とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    梨田昌孝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神1-2巨人>◇20日◇甲子園

    阪神にとって巨人が相手のリーグ戦再開は望むところだったが、突き放すどころか負け越した。

      ◇  ◇  ◇

    梨田 阪神は初戦を西勇でモノにしただけに、もう1つ勝っておきたかったし、巨人はもう、なりふり構わず勝たないといけない3連戦だった。阪神は好投していた秋山に負けをつけてはいけない展開だったね。一方の原監督は腹の底でしてやったりと思っているに違いないだろう。

    1点を追う阪神は7回に梅野、近本の四死球で2死一、二塁になると、2番中野に代打北條を送った。巨人高梨の投球を大城が後ろにそらして二、三塁(記録は暴投)。その後、北條のカウントが2-2になった時点で、今度は巨人サイドは高梨から鍵谷にスイッチしてきた。

    梨田 原監督ならではの腹をくくった戦術だった。それも思いつきでなく、球審の判定による空気感もあったし、先々を想定した準備ができているからの継投だった。逆に、この場面で中野に代打は疑問符がついた。ベンチの思惑として左の高梨に北條を代打にぶつけたのは、オリックスとの交流戦(6月2日・甲子園)で変則左腕の宮城から2本の適時打を打っているイメージがあったのかもしれない。でも中野の状態は悪いわけではないし、1回に左の高橋からヒットを打っていた。

    7回2死二、三塁。鍵谷が投じた2-2から続く5球目スライダーに、北條のバットは空を切った。

    梨田 巨人が右の鍵谷をつぎ込んできたなら、中野に代打北條を送った阪神としては、木浪、糸井で勝負にいく手もあった。先発高橋を5回で降板させたのも驚いたが、すでに原監督はゲームシチュエーションを描いていたようだ。そのめまぐるしい継投に苦しめられた。巨人もこれ以上の戦力ダウンはないし、ヤクルトは不気味だね。阪神はドタバタしないことだ。(日刊スポーツ評論家)【取材・構成=寺尾博和編集委員】




    【梨田昌孝】巨人原監督の先々を想定した継投策 阪神は中野の交代に疑問符  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202106200001183.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  私も中野くんに代打をおくらないで、そのまま打たせて欲しかったです。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    セ・パ交流戦が25日に開幕する。近鉄、日本ハム、楽天で監督だった梨田昌孝氏(67=日刊スポーツ評論家)がセ・リーグで首位を走る矢野阪神の展望を語った。

       ◇   ◇   ◇

    開幕から好調をキープしてきた阪神が交流戦で負け越すとは考えにくい。パ・リーグ6球団と比較してもチームの戦力層が厚く、どのチームとも互角以上の戦いができるとみている。

    パ・リーグはソフトバンクが千賀、森、グラシアル、西武が外崎ら主力を欠いているように戦力ダウンのチームが目立つ。阪神はマイナスの要因が少ないだけにチャンスだ。

    これまでの交流戦では苦手意識が感じられた。今シーズンはセ・リーグで首位を走ってきただけに、“アレルギー”を感じることなく、自信をもって戦えるはずだ。

    ベンチワークも昨季は開幕から選手の入れ替えが激しかった。今年の矢野監督は選手を信頼して起用しているのがうかがえるし、投打にメンバーを固定できるのは強みだ。なにより勝ちパターンをもっているのは大きい。特に守護神スアレスの存在は際立っている。パ・リーグでは松井(楽天)が目立つぐらいで、後半勝負でも優位に立てる。

    また「打」では大山の復帰はプラス材料だ。ビジターの西武、日本ハム、楽天との戦いは「DH」が採用されるが、糸井、ロハス、陽川らが控えて引けをとらない。

    気になるのは交流戦前の広島3連戦が相手チームにコロナ感染者が続出したことで試合を消化できなかったことだ。ゲーム勘をとり戻すのは個人差があるが意外に影響を及ぼすかもしれない。

    初戦のロッテは「長打力」「機動力」も備わって粘り強い戦いをしてくる。いかに好調の荻野、中村奨を抑えるか。マーティンに外角の甘い球は禁物、レアードの勝負強さも封じたい。

    その点は、先陣を切る西勇にかかってくる。ここのところ疲労もあってか、ストライク、ボールがはっきりして本来の制球力を欠いている。ロッテ打線を封じてチームに弾みをつけたい。

    打線は糸原の離脱は痛い。1番近本をはじめ、セーフティーバント、エンドランなど「足」を絡めた仕掛けで得点につなげたい。マルテ、サンズの外国人も打ち勝つためのカギを握っている。(日刊スポーツ評論家)




    【梨田昌孝】阪神、交流戦は後半勝負でも優位 際立つ守護神スアレスの存在(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/7ab5ad764ae63026b9c666f21308b28e856d0d3a  実際に見ていても打たれそうな気がしない。すごい投手がいてくれているものだ。 #hanshin



    【梨田昌孝】阪神、交流戦は後半勝負でも優位 際立つ守護神スアレスの存在(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/7ab5ad764ae63026b9c666f21308b28e856d0d3a  西が悪いのが気になる…5月は同じような打たれ方。もっと走らんとあかんのとちゃう❓審判のせいにするなよ🤣


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    近鉄、日本ハム、楽天監督だった梨田昌孝氏(67=日刊スポーツ評論家)が阪神新外国人メル・ロハス・ジュニア外野手(30=韓国・KT)の昇格に「待った」をかけた。チーム好調の要因として、マルテ、サンズ両外国人が機能していることからタイミングを見計らうべきと提言した。

         ◇     ◇     ◇

    阪神は30試合を消化して貯金12が示すように、投打とも機能してきた。ここまで先発が試合を作ってきた背景には得点力アップがある。またチームに反発力があるから継投もしやすかった。

    つまり外国人を含めて投打のバランスが充実している。オーダーも固定され、懸案のセンターラインもほぼ固まりつつある。エラーも出ているが、それも勝ち続けているから目立たない。すべてにいい方向に進んでいる。

    ここから交流戦までの戦いは大切になってくる。どのチームも外国人がそろってきたから、これまでとは違った展開になるだろう。それはロハス、アルカンタラの両新外国人がスタンバイする阪神にもいえることだ。

    しかし投打の外国人が働いているだけに起用法は容易ではない。ここまで3番マルテ、5番サンズが勝ちに絡んで貢献してきた。ロハス昇格で出番を与えるとなれば、どちらかが控えに回ることが予想される。

    だがマルテ、サンズの働きをみていると、今ここでオーダーから外すのは得策ではない。ロハスと外野手でかぶる佐藤輝を外すこともできない。またこのうちの外国人の誰かが代打要員というのも現実的でない。

    個人的にはロハスの1軍昇格は遅らせるべきだと考えている。ロハスにはもう少しファームでの調整期間をもうけることで、チームの“型”を崩さず、今しばらく現有戦力で戦っていくのが最善の策だろう。

    他球団と比較して、なにもかもがうまくいってるだけに、外国人の起用法にも頭を悩ませる。矢野監督がどのように考えているかだが、うれしい悩みであることに変わりはない。そのやりくりは今後の焦点になってくる。

    もっとも交流戦に突入すれば、「DH制」があるので豊富な外国人戦力を有効に活用することが可能になる。だからこそそれまでの同一リーグ戦でとりこぼしをしないことだ。【取材・構成=寺尾博和編集委員】




    今のいい流れに合流させた方がソフトランディングできそう。今年の阪神は強いしソフトバンクに勝つにはオプションが多いほどいい。 【梨田昌孝】ロハス1軍は「待った」マルテ&サンズを外すのは得策ではない  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202105030000698.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    【梨田昌孝】ロハス1軍は「待った」マルテ&サンズを外すのは得策ではない(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/6fa0d6f5b23a4bbb6efc4e424f29e82e96998bd9  いくらなんでも今のマルテとサンズを外すなんてことはしないだろう。ロハスを使うのはこの2人に何かあってからでいい。 #hanshin


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ここまでの阪神キャンプは打つことばかりが話題になっている印象が強かった。だが実際に沖縄を訪れてみたキャンプの内容からは、それだけではないことが把握できた。

    午後からの紅白戦で目に留まったのは「4番大山」の走塁だ。2回に左二塁打で出塁した大山は、続く原口が放った三ゴロの間に三塁に進んだ。なんでもない走塁のように見えるがこれが大きい。

    原口が打った瞬間、二塁走者の大山は次の塁を狙おうとタイミングを計っていた。この姿勢がいい。またこれを「4番」がやることでチームへの波及効果が期待できる。

    1死三塁になった後、北條の詰まった適時二塁打で1点が入った。大山の走塁はノーアウトの場面ではなかなか行きづらいものだ。積極的な走塁をしてみせたところにキャンプの収穫を見た。

    午前中のブルペンでは西勇、秋山ら主力のピッチングがチェックできた。新加入のチェンも角度のある球を投げ込んでいた。先発の頭数はそろうだろう。キーになるのはスアレスにつなぐ中継ぎ陣だ。

    ここを外国人投手でカバーするのか、それとも違った人材でまかなうつもりかは監督の腹次第になってくる。個人的にはリリーフで計算のできる若手を1枚作るべきと思っている方だ。

    またドラフト1位佐藤輝は対サウスポーにもある程度の対応ができるだろう。これから右投手のクロス気味に入ってくる球速145キロ以上のインコースをいかにさばくかをチェックしたい。(日刊スポーツ評論家)




    大山とか佐藤輝とか別に売りが足の速さじゃない選手の方が走塁意識高くて泣いている😭



    2回の大山の走塁❗ エエんちゃうかなぁ👌😄 サードが投げた瞬間走ったね👌😄 こういう積極的な走塁って、🐯には大事やでぇ👌😄


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <中日5-3阪神>◇15日◇ナゴヤドーム

    阪神が守護神ロベルト・スアレス投手(29)の今季初被弾で痛恨のサヨナラ負けを喫した。 

      ◇   ◇   ◇

    -鬼門のナゴヤだ。スアレスが中日高橋に逆転3ランを被弾。今シーズン中日に喫した10敗(11勝)のうち、9敗までがナゴヤドームでの敗戦となった。

    梨田 漫画のような試合になったね。9回裏1死一、二塁。ビシエドの二直を捕球した植田が、間に合わない二封を狙ってベースカバーに悪送球したのは痛かった。二、三塁で5番高橋を迎えたが、ここは勝負させるのか、四球で満塁に詰めるのかは、監督の真価が問われるところなんだ。

    -一方の中日も、8回表2死二、三塁で満塁策を取らず、祖父江が原口に2点打を浴びて追いつかれた。9回裏の阪神ベンチは、2死二、三塁から高橋と勝負して最悪の結果を招いた。

    梨田 矢野監督は満塁にした際のスアレスの制球力を考えたのかもしれない。高橋は中日で最も打率の高い打者で、ベンチの判断で勝負にいったのが裏目に出た。また、バッテリーも一塁が空いてるわけだから、もっと慎重な配球が必要だった。阪神は守備、走塁面で記録に表れないプレーも含めてのミスが目立つ。

    -1回裏は、1番大島の一ゴロに岩田のベースカバーが遅れた(記録は安打)。1死二塁から3番アルモンテの右前打を井上が後逸して1点。2回表1死二塁に原口の三遊間を抜けた当たりに、二塁走者ボーアは二塁に止まったままだった。

    梨田 2回表はボーアが三進して一、三塁になっていれば、続く井上も打ちやすくなっていた。次の塁をアグレッシブに狙う打球判断は外国人も、ベテランも関係ない。それができないなら、外すぐらいの厳しさが求められる。2回裏、高いバウンドになった松葉の二安も糸原が突っ込んでほしかった。守備、走塁のミスの連鎖が、痛いサヨナラ負けにつながった。【取材・構成=寺尾博和編集委員】




    阪神ミス連鎖で漫画のようなサヨナラ負け/梨田昌孝 漫画ww 漫画ww 漫画ww >二、三塁で5番高橋を迎えたが、ここは勝負させるのか、四球で満塁に詰めるのかは、監督の真価が問われるところなんだ 結果サヨナラスリーランで矢野の監督としての価値はない これぞ矢野会食野球  https://news.yahoo.co.jp/articles/1c5723d82c47ec8591eaab1a1b71978be067dbf2  pic.twitter.com/uuuSpmAxD6



    阪神、悪夢の逆転サヨナラ負け 守護神スアレス、今季初被弾が痛恨3ラン。デイリースポーツ Yahooニュース。 まぁ!人生いろいろだね〜悔しいけれど〰️明日は明日の風が吹く〰️気持ちを入れ替え🐯ちゃん頑張れ👍・頑張れ👍・頑張れ👍・応援しているよ🐯🐯🎵。


    続きを読む

    このページのトップヘ