とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    楽天戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇オープン戦 阪神―楽天(2022年3月6日 甲子園)

     阪神・浜地が2番手として5回から登板。3回3安打1失点の内容でマウンドを降りた。

     5回の登板から毎回安打を許しながらも、粘りの投球を披露。だが7回に6番・鈴木大に右前打を許すと、そこから2球連続で暴投。1死三塁となり、田中和の一ゴロの間に1点を失った。3回で50球を投じ、8回から3番手の湯浅にバトンを渡した。




    #阪神タイガース 続き❗️ 7回表、ツーアウト❗️1ー3 4️⃣黒川。レフトフライ❗️ 熊谷が捕る❗️ スリーアウト❗️ 浜地、2つのワイルドピッチが もったいなかった❗️ 解説の下柳剛さん 「梅野、捕れなかったかなあ」 捕れなかったんやろなー❗️



    浜地のパーム、好きな感じのリリースしてる



    浜地ちゃんナイピ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神ドラフト3位の桐敷(新潟医療福祉大)が視界注意報を発令した。本庄東の3年夏は埼玉大会5回戦敗退で、この日が甲子園球場での初めての練習。投球こそしなかったものの、「観客席がグラウンドと近くて低い。見えづらい、そういう感じがあった」と語り、捕手との距離感、見え方が他球場と異なる可能性を危惧した。

     感覚をならす機会はすぐにやってくる。本拠地で行う6日の楽天戦に、2番手以降で登板することが濃厚になった。現状は中継ぎと先発の両面の起用が検討されているが、その日は先発テストを兼ねた登板で、3~4イニングを投げる予定だ。1軍選手が出てくる今後のオープン戦へ、「毎回、満塁にしようが、ゼロで帰ってくることを意識したい」と、粘りの投球を掲げた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇練習試合 阪神3-3楽天 ※特別ルール(2022年2月19日 沖縄・金武)

     若虎よ、奮起せよ!阪神は19日の練習試合・楽天戦で3―3の引き分け。矢野燿大監督(53)は結果よりも、若手選手の積極性や元気良さが感じられなかった試合内容に苦言を呈した。今春キャンプでは現状、レギュラー争いに加わってきそうな新星の台頭が見られず、猛アピールを求めた。

     引き分けでも、その内容は矢野監督の目に寂しく映った。楽天はドラフト2位・安田が4番を務め、初回の先制打を含む2安打。先発の2年目右腕・高田孝にも小気味のいい投球をされた。一方、自軍は3回の2得点は近本、大山の適時打。若手の躍動は最後まで見られなかった。

     「ガツガツというかね。正直、1軍のレベルにあるから呼んだというよりは、加速させるためにこっちに呼んでいるのもある。もちろん、みんな結果を出したいと思っているし、こっちも結果を出してくれた方がいいんだけど。高寺、遠藤以外のね、もうちょっと年上の、(小野寺)暖も1本は出たけれど、そういうあたりがもっともっとアピールを」

     この日だけではない。これまでの対外試合4試合で近本が6打数3安打、大山が10打数6安打と実績組が順調なのに対し、小幡が6の0、熊谷は10の2。小野寺は9の3ながら、この試合の第1打席で見逃し三振するなど持ち味の積極性が鳴りをひそめた。初回無死一塁の二塁守備で失策も記録した熊谷は「もっと攻めて、守備も受け身にならずに積極的にいきたいです」と反省しきり。何より、声出しや一つ一つのプレーでの元気良さが感じられないのが、指揮官には歯がゆい。

     「今日も(相手)投手の中で1軍で投げているのは、松井裕しかおらんと思うし、そういうところで、もっとアピールしてほしいなとは思うけど」

     投手に目を向ければ、先発転向を目指す及川が最初のイニングで2四球を与えるなど不安定な内容。「この投球じゃ、先発はしんどいね。長いイニングもたないし、それなりの打者が並んできたときにどう抑えるのか見えないというか、苦しい」と、これまでにない厳しい言葉を残した。

     レギュラーは近本だけと公言し、若虎たちの激しくハイレベルな競争を期待した春季キャンプ。だが、3分の2が終わっても“これ!”という選手が出てこない。矢野監督自身にはラストキャンプ。昨年と代わり映えのしないメンバーで開幕を迎えることになるのか。残り約1週間で猛アピールする新星の出現に期待したい。(山添 晴治)




    阪神・矢野監督 覇気なし元気なし…歯がゆい若虎に奮起期待 「もっともっとアピールを」 若手にしてみたら、来年はもういない監督にアピールしてみても仕方ないと思ってるかも知れないよ。  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/02/20/kiji/20220220s00001173059000c.html 



    井上世代の高卒組には期待してる!🐯頑張れ阪神!🐯 阪神矢野燿大監督、アピール不足の若虎に「寂しい」 レギュラーとの実力差目立つ現状に奮起促す(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/354c8e39126c990d8263f64766265815ddd64cf3 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:楽天-阪神>◇19日◇沖縄・金武

    セットアッパー定着を目指す岩貞祐太投手(30)が、今季初実戦で1イニングをパーフェクトに抑えた。

    6回裏に3番手で登板。代打和田、8番マーキを2者連続空振り三振に仕留めると、最後は9番武藤を二ゴロに片付けた。直球、変化球ともに制球良く、わずか11球で料理した。

    “ガンケル先生”の教えが生きた。休養日だった前日18日、練習場に行くとガンケルと遭遇。「去年、被打率が非常に高かった」という自身のスライダーの精度を上げるため、助っ人に話を聞いた。「長い時間教えてくれて。それがけっこうハマった。説明の仕方もめちゃくちゃうまくて、分かりやすくて」。

    この日は捕手と相談した上で、教えを受け握りを改良した新スライダーを多投。「ガンケルの(スライダーの)特長は、真っすぐの軌道で曲がっていくのが持ち味だと思う。僕のウイークポイントは1回膨らんでしまう。そこを消したかった。ものすごく補えるアドバイスだった」と手応え十分。左打者のマーキからは空振りも奪った。

    「先発からわざわざ中継ぎに入ってきているので、そういうところで投げないと意味がない。常にそこを狙って、1年間投げられるようにやっていきたい」。勝利の方程式の一角を担うため、今後もアピールを続けていく。




    阪神岩貞祐太1イニング完璧 “ガンケル先生”のスライダー講座で手応え 楽天と練習試合  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202202190000570.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp&utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  復活の岩貞!



    岩貞は1イニングだけか なら言える 完璧だったわ。 これぐらいやってもらわないと困るんだけど、完璧だったわ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇練習試合 楽天ー阪神(2022年2月19日 金武)

     阪神2番手で3回4安打1失点だった藤浪は「悪くはなかったですかね。課題は出ましたけど、全体としては変化球も真っすぐもたくさん使えましたし、よかったんじゃないかなと思います」と登板を振り返った。

     登板前に解禁を示唆していた巨人・菅野直伝のワンシームも3球投じた。「カットボールだったりツーシーム、ワンシームも投げられましたし、やりたいことができた」。走者を背負った場面では執拗にけん制を続ける場面も。「実戦に入っていくところで、今しかなかなか。シーズンでもあれくらいやることはあるでしょうけど、もうちょっとやっておきたい」と、登板全体を通して収穫を得た。




    藤浪今シーズンよさそうやん フォームが綺麗になった。



    今年の藤浪こそ違う気がする


    続きを読む

    このページのトップヘ