とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    沖永良部島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神近本光司外野手(27)が22日、鹿児島・沖永良部島での自主トレを打ち上げた。

    自身のインスタグラムで発表。「PCR検査で陰性と出たので、神戸に向けて飛び立ちました。リーグ優勝、日本一、200本安打がとれなくても、怪我で思うように野球ができなくても、永良部のみなさんは暖かく見守ってくれると思います。プレッシャーではなく、帰ってくるところがあると安心して、ここから1年間頑張ってきます。その姿をより多く見せます。そしてまたここに帰ってきます(原文ママ、一部抜粋)」とつづった。

    近本は9日に入島し14日間、プロ4年目のシーズンへ向けた土台作りに励んだ。12日の自主トレ公開では、砂浜でのアニマルトレーニングなど島の自然を生かして鍛錬を積んでいることを明かしていた。大阪ガス時代からサポートを受けるスポーツトレーナーの仲林久善氏(36)と島民のサポートを受け、鍛え抜いた。

    近本は知人から「淡路島と形が似ている」と紹介を受け、昨年1月に初めて沖永良部島で自主トレを敢行。今回で2年連続2回目の実施だった。






    近本 沖永良部島から今日戻ってきたんやな 来年から一緒に自主トレお願いしますって言ってくる後輩増えるでー



    近本くんのインスタ見て感動した🥺 改めて素敵な選手だなって思った😃


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・近本光司外野手(27)が16日、自身のインスタグラムを更新し「ご心配をおかけしました。僕は大丈夫ですよ。通常通り、トレーニングしてます」と無事を報告した。

     15日に南太平洋の島国、トンガ沖で海底火山の大規模噴火が発生した影響で、同日の深夜に奄美大島で1メートル以上の津波が発生。鹿児島県奄美市に津波警報が発令されていたが、近本が自主トレを行う沖永良部島では被害、影響はなかったもよう。

     今後も同島でトレーニングを継続する。


    https://www.instagram.com/stories/koji_speed5/2752118392147010773/




    阪神の近本、自主トレ先が結構津波警報あったところに近いところやったから、今日のインスタ見てたら元気そうで良かった😌 pic.twitter.com/lb03ZhiVQU


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/01/16(日) 00:37:21.35 ID:JBkYIegr0
    阪神、近本選手が自主トレ 2年連続、沖永良部島
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6352d7e6404527a0729bb4f5b509cbaf8c880707


    大丈夫なんか?

    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1642261041/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・近本光司外野手(27)が12日、鹿児島県沖永良部島での自主トレを公開した。今オフはバク転、バク宙を新たにトレーニングメニューとして追加。脳で描くイメージと体の動きを一致させ、さらなる進化を図る。大阪ガス時代からサポートを受けるスポーツトレーナーの仲林久善氏(36)からは、課題とするスロースターター克服に太鼓判を押された。

     温暖な離島でシーズンへの準備を整える近本。野球とはまったく関係ないバク転、バク宙を新たなトレーニングメニューに加えた狙いについて「今までやったことがなかったので、やったことがない感覚がほしいなと。脳への刺激にもなる」と説明した。

     さすがの運動神経でバク転はマスターし、バク宙は現在6、7割の完成度。最初は「やってみて映像を見ると、自分の思い描いている動きと違っていた」と振り返る。

     特殊な動作を通して、脳のイメージと実際の動きの差を埋める鍛錬は一般的に「コーディネーショントレーニング」と呼ばれ、さまざまなスポーツ界で取り入れられている。近本いわくバク転、バク宙は「練習のための練習」だと明かし、「僕はそっちの方が大事だと思っています」。野球とは関係ない動きから学ぶ狙いは、理想とする技術の再現性だ。

     本番のための技術練習でも「思い描いている100%の動きにちょっとずつ近づく」と近本。走攻守全てで理想とする姿をグラウンドで表現したい。だからこそバク転、バク宙に真剣に取り組み、野球へとつなげていく考えだ。

     課題克服にも手応えをつかみつつある。昨年、一昨年と春先になかなか調子が上がらなかった。持論として不調期間を「どこかで作らないといけない。考えること、迷うことが必要になることもある」と明かす。年間を通して好調を維持することは難しい。ただ開幕ダッシュを決めるためには、打線のけん引役としてかかる期待は大きくなる。

     スロースターター返上へ「言葉にはしづらい」と言いつつも「対策はある」と力を込めた。仲林トレーナーは「その(不調の)期間を成長するごとに前倒しできるんじゃないかなと。今年はスタートダッシュが例年よりも早い段階で出てくるのではないかと考えております」と太鼓判を押した。

     チームが苦しい時期に「僕が引っ張っていければ」と中心選手としての責任を口にした近本。今季も猛虎打線をけん引し、17年ぶりの優勝へ突き進む。

     ◆コーディネーショントレーニングとは? 1970年代に旧東ドイツで生まれたトレーニング理論。器械体操などで脳のイメージと体の動きを連動させることが狙いで、運動神経を向上させることが目的。欧米では広く取り入れられており、高校野球界では名門の龍谷大平安が倒立など器械体操をウオーミングアップに取り入れ、運動能力向上を図っている。




    沖永良部島が近本選手一色に🤩 羨ましい。。🥺 #近本光司 #沖永良部島 pic.twitter.com/BJPYSi8nva



    沖永良部島での自主トレ✨オンラインで取材に応じてくれました👤島の魅力にどっぷりとハマっているそうです✨ #阪神タイガース #近本光司 #沖永良部島 阪神近本光司が自主トレ公開「200本打ちたい」22年シーズンへ決意  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202201120000365.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球、阪神タイガースの近本光司選手(27)が8日、自主トレーニングのため鹿児島県の沖永良部島を訪れた。和泊町の沖永良部空港では、島内の野球関係者らが横断幕を掲げて歓迎した。23日まで滞在し、春季キャンプ前の体力づくりなどを行う。

     近本選手が沖永良部島で自主トレを行うのは昨年に続き2回目。和泊町の町民運動広場や知名町のELOVEトレーニングジムなどを拠点に練習する予定。

     同空港前で歓迎セレモニーがあり、前登志朗和泊町長は「有意義なキャンプを過ごし、昨年以上の活躍ができるよう祈っています」と激励した。

     近本選手は左投げ左打ちの外野手。2021年は140試合に出場し、セ・リーグで最多となる178安打を放った。打率3割1分3厘、10本塁打、50打点。ゴールデングラブ賞、ベストナインも初受賞した。

     近本選手はセレモニー後、「温かい気候の沖永良部では、しっかりと体を動かしてシーズンと同じようなプレーができる。自分の体を思うように動かすというところを意識して、トレーニングしたい。ヤギ汁を食べるのも楽しみ」と話した。

     同球団の選手会長を務める近本選手は昨シーズンについて「あと一歩のところで、リーグ優勝を逃してしまった。チームもファンも悔しい思いをした」と振り返り、「今年はチームを引っ張って日本一になり、たくさんの人を喜ばせたい」と述べた。




    今年も近本沖永良部で自主トレか! pic.twitter.com/EjD1SdcfhQ


    続きを読む

    このページのトップヘ