とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    火の玉ストレート

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    メジャーリーグが開幕した。大谷の1番先発投手に驚き、ダルビッシュ有の6回ノーヒット投球に思わず拍手。もっとビックリしたのがパドレスに入団したスアレスの大乱調だった。あの無双のクローザーが1死も取れずに2四球1死球で降板。ダルビッシュの勝ちを消した。
    心持ちも環境も大きく変わった中、スアレスでさえ、こうなるのだ。阪神時代の姿を見てきたファンは信じられないこと。それほどクローザーというポジションは難しい。
    まったくいいことなしの阪神にあって、ようやく光が差し込んできた。スアレスのあと、任せたはずのケラーがこけ、いきなりクローザー不在のピンチに新星が出現した。湯浅京己投手(22)である。まだまだ落ち着きがない。マウンドの上での動きが忙しすぎる。でもそれはキャリアのなさ。ボール自体はかなりの可能性を感じさせる。
    何よりバッターに向かっていく姿勢がいい。絶対に抑えてやるという気迫に満ちている。こういう若手のクローザーに出会うのは久しぶりだ。
    ひとりは広島にいた。津田恒実、炎のストッパーと呼ばれた男は、湯浅と同じような歩みでマウンドを死守した。1986年、広島カープのリーグ優勝の立役者に。だが、そこまでは故障の連続だった。最もひどかったのは右手指の血行障害。フォークボールを投げることができなかった。
    先発はあきらめ、リリーバーで再起を図った。すると86年の春、指と指の間が開くようになった。「これを見てください。ここまで指が開くようになった。恒実の指は春開く…ってこと」。何ともうれしそうな笑顔があった。
    あとの奮投はご存じの通り。甲子園での阪神戦。バースに投げたストレートは、確かに浮き上がったように見えた。それでも打ち込まれ、抑えに失敗することがあった。試合後、照明が消えたベンチに座り、涙する津田の姿に遭遇した。「ワシ、もうダメじゃ」とうめき、マネジャーがタクシーを呼び、帰りを促すと「こんなピッチャー、タクシーに乗る資格はないんやけ」。数キロ歩いて帰宅した。それほどの負けん気、これがクローザー津田を支えた。
    孤高のエース、北別府学が胴上げ投手を津田に譲ったのは有名な話である。完投できる点差にもかかわらず「最後は津田に投げさせてください」と監督の阿南準郎に申し出たほどの働きだった。若くして脳腫瘍に襲われ、天国に旅立ったのが悲しくて、悲しくて…。
    もうひとりは藤川球児である。彼もこの地位を確立するまで、苦難の道を歩いてきた。ドラフト1位で入団するも、しばらくはプロの体にならなかった。線が細く、スタミナがない。2軍での生活が続き、ようやく1軍に上がった矢先、事件が起きた。星野仙一の謝罪事件である。2003年の夏の始まり。東京ドームでの巨人戦。大きくリードした場面で星野は藤川をリリーフに出した。まったく実績もなかったが、この点差があれば大丈夫と星野は判断したのだろう。ところが球児は巨人打線の餌食になり、ホームランを食らうなどしてKOされた。
    試合後、星野は選手を集めたミーティングで謝罪した。自分の間違った起用法を認めた。あの星野仙一を謝らせた男、それは藤川球児だった。その後、タイガースでは使い物にならない、としてトレード要員に上がったが、そこでリリーフという道が見つかった。
    球史に残るJFKの誕生。最後、球児をクローザーに登用した時の監督、岡田彰布は「先発だとスタミナ不足。だが短いイニングならまず三振が取れる。向かっていく気持ちが強い。抑えの条件がそろっていた」と述懐している。そこから先は書く必要はないだろう。火の玉ストレートは野球ファンをとりこにした。
    まだ数試合だが、湯浅には津田や球児と同じ香りがする。先輩2人が打てるものなら打ってみろ、と投げ込んだように、湯浅のストレートにも魂が宿っているように伝わってくる。球児以降、タイガースに日本人クローザーは誕生していない。湯浅は紛れもなく後継候補だ。本物かどうかはまだジャッジできないけど、可能性は十分。今季限りで退任する監督、矢野が残す遺産になれば。それが「明日のタイガース」につながっていく。【内匠宏幸】(敬称略)
    (ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「かわいさ余って」)




    頑張れ~👊 【内匠宏幸】阪神湯浅京己は炎のストッパー津田恒実、火の玉ストレート藤川球児のようになれる(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/5bf4ad82141f983036b4460f7ecad4f8bd211e0f 



    確かに今のタイガースの試合では湯浅の成長を見守ることが唯一の楽しみになりつつある… 【内匠宏幸】阪神湯浅京己は炎のストッパー津田恒実、火の玉ストレート藤川球児のようになれる  https://www.nikkansports.com/baseball/column/takumi/news/202204100000484.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    ◇プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(11日)

    ドラフト1巡目で阪神が交渉権を獲得した森木大智投手(高知高)が会見に臨み、目標を語りました。

    以下、主な一問一答。

    ――今の気持ちは?

    「選んでいただいてホッとしてる気持ちです。阪神は今年、投打に波に乗っているいいチームだと思うのでそこで野球をやらせていただけるのでありがたいです」

    ――指名を待っているときの気持ちは?

    「選ばれるかどうか不安もあったんですが、選んでいただいたのでありがたい気持ちでいっぱいです」

    ――目標としていたドラフト1位指名がかなって、いまどのような気持ち?

    「ずっと小さいときから目指してきた舞台に立つ直前にいるので、決まってとてもホッとしていますし、ここからもっともっとやらなくちゃいけないなという自覚も芽生えました。これからもっといいピッチャーになれるように頑張っていきたいと思います」

    ――阪神OBで同郷(高知出身)の藤川球児さんはどのような存在?

    「小さい頃からの憧れで、野球を始めたきっかけでもある。(藤川さんは)火の玉ストレートが魅力だと思うのでそれに近づけるように努力したいと思います」

    ――同じ阪神のユニフォームを着られることについては?

    「とてもうれしい気持ちでいっぱいです」

    ――高校時代に甲子園大会に出場できなかった。プロではホームが甲子園球場になるが、それについては?

    「甲子園で投げる機会がこれからあるというのはとてもうれしく思います。あのグラウンドで野球ができるというのは光栄な事だと思うので、1軍で甲子園のグラウンドに立てるように頑張りたいと思います」

    ――自分の口で、1位指名されたことを報告したい人は?

    「今までずっと近くで支えてくれた家族、両親に伝えたいと思います。苦しいときもあったんですが、そういう時期を一緒に乗り越えてくれた。たくさん犠牲にしてきたこともあると思うんですけど、これから僕が活躍して恩返ししたいと思います」

    ――阪神・矢野燿大監督の印象は?

    「試合に対してすごく熱い思い、熱心というか闘志を持ってやられている方だと思う。そういうところは僕もとてもやりやすいのかなと思います」

    ◇森木大智投手(高知高)2003年4月17日生身長184cm/体重90kg右投げ/右打ち

    阪神・山本スカウトの評価
    「最速154kmのストレートを投げ込む右の豪腕。変化球の質・精度も高く、日本球界を背負って立つ投手になる可能性を持った、総合力の高い本格派右腕」




    藤川球児以来の 高知高出身獲得ほー\(^-^)/‼️  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1447480615935242242 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神のクローザーとして活躍した藤川球児さん(41)が7日、自身のツイッターを更新。中日・木下雄介投手の死去に関して苦しい胸の内を吐露した。

     「辛すぎて言葉が出なかった昨日 今日も気持ちは変わらない…今は自分に出来る事を頑張る」

     木下雄投手の150キロを超える直球はスピンが効いた浮き上がるような軌道。藤川さんが今春の北谷キャンプを訪問した際に「火の玉ストレート」を彷彿とされるその速球に活躍を予言していた。

     そんな背景を知ってかフォロワーからも「藤川さんが日本一の中継ぎになれると仰って下さって木下選手ももちろん嬉しかったでしょうし、僕達ファンもとても嬉しかったです」「今年のキャンプでは球児さんから太鼓判をいただき、ファンの1人としてはそれもあって期待していた選手でした」など多くのコメントが寄せられた。




    辛すぎて言葉が出なかった昨日 今日も気持ちは変わらない… 今は自分に出来る事を頑張る #kyuji22


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


     元阪神・藤川球児氏が9日、自身のツイッターとインスタグラムを更新し、1月16日に発売される自身の著書「火の玉ストレート」の一部を紹介した。

     「努力は人生を裏切らない」、「何度でも立ち上がる」、「野球人である前に人間であれ」と書かれた3ページを写真で紹介。「出来上がってきました」としており、完成間近のようだ。

     インスタグラムでは「僕も自分で読み返しながら、これからの人生に役立てて行こうと思っております。皆様や、お子様達の人生にも必ず活かす事の出来る仕上がりになっていると思います。右腕一本で切り開いてきた人生を是非見てみてください!」とメッセージを投稿した。

     ツイッターではフォロワーの方から「サイン会はありますか!?」との質問も受けた。藤川氏は「企画はされていますが、現在コロナ禍の状況なので、今しばらくお待ちください!また日時が分かればツイートします」と返信している。




    1月16日発売です! 「火の玉ストレート」 これまでの道のりを是非見て下さい! #kyuji22 #プロ野球 #阪神タイガース pic.twitter.com/grpcvIl7tS



    @kyuji22fujikawa めっちゃ楽しみです💕



    @kyuji22fujikawa 発売楽しみです❗️😊👍🏻


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今季限りで現役引退した阪神・藤川球児投手(40)が15日放送の関西テレビ「藤川球児 最後の勝負 密着15年 引退直後に独占激白」(後4・00)に出演。西武、巨人、オリックスで活躍した清原和博氏(53)との対戦についての思いを語った。

     VTR出演した清原氏は藤川のストレートについて「なんでバットに当たらないのかな。球速は150キロから153キロぐらいだったと思うけど、それより速いピッチャーを僕は簡単に打つことができました。でも、藤川投手の150キロはバットに当たらない。それが自分でも悔しくて」と振り返った。また、「何度も藤川投手の投げてる姿を見ましたけど」と現役の時に研究していたことを告白。「一回セットポジションに入って、息を一回フッと吹いて、三塁側を見て」と、藤川投手の仕草を今でも事細かに覚えている清原氏に、藤川は「よく覚えてるな。凄いな」と驚いた。

     2005年4月21日の巨人―阪神戦。大差が付いた試合展開の中、7回2死満塁でフォークを投じた藤川に対して、空振り三振を喫した清原氏は厳しい言葉を発した。清原氏が「僕が『おっ!』と思うようなストレートじゃなければ、そこまで感情的にならなかったと思う。でも、ゆくゆく考えれば矢野監督がサインを出している。そこを全然忘れてました。矢野監督に言うべきでした」と笑顔で語ると、藤川も「良いじゃないですか。お互いに良い表情ができてうれしいですね」と笑った。

     藤川は清原氏との対戦について「清原さんも『気』の出てる打者。物凄く打席でオーラがあって」と語りつつ「フォークボールを投げて、試合には勝ったけど野球選手としてピッチャーとして勝負に負けたんじゃないか。自分の中で情けないんじゃないかという思いが生まれた」と、当時の対戦を振り返った。そして「清原さんが勝負に生きた人だったので、その生き方を教えていただいた。自分の恩師の一人です」と感謝した。




    ふむ、良い思い出ができてよかったのかな。 藤川球児「清原さんは恩師の一人。生き方を教えていただいた」 あの対決を経て学んだ勝負の世界 - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/15/kiji/20201115s00001173458000c.html 



    藤川球児「清原さんは恩師の一人。生き方を教えていただいた」 あの対決を経て学んだ勝負の世界  https://news.yahoo.co.jp/articles/74335b8f62a7e2a4812b97d86b87b930f3669d89  清原の放送禁止発言。普通なら腹を立ててもおかしくないのに、呑み込んで努力した藤川の方が大人だった否、今も清原に感謝する藤川の方が大人だと思う。


    続きを読む

    このページのトップヘ