とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    無失点

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    馬場


    <巨人8-3阪神>◇22日◇東京ドーム

    連投の阪神馬場皐輔投手(25)が2戦連続で無失点に抑えた。

    北條史也内野手(26)の1号2ランで3点差に詰め寄った直後の6回、3番手で登板。2四球を出して2死二、三塁のピンチで4番岡本和真内野手(24)を迎えたが、フルカウントからカットボールで空振り三振。代名詞のガッツポーズも飛び出した。開幕は2軍スタートで20日に1軍に合流。貴重な中継ぎ右腕として奮闘している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/91e07fabf29724900c6532697a6dfce7bc910c6d


    馬場皐輔 防御率0.00 WHIP 2.50 なんなん? pic.twitter.com/DB3eZTWVsv



    馬場皐輔、ただの寂しがり屋説 ・ランナーを溜めがち ⇒ランナー多く居た方が賑やか ・カウントボール多いがち ⇒ライトが点灯してたほうが賑やか



    馬場皐輔、劇場型過ぎる


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神―広島(2020年10月21日 甲子園)

     阪神先発の青柳は危なげない投球で5回2/3を1安打無失点で7勝目の権利を持って降板した。

     初回は先頭の田中広に左前打を許し、続く羽月が犠打で1死二塁と得点圏に走者を背負ったが、3番・鈴木を空振り三振。4番の松山も内角カットボールで空振り三振に仕留め、ゼロで切り抜けた。2回以降はカットボール、シンカーなどの変化球を有効に使い、低めに集めて広島打線に的を絞らせなかった。2―0の中盤6回は1死から羽月に四球を与えたが、続く鈴木をツーシームで空振り三振を奪い、2死としたところで交代が告げられた。

     8月27日の中日戦を最後に5連敗中。勝ちに飢えていても、「いい投球をして、抑えている姿をファンのみなさんに見せられるように」と目の前の一戦に集中した右腕が、しっかり先発の役割を果たした。  




    先発の青柳晃洋投手は6回途中1安打無失点で降板しました。久々の勝利投手へ、権利を持ってマウンドを降りました‼️ #阪神タイガース #青柳晃洋 #甲子園 #広島東洋カープ pic.twitter.com/TVcpvZCL4P



    青柳さん、5回投げて1安打無失点。6回は一ゴロ四球三振と投げたところで継投。うーん…


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム)

     阪神・藤浪晋太郎投手が3番手で五回から登板。2イニングを1安打2四球、無失点で切り抜けた。これで5試合連続無失点とした。

     13日の中日戦で球団最速タイとなる自己最速161キロをたたき出した藤浪が五回にマウンドに上がった。先頭・ビシエドには制球が定まらず四球を与える。それでもここから落ち着いていた。続く高橋を153キロ直球で左飛。6番・シエラは154キロの真っすぐで三ゴロ併殺打に仕留めた。

     六回もイニングまたぎでマウンドへ。またしても先頭・阿部に四球を与える。加藤に犠打を決められ1死二塁。代打・溝脇は155キロ直球で左飛に斬ったが、大島には156キロ真っすぐを左前に運ばれた。2死一、三塁のピンチで京田を133キロのスライダーで一ゴロに抑えた。

     中継ぎ転向後、イニングまたぎをしたのは2試合。9月26日・ヤクルト戦と10月4日・巨人戦だ。いずれも2イニング目に失点していた。ただ、3試合目のイニングまたぎで初めて無失点。また、藤浪が大きな成長を遂げた。





    藤浪2回無失点だったけど 回跨ぎは納得しないわ😇



    岩貞が先発投手の岩田の後を受けた直後に大島に適時打を打たれてしまったけど、その後は追加点は許さなかったな その後に藤浪が2イニングを無失点に抑えてくれたから、それは大きい 藤浪の場合は勝ちパターンを目指すので無ければ、投球内容より無失点かどうかやな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「巨人-阪神」(15日、東京ドーム)

     阪神が痛恨の三盗失敗で好機をつぶした。

     3-5の七回無死一、二塁。梅野の2球目にバスターエンドランを敢行。だが内角ボールゾーンのスライダーに空振り。二走・小幡は悠々アウトとなった。

     この場面、一塁・中島はバントシフトで猛然とダッシュしていた。阪神ベンチはサインを切り替えたが、ゾーンを外れたボールを当てることができず。

     結局、梅野は二ゴロ、糸原も遊ゴロに倒れ、無得点。得点圏の鬼・4番サンズにまわせなかった。

     負ければ自力優勝の可能性が消滅し、巨人にマジックナンバー「38」が点灯する一戦。結果的に矢野監督の大胆な采配が裏目になった。




    阪神 絶好機で勝負手が裏目に…七回バスターエンドラン不発(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200915-00000142-dal-base  もうコメント欄で、 ボロクソ言われてる… まあ、言われるわな。ありゃ…(*´-`)



    別に勝負に行って裏目に出る采配はある程度しゃあないと思えるけど、矢野の場合チキチキビビリ采配で動かないほうが点入りそうなので吐き気がするの


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kuwahara


     ◇セ・リーグ 阪神―広島(2020年9月13日 甲子園)

     阪神・桑原が公式戦では昨年の4月19日巨人戦以来、513日ぶりのマウンドに上がった。

     5―6の6回1死一塁から堂林をスライダーで三邪飛に打ち取ると、続く鈴木も空振り三振に仕留め、ベテランが復帰のマウンドで役目を果たした。




    桑原復活は大きいな!



    桑原おかえりー



    桑原の復帰はでかいな


    続きを読む

    このページのトップヘ