とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    残留

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     新年の決意「覇」に込めた思いとは-。阪神・梅野隆太郎捕手(30)がデイリースポーツの新春インタビューに応じ、国内FA権を行使せずに残留を決断した時の胸中を激白した。球団と同様に背中を押してくれたファンに恩返しを果たすため、今年こそ「梅野なくして優勝はない」を体現するシーズンにする。チームリーダーとして矢野阪神の先導役を担い、リーグ優勝&日本一を誓った。

      ◇  ◇

     -優勝を逃して2位に終わった昨年。東京五輪では金メダルを獲得した。どんな1年だったか。

     「いや~濃い1年でした。もちろん数字とかそういうものは良くないですし、もっともっとチームに貢献しないといけないという思いはあります。個人的にはそういう(悔しい)思いもしましたけど。良いも悪いも評価される世界なので。自信を持ってやる部分ともっとやらないといけない部分が、明確になったシーズンでもあったかなと思います」

     -シーズン最終盤は11試合連続で坂本がスタメン出場。自身はベンチスタートだった。

     「自分がやるべきことをしっかりやるということしか考えていなかったです。もちろん試合中はチームが勝つためにいるので。それと自分の体を休めるというか…。今まで出ずっぱりだったので。ただ、どうしてもああやって試合に出られない日が固まってしまうと苦しいですし、気持ちはしんどかったです。悔しかったです」

     -昨年12月3日。国内FA権を行使せずに残留すると表明した。熟考の末…改めてその決断に至った理由は?

     「本当にいろんなものが重なってこういう決断に至ったという感じです。強くなりたい、タイガースでとにかく戦いたいなと。野球人としての選択の中で一番悩む…。悩まないと逆にいけないでしょうし。本当にいい選択だったと思えるのは優勝した瞬間だと思います。そこは本当に大切にしながら戦いたいなと。ファンへの思いとかも含めてです」

     -同学年の選手を含めて、周りのチームメートには相談したか。

     「していないです。先輩にはいろんな話をしましたけど、同級生には全く。決断するのは結局、自分なので。自分の道で自分の後悔のないように、誰にも言い訳をしないように決めるのが大事ですし、そこが一番かなと思います。逆の立場になってもFA権を取得した選手に何かツッコむことではないなと、改めて思いました」

     -ファンから自身のSNSなどに直接メッセージが届いていた。

     「それもありますし、つぶやきを目にすることもありました。反対に『出て行きたかったら出て行けば』というようなコメントもありました。それがいいとか悪いとかじゃなくて、結局決めるのは自分なので。残留を後押ししてくれるファンがたくさんいましたし、そういう存在はすごくありがたいなと思いましたね」

     -『梅野の残留が一番の補強』と喜ぶファンの声が多くあった。

     「それはうれしいです。でも、『一番の補強だ』と言えるのは本当に優勝して結果で返した時だと思っています。自分の口から『そういうことを言ってくれて良かったな』と言えるようなシーズンにしたいなと。それが一番ですかね。結果として優勝できて、その中心としてやって、そうやって言いたいなと。それを目標にやりたいですね。そういう思いをある意味背負って、どこか片隅に置きながらやりたいなというのはあります」




    “残ってよかった”と言い切れるシーズンとなるように。 阪神・梅野 残留が「本当にいい選択と思えるのは優勝した瞬間」【決意激白1】/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/01/03/0014959032.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    今季の最多セーブ右腕の22年シーズンは選手側に選択権
     阪神から自由契約となっていたロベルト・スアレス投手が阪神と再契約を結ぶことで合意したとMLBネットワークのジョン・モロシ記者が自身のツイッターで伝えた。2年総額675万ドル(約7億200万円)だという。

     スアレスはソフトバンクから移籍した今季25セーブを挙げて最多セーブを獲得。メジャー挑戦も視野に入れているとされ、2日に公示された阪神の保留者名簿から外れていた。モロシ記者によると、2年目の2022年シーズンは選手側に選択権があるという。同記者のツイッターには、ファンからは「阪神は補強しているね!! 見るのが楽しくなるはずだ」「2021年はタイガースの年だ!」「そのような金額を拒否するのは難しいだろう」とコメントが寄せられた。

     米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーマーズ」もスアレスの阪神残留を伝えた。「スアレスはアメリカでプレーしたことがないが、今季の活躍により、今冬にMLB球団からも関心を集めていた。彼はタイガースに残留し、再びクローザーを務めるとみられる」と報じた。

     これまでにロッテから自由契約となった日米通算95勝左腕チェン・ウェイン投手、韓国プロ野球の2冠王メル・ロハスJr.外野手らと契約合意したことが伝えられている。猛虎復活へストーブリーグで旋風を巻き起こしている。




    スアレス残留はありがたすぎる…!!



    スアレス残留は鬼👹に金棒❗️



    残留決まってからのスアレス怒涛のストーリー投稿で草


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神が今季のセ・リーグ最多セーブを記録し、去就が注目されていたロベルト・スアレス投手(29)と2年675万ドル(約7億円)で合意した、と13日、MLBネットワークのジョン・モロシ記者が自身のツイッターで伝えた。

     同記者によると、2年目、22年シーズンの契約の選択権は球団ではなく、選手側にある。同投手は来季も好成績を残し、メジャーから阪神を上回る条件があれば、オプションを行使せずに移籍することが可能となる。

     ベネズエラ出身のスアレスは15年にメキシコリーグをへて16年にソフトバンクと契約。今季は移籍1年目の阪神で守護神・藤川の不調により抑えに昇格し、160キロを超える直球を武器に51登板、3勝1敗25セーブ、防御率2・24をマークした。安定した投球でチーム2位に大きく貢献し、最多セーブのタイトルを手にした。

     今季は1年契約だったこともあり、いったんは阪神の契約保留者名簿から名前が外れたスアレス。メジャー球団が調査するなど、今オフの動向が注目されていた。




    よっしゃー! #阪神タイガース >>阪神が守護神スアレスと2年7億円合意 MLB移籍への布石か 2年目は選手に選択権(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201214-00000035-dal-base 



    スアレス残留🤩 とりあえずありがとうスアレス❗️ クローザーが居るのと居ないのでは全然違うからね😤 阪神が守護神スアレスと2年7億円合意 MLB移籍への布石か 2年目は選手に選択権(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201214-00000035-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     球団に辞意を伝えていた阪神・清水雅治ヘッドコーチ(56)が、残留する意向を固めたことが3日、分かった。この日までに球団の慰留に応じ、退団が決まった高代コーチに代わって、2軍総合コーチへの配置転換を受諾したとみられる。

     同コーチは矢野監督の要請に応じ、19年から阪神に加入。就任2年目の今季、チームは新型コロナウイルス騒動に揺れ、現時点での82失策は2年連続で12球団ワースト。就任から2年連続V逸の責任を取る形で、辞任を申し出ていた。




    阪神・清水ヘッド 2軍コーチで残留へ(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201104-00000033-dal-base  清水が辞めるなら矢野も一緒に辞めろって批判をかわすためかな🤔



    なんか人事異動になってるぞ。 阪神・清水ヘッド 2軍コーチで残留へ(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201104-00000033-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/06(火) 12:30:25.26 ID:CAP_USER9
     スタメン落ちも当然だろう。

     5日の巨人戦、阪神のボーアが7月23日の広島戦以来となるベンチスタートとなった。これは、前日の試合で死球を受け、同じくスタメンを外れたサンズとは意味合いが違う。

     2~4日までの巨人との3試合は無安打。対巨人戦は打率・159、2本塁打、5打点とからっきしだ。このポイントゲッターの不発が今季、6勝14敗と巨人に大きく負け越す要因のひとつになった。通算成績も打率・242、15本塁打、41打点。打率の低さには目をつむっても、ここぞの一発に期待していた向きにとっては、ビミョーな成績ではないか。

     助っ人野手の失敗が続く阪神からすれば、打っている方かもしれないが、ボーアの年俸は2・75億円。今季、最終的に20本塁打をマークしたとしても、143試合換算では24本。大金をかけた選手の割には物足りない。1年契約だけに、今季限りで解雇になってもおかしくないが、まさかの残留の可能性もあるという。

    「阪神は一昨年、年俸3・4億円の2年契約を結んだロサリオを1年でクビにした。ただでさえ助っ人野手の失敗が多いにもかかわらず、高年俸ボーアも1年限りで解雇すれば、それこそフロントは赤っ恥をかくことになる。性格が真面目、日本への適応力がある、コロナ禍で外国人の調査が難しい、などと何かしらの理由をつけて、来季も契約を更新する可能性があります」(阪神OB)

     阪神は8人の助っ人を抱えるなど、外国人頼みが顕著。大金をかけてもどのみち成功しないのだから、生え抜きの若手選手をしっかり育てたらどうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bba47b00c54a461d5004790cebf9f284e21991d3
    no title

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/06(火) 12:31:52.88 ID:cCiALUgh0
    めっちゃ打ってたイメージなんだけど大した事なかったのか

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601955025/

    続きを読む

    このページのトップヘ