向だという。ライバルとは決勝トーナメントで対戦する可能性がある。また1つ、東京五輪を戦うモチベーションが増えた形だ。

    梅野自身はプロ入り後、侍ジャパン初招集。急ぎ足で準備を進めている。球宴中からソフトバンク甲斐と投手や作戦面の情報共有を続け、宿舎ではパ・リーグ投手の映像を目に焼きつける。「まだブルペンで全員の球を受けられたわけでもない。実際に球を受けた方が相手も話しやすいと思う」。本番突入まで残り7日間。練習中、練習後を問わず、1秒たりとも無駄にはしない。

    福岡大4年時に大学日本代表の主将4番を任され、日米大学野球ではチームを優勝に導いている。「学生とプロとで違いはあると思いますけど、短期決戦、トーナメントはプロ野球のリーグ戦と違って、ミスを取り返す機会は少ない。ワンチャンスをモノにしていかないといけない」。東京五輪で先発マスクを任される可能性も十分あり、今季得点圏打率3割8分5厘の勝負強さを代表でも発揮したいところだ。

    「いよいよだなと緊張感も増してきた。やってやるぞという強い気持ちも増えてきた。チームの1人として、ピースとして、少しでも勝利に貢献できるように、金という目標に届くように頑張っていきたい」

    悲願の大目標へ、心身のエンジンを徐々にふかし始める。【佐井陽介】

    ◆梅野と日本代表 福岡大で1年春から正捕手を務め、大学通算28本塁打と活躍。大学2、4年で大学日本代表入りした。4年時は主将を務めて4番を打ち、日米大学野球では2勝2敗で迎えた最終戦で、本塁打を放つなど優勝に貢献した。

    ◆東京五輪の野球 6カ国が出場。3チームずつに分かれた1次リーグで組内の順位を決めた後、敗者復活のある変則的なトーナメントで金メダルを争う。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が発表した最新の世界ランキングに基づき、1次リーグでA組には日本(世界ランク1位)メキシコ(5位)ドミニカ共和国(7位)、B組には韓国(3位)米国(4位)イスラエル(24位)が入った。日本は28日にドミニカ共和国と福島で、31日にメキシコと横浜で戦う。決勝は8月7日に横浜で行われる。




    梅野が呉昇桓と対決したいとメディアに語っただけで韓国メディアさゆ6社くらい報道していた  https://twitter.com/real___r/status/1417461309025619976  pic.twitter.com/YQ9VmD8pOX



    呉昇桓が緊急招集か 梅野との対決が見たいですね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「侍ジャパン強化合宿」(20日、楽天生命パーク宮城)

     阪神から選出された梅野隆太郎捕手(30)はシートノック、フリー打撃などで調整。「初めて代表に選んでもらって、いよいよだなという。緊張感も増してきましたし、やってやるぞという強い気持ちも出てきました」と語った。

     3年連続ゴールデングラブ賞に輝く虎の正捕手。広島・会沢の代表辞退に伴って追加招集され、ソフトバンク・甲斐との九州出身コンビで守りの要を担う。「なかなか時間がない中ですけど、なるべく早くつかんで。いろんなことを学びながら、2人で切磋琢磨してやっていきたいと思います」と力を込めた。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の直前合宿が19日、楽天生命パーク宮城でスタート。阪神から選出された梅野、岩崎、青柳の3選手も青空の下で汗を流した。

     先発とリリーフ、両方の可能性を持つ青柳はウオーミングアップ中に建山投手コーチと談笑。その後はDeNA・山崎とキャッチボールを行った。岩崎は広島・栗林とキャッチボールをした後、フェンス際で走り込んだ。

     梅野はオリックス・山本、ソフトバンク・甲斐、広島・鈴木誠など多くの選手とコミュニケーションを取った。侍ジャパンは24日に楽天、25日には巨人と強化試合(ともに楽天生命パーク宮城)を実施し、28日に福島・あづま球場で初戦のドミニカ共和国戦に臨む。




    侍ジャパン 阪神の梅野&岩崎&青柳も順調にスタート すぐちゃんと栗林くんのキャッチボール!他球団の人とできてよかった☺️  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/07/19/0014516464.shtml 



    侍ジャパン 阪神の梅野&岩崎&青柳も順調にスタート 始まったんだね( ・ᴗ・ )⚐⚑  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/07/19/0014516464.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「マイナビオールスターゲーム2021・第2戦、全パ4-3全セ」(17日、楽天生命パーク宮城)

     これが3年連続ゴールデングラブ賞獲得の実力だ。青柳が登板した六回守備から出場した阪神・梅野が、七回に“神プレー”で魅せた。

     無死一、三塁で、栗原の打球は前進守備の二塁正面へ。捕球した山田が素早く本塁へ送球して三走・松田を三本間で挟む。梅野が松田を三塁方向へ追い込み、タッチしてまずはワンアウト。そのまま三塁方向へと走り込むと、そこに滑り込んできた一走・杉本にもタッチをした。

     こちらは一度はセーフの判定となったが、原監督がリクエストを求めて、リプレー検証の結果、判定が覆ってアウトに。梅野が一気に二人をタッチアウトにする“一人ゲッツー”を完成させた。

     「追いながら後ろのランナーも見えたんで“これ行ける!”って。アウトにした自信があったのでホッとした」。判定が覆ったシーンを笑顔で振り返った梅ちゃんは、試合前練習時には原監督に話し掛けられ、ティー打撃のトスを上げてもらう場面もあった。

     スタメンマスクをかぶった第1戦では、適時三塁打を放つ活躍。「金メダルを獲れるように」と東京五輪での活躍を誓い、さらに「この2日間タイガースの選手もここぞで結果を出したし、波に乗って後半も戦っていきたい」と表情を引き締めた。




    ケガしないかとヒヤヒヤしたけど😅 梅ちゃん無理しないでね🙇 梅野“一人ゲッツー”完成 “神守備”で魅せた「波に乗って後半戦いたい」 (阪神Vデイリー)  https://news.line.me/issue/oa-vdaily/jbi3fvgeqbf0?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none  #linenews



    梅野っちの大ファインプレー 4-2-2! 身体能力えぐかったー!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <マイナビオールスターゲーム2021:全パ-全セ>◇第2戦◇17日◇楽天生命パーク

    途中出場した阪神梅野隆太郎捕手(30)が、守備で超ファインプレーを見せた。

    7回無死一、三塁のピンチで、ソフトバンク栗原の打球は二塁へのゴロ。飛び出した三塁走者のソフトバンク松田を、三本間で挟殺すると、今度は三塁進塁を狙ってすべりこんだオリックス杉本を、見逃さずにタッチした。1度はセーフと判定されたが、セ・リーグ原監督がリプレーを要求。検証の結果判定が覆り、一気に2死を奪った。梅野の好プレーも光り、この回は無失点。仙台のファンも大盛り上がりだった。




    【球宴】原監督リクエストに場内騒然 リプレー検証で判定覆り成功、併殺に #プロ野球 #npb  https://news.yahoo.co.jp/articles/b00c34aa48fb758e6d96d5e8228da8981053ace6 





    続きを読む

    このページのトップヘ