とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    榮枝裕貴

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ウエスタン、中日-阪神」(18日、ナゴヤ球場)

     阪神は新型コロナウイルス感染により2軍調整が続いている藤浪が先発する。前回10日の2軍練習試合・マツゲン箕島戦では3回2失点(自責0)。最速156キロを計測するも73球を要し、「ストライクとボールがはっきりしてしまった」と反省していた。

     打線は、ロハス、井上、小野寺のクリーンアップで臨む。

     中日の先発は松木平。試合開始は12時半の予定。両チームのスタメンは以下の通り。

     【阪神】

     1番・DH 江越

     2番・遊撃 小幡

     3番・左翼 ロハス

     4番・右翼 井上

     5番・一塁 小野寺

     6番・中堅 豊田

     7番・三塁 高寺

     8番・捕手 栄枝

     9番・二塁 遠藤

        投手 藤浪

     【中日】

     1番・中堅 大島

     2番・右翼 三好

     3番・二塁 溝脇

     4番・三塁 福田

     5番・一塁 山下

     6番・DH 渡辺

     7番・遊撃 土田

     8番・左翼 高松

     9番・捕手 味谷

        投手 松木平




    藤浪くん三者連続三振!いいねー!👏✨



    先頭3塁打から3者連続三振は藤浪らしさある


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    阪神2年目の栄枝裕貴捕手(24)が、虎視眈々(たんたん)と「第3の捕手」を狙っている。ウエスタン・リーグには5月15日時点で19試合に出場し、打率2割3厘。バットでのアピール不足は否めないが、プロ1年目の昨季から高い評価を受けていたリード面には磨きがかかっている。

    4月12日のこと。1軍昇格を控えた新助っ人、アーロン・ウィルカーソンと2軍戦でコンビを組み、1回無失点で送り出した。同22日には、西純矢投手(20)が2軍戦で9回1失点。この時の捕手も栄枝だ。西純はその後1軍昇格。ローテの一角を張っている。

    「みんなファームで頑張っているんですけど、結局は1軍で投げたい。必死で投げているのを、自分がどうにかして、なんとか1軍に上げられるリードできないかなと」

    1軍なら、あのバッターなら、この場面なら。視線の先に常に「1軍」を置いている。両右腕の活躍は、背番号39が無関係とは思えない。

    昨季は2度の疲労骨折で戦線離脱。最終的にはファーム日本一の中心選手として戦うことができたが、痛すぎる負傷だった。

    「またけがしたらもう、『あいつずっとけがするやつやん』ってキャラが定着してしまう」

    課題は明白。「胸郭の動きが悪くて…」。改善するために、練習前にピラティスを導入した。キャンプ前、神戸のトレーナーのもとで指導を受けたメニューを、今も練習前に自室で続けている。

    16日には24歳の誕生日を迎えた。おのずと身も引き締まる。

    「あいつに100歩くらい先を行かれている。巻き返したい思いはずっとあります」

    同学年で同じ関西学生リーグ出身の佐藤輝明内野手(23)の活躍が、何よりの刺激になっている。梅野隆太郎捕手(30)、坂本誠志郎捕手(28)、今季から捕手登録を外れた原口文人内野手(30)が1軍にいる現状だが、隙あらばと準備を続ける日々。“100歩先を行くあいつ”に追いつき、1軍捕手争いに割って入る。【阪神担当 中野椋】




    【阪神】「第3の捕手」狙う栄枝裕貴、視線は常に「1軍」西純矢ら昇格助けた好リード磨く - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ 体丈夫にして打撃上げてはよ上がってきてくれ榮枝  https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202205160000019.html 



    虎視眈々 【阪神】「第3の捕手」狙う栄枝裕貴、視線は常に「1軍」西純矢ら昇格助けた好リード磨く(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/ddac48f0b7146a1015095b4e19fb064d37f207b9 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    栄枝裕貴




    #HappyBirthday / 本日5月16日は、#榮枝裕貴 選手の24歳のお誕生日です。 おめでとうございます! ▼プロフィールはこちら  https://hanshintigers.jp/data/player/2022/39.html  #阪神タイガース #イチにカケルpic.twitter.com/Wo7uGIttCX






    未来のタイガースに託す!!🐯🐯🐯  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1525959210315288576 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    捕手争いは三つどもえもある!? 昨季限りで現役引退した阪神岩田稔コミュニティアンバサダー(CA、38)が23日、日刊スポーツ評論家に就任し、古巣のキャンプの見どころを語った。

    縦じま一筋16年間の左腕は梅野、坂本のハイレベルな正捕手争いに注目。昨季2軍でバッテリーを組んだ視点も生かし、ダークホースの突き上げも予想した。【取材・構成=佐井陽介】

       ◇   ◇   ◇

    まもなくキャンプイン。白熱必至の正捕手争いに注目します。現状は本命梅野、対抗坂本でしょうか。個人的にはどちらが正捕手を務めるにせよ、1年間固定できればチームはより強くなっていけると思っています。センターラインを固定できているチームはどっしり感が違いますからね。

    現代野球では投手との相性を考慮して、数人の捕手を併用するチームも多くなっています。ただ、投手によって相手をコロコロ替えるとなると、ベンチも気を使います。勝つための道のりに1つ手間が増えてしまう気がします。やはり正捕手を固定できるに越したことはないと考えます。

    僕が戦っていた頃のライバルチームを振り返れば、落合監督が率いていた頃の中日は本当に強く感じたものです。谷繁さんがほぼ全試合マスクをかぶる。谷繁さんのリードについていけるように、投手が各自レベルを上げようと必死になる。絶対的な捕手が君臨すれば、阪神でもそういう「正の連鎖」が強まるのではないかと想像します。

    梅野、坂本とは昨年まで何度もバッテリーを組ませてもらいました。配球面では2人とも甲乙つけがたい特長があります。梅野には独特のひらめきがある。その瞬間に感じたことをリードに反映させて、よく成功につながりました。一方の坂本は裏付け、根拠のある配球に安定感があります。

    梅野は昨季終盤、打てなくなって出番を失った。悔しい思いをどこまで今年にぶつけてくれるのか楽しみです。坂本は逆に最後に出続ける大変さを知って、自分が越えていかないといけない「梅野隆太郎」という壁の分厚さを今まで以上に知ったはずです。2人の対決の行方は正直、現時点ではまだ予想できません。

    もちろん、タイガースが優勝するためには、2人とも頑張ってもらわないといけません。もし梅野が再び正捕手に落ち着いたとしても、サブに坂本がいれば強いですから。その上、若手では有望株の栄枝も控えている。12球団全体を見渡しても、捕手の競争はハイレベルだと断言できます。

    昨年2軍でバッテリーを組んだ大卒2年目の栄枝も、相当に期待してもいい捕手です。とにかく肩が強い。僕の記憶では盗塁を決められたシーンを見たことがない。打撃も悪くない。そして、配球が偏らない。

    僕もそうでしたが、球種が多い投手というのは、試合中に1つ2つ球種を消してしまいがちです。でも、栄枝はバランス良く球種を使い分けて、緩い球も大胆に使ったり、的を絞らせないように工夫してくれる。2軍キャンプスタートではありますが、今年楽しみな選手の1人です。

    阪神にはどの球団でもレギュラーを張れる捕手が複数います。配球面以外でも、梅野にはブロッキングと強打、坂本にはフレーミング、栄枝にも強肩がある。もちろん総合力ではゴールデングラブ賞3度の梅野に分がありますが、坂本と栄枝の頑張り次第ではマッチレースどころか、いつか三つどもえになる可能性すら想像してしまいます。

    その中から誰が抜け出せるか。絶対的捕手の誕生を楽しみにしたいと思います。(日刊スポーツ評論家)

    ◆岩田稔(いわた・みのる)1983年(昭58)10月31日生まれ、大阪府出身。大阪桐蔭-関大を経て05年大学生・社会人ドラフト希望枠で阪神入団。3年目の08年に10勝を挙げ、左のエース格に成長。09年の第1回WBCの世界一メンバー。11年防御率2・29はセ・リーグ5位、14年2・54は同2位。CSを突破して進出した14年ソフトバンクとの日本シリーズ第4戦に先発。昨季限りで引退。通算200試合、60勝82敗、防御率3・38。現役時代は179センチ、97キロ。左投げ左打ち。1型糖尿病と戦いながら、オフには啓発活動にも務める姿はファンの大きな共感を得た。

    ○…岩田稔氏は母校の関大で「引退記念ファンミーティング」を開催した。1席ずつ距離を取るなど、新型コロナウイルス感染対策を十分に講じ、ラジオDJのU.K.らと現役生活を振り返った。終盤には米アリゾナ自主トレも共にした阪神ジェフ・ウィリアムス駐米スカウト、自身と同じ1型糖尿病患者の子供たちからのサプライズメッセージに感激。自身が社長を務める会社「Family Design M」の立ち上げを発表し、「今後も1型糖尿病患者を支える活動を続けられるように頑張りたい」と抱負を語った。




    【岩田稔】ハイレベル阪神捕手争いで注目する大卒2年目「三つどもえある」(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/a088a0c2146cb7e386754dd8bb3f20a8de1c7cca  岩田は栄枝絶賛✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神のドラフト1位・森木大智投手(18)=高知高=が11日、甲子園室内練習場で新人合同自主トレ第1クール最終日のメニューを消化した。同高出身で年末年始に一緒に自主トレを行った栄枝裕貴捕手(23)はブルペンでの投球時に体験した〝魔球〟の存在を証言。ドライチ右腕が高校時代には多投しなかった変化球を磨き、頼れる武器にする。


    ドライチ右腕の〝魔球〟の軌道を、同じ高知高出身の先輩は目撃していた。森木が新人合同自主トレの第1クールを終了。悪天候のため甲子園室内でメニューをこなし、収穫を口にした。

    「充実した3日間を過ごせた。いろいろレクチャーも受けたので、それを自分なりに生かしていけるようにやっていきたい。すごくいい状態で第1クールを終えられた」

    この日はキャッチボールや、器具を使用した腹筋などで汗を流した。同じころ、今季大卒2年目の栄枝は鳴尾浜でウエートトレなどを消化。年末年始に背番号「20」と高知高で自主トレを行い、球を受けた際に発見した〝魔球〟を明かした。

    「特に良かったと思うのはカーブとツーシーム。(ツーシームは)打者の手元でクッと曲がる感じ。高校時代は試合であまり投げてなかったらしい。これ投げてたら、めちゃめちゃ抑えられてたんちゃう? って」

    同じ右投げでツーシームの使い手といえば、広島や米大リーグ・ヤンキースなどで活躍し、日米通算203勝を挙げた黒田博樹氏(46)が有名。打者の手元で小さく曲がるボールで、メジャーの強打者を翻弄した。森木は最速154キロ、手元で伸びるストレートが売り。しかし、これまで多投せずにいた変化球だけに、磨けば強力な武器になる。栄枝も「右打者の懐に食い込む感じ。キレもいい。怖がらず右打者の内(角)に投げられたら、どんどん打ち取れる」と大絶賛した。

    高卒ルーキーの森木は高知・安芸での2軍キャンプスタートが決定的だが、今季中の1軍初勝利を目標に掲げている。「(同期と)声を掛け合いながら仲良くなれている。でも、ライバルでもあるので絶対、負けたくない気持ちはあります」。18歳の〝魔球〟が巨人の岡本和、ヤクルトの山田ら右の強打者を苦しめる日も、そう遠くないはずだ。(新里公章)

    ★ツーシームとは

    直球と同程度のスピードで、投手の利き腕側に小さく曲がる変化球。回転時に2本の縫い目(シーム)が見えることから、この名前がついた。

    ■森木 大智(もりき・だいち)

    2003(平成15)年4月17日生まれ、18歳。高知県出身。蓮池小3で高岡第二イーグルスで軟式野球を始める。高知中では3年春夏に全国V。中3夏の四国大会決勝で150キロを計測。高知高では1年春からベンチ入り。1年夏からエースも甲子園出場はなし。22年D1位で阪神入団。最速154キロ、高校通算13発。184センチ、90キロ。右投げ右打ち。年俸1200万円。背番号「20」

    ■栄枝 裕貴(さかえだ・ゆうき)

    1998(平成10)年5月16日生まれ、23歳。高知市出身。朝倉小1年で野球を始め、高知中では軟式。高知高1年秋から正捕手。甲子園出場なし。立命大では1年秋からベンチ入りし、4年時に正捕手。2021年D4位で阪神入団。昨季は2軍で47試合に出場し、打率・257、1本塁打、18打点。180センチ、81キロ。右投げ右打ち。年俸800万円。背番号「39」

    続きを読む

    このページのトップヘ