とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    横山雄哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇ウエスタン・リーグ 阪神10―11中日(2020年9月26日 ナゴヤ)

     コロナ禍で前日に一挙9選手が緊急昇格した影響を受け、阪神は投手と野手合わせて17選手で中日戦に臨んだが、接戦を落とした。

     先発の横山が3回までに11安打9失点の大炎上。ナゴヤ球場に同行している投手は横山以外に5投手のみの状況もあり、結局横山は5回まで続投して14安打10失点だった。

     だが、最後まで諦めない。6回に4番のドラフト2位・井上が笠原からプロ初の満塁弾となる6号本塁打をバックスクリーンに放つと、さらに4―11の8回には中日3番手・佐藤を攻め立てる。先頭の板山が中越え本塁打を放つと、2死満塁から藤田が右翼線への2点適時二塁打。さらに満塁で小野寺が右翼前への2点適時打を放つなど打者一巡の猛攻で一挙6得点し、1点差に迫った。

     だが反撃も及ばず。投手は福永と牧以外をマウンドに上げ、野手はスタメンを外れた伊藤隼と岡崎も途中出場。17選手中15選手を起用する総力戦で挑んだが、あと一歩及ばなかった。




    投手と野手合わせての17人か…… / “17選手で再出発の阪神2軍 0―10から1点差に迫るも敗戦 横山3回9失点も投手不足で5回まで続投― スポニチ Sponichi Annex 野球”  https://htn.to/ZxYXSU7cnu 



    17選手で再出発の阪神2軍 0―10から1点差に迫るも敗戦 横山3回9失点も投手不足で5回まで続投(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200926-00000160-spnannex-base  すげぇじゃんw


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:中日-阪神>◇26日◇ナゴヤ球場

    育成選手の阪神横山雄哉投手(26)が5回14安打10失点と大炎上した。

    1回は4安打1死球に失策も絡んで3失点。2回も3番根尾に右翼フェンス直撃の2点二塁打を浴びるなど3失点する。

    3回は先頭8番桂の左越えソロ、1番伊藤康の右中間適時三塁打を食らった直後、なおも無死三塁で平田2軍監督からマウンドで活を入れられる。5回には2番三ツ俣に左越えソロを献上した。

    選手、チームスタッフの新型コロナウイルス集団感染を受け、選手17人で臨んだ一戦。序盤からの大量失点で試合を作れなかった。

    試合前時点では今季ウエスタン・リーグ12試合登板で防御率1・93。9月30日の今季支配下登録期限に向けてアピールを続けていたが、今回は痛恨のマウンドとなった。




    横山5回10失点かあ なんかもう虚無の感情やわ



    横山、5回10失点草 大事故だろこれ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:中日-阪神>◇26日◇ナゴヤ球場

    阪神平田勝男監督(61)がふがいない展開にカツを入れた。

    選手、チームスタッフの新型コロナウイルス集団感染を受け、選手17人で臨んだ一戦。先発横山が序盤から大量失点を喫すると、3回裏無死三塁でたまらず指揮官自らマウンドに向かい、厳しい口調でゲキを飛ばした。

    横山は3回終了時点で11安打9失点。守備陣もすでに2失策を喫し、打線も得点できていない。控え野手は2人だけと厳しいやりくりを強いられたゲームで、序盤から苦しい展開となっている。




    横山くん、、、支配下復活を期待してたんだけど・・・これでダメかな(T_T) 17選手で臨む阪神2軍 先発横山が3回9失点炎上…平田監督が直接喝入れる https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/09/26/kiji/20200926s00001173220000c.html 



    阪神2軍控え野手2人とかヤバすぎる


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇ウエスタン・リーグ 阪神―オリックス(2020年9月8日 オセアンBS)

     先発した阪神の育成左腕・横山雄哉投手(26)が8日のウエスタン・リーグ、オリックス戦に先発し、5回5安打1失点無死四球だった。

     初回、2番・ロドリゲスに低めの球を捉えられ、左翼席に特大の一発を放り込まれたが、その後は粘りの投球を披露。2回2死からは後藤に三塁打を許すも、続く飯田大は空振り三振に仕留めるなど、要所を締める投球で最少失点で切り抜けた。

     前回8月27日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦では、リチャードの痛烈な打球が左肩付近を直撃し5回途中で緊急降板。18年8月には左肩の手術を受けており影響が状態が心配されたが、好投で問題がないことをアピールした。




    阪神先発横山、2軍戦で5回5安打1失点 初回被弾も粘りの投球― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/09/08/kiji/20200908s00001173264000c.html 



    @sponichi_endo 支配下登録して欲しいですね



    @sponichi_endo 5回1失点なら良いですね。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    横山

    横山2


     「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(27日、タマホームスタジアム筑後)

     先発した横山が左肩に打球が直撃し降板となった。4回1/3を1安打1失点。直球、変化球ともに丁寧に低めへ集め打たせて取る投球を見せていただけに無念の交代となった。

     五回1死走者なしから8番・リチャードの強烈なライナーが左肩に直撃。打球は一塁・板山の方向へ大きくはねて一ゴロで打者はアウト。ただ横山は打球が当たった瞬間、肩を押さえ苦悶(くもん)の表情を浮かべながらマウンドに座り込んだ。すぐにトレーナーとコーチが駆け寄り、自力で立つことはできたがそのまま交代となった。

     この日、唯一の失点は初回。3球で先制点を許した。先頭・九鬼に初球の139キロ直球を右中間に運ばれ三塁打。続く三森は1ストライクから二ゴロの。その間に三塁走者が生還した。

     ただ、それ以降は立ち直りを見せた。二回は2つの四球こそ許したが無失点。三回、四回は安定した投球で三者凡退に抑えていた。支配下復帰に向けアピールの投球を続けていたが、まさかのアクシデントで降板となった。




    横山くんが 手術した左肩にライナーを受けたシーン 打撲で次回先発1回パスくらいなら良いが… https://t.co/0zDFXbYpz0



    育成の横山、ピッチャー返しを直接利き腕の左肩に受けて降板か。何ということだ… #阪神タイガース



    横山ついてないな。かわいそう


    続きを読む

    このページのトップヘ