とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    無念の降板

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神―巨人(2020年10月4日 甲子園)

     6回から2番手で登板した藤浪は、イニングをまたいだ7回に巨人打線につかまり1回1/3で6安打3失点。中継ぎ転向後、初のイニング途中での降板となった。

     昨年までチームメートだったOBの高橋聡文氏は自身のツイッターで「藤浪の使われ方は中継ぎからしたらめちゃくちゃ難しいけど、間違いなくベンチは信頼して起用してるからそれを粋に感じて頑張ってほしい!(原文まま)」と中継ぎ一筋だった自身の経験も交えて思いやった。最後は「この経験は今後の投手人生においてプラスになるから!」とエールで締めくくった。




    阪神 藤浪無念の降板にOBの高橋氏「中継ぎからしたらめちゃくちゃ難しい」(スポニチアネックス) #Yahooニュース 経験少ない中継ぎプラスイニングまたぎ厳しいだろう  https://news.yahoo.co.jp/articles/2e833e2acb2c7ebe40634cc10fa6dad02eae9a4e 



    聡文さん、ありがとう😭 晋太郎~(๑و>o<)و{ファイト~!!〕 阪神 藤浪無念の降板にOBの高橋氏「中継ぎからしたらめちゃくちゃ難しい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/04/kiji/20201004s00001173366000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    横山

    横山2


     「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(27日、タマホームスタジアム筑後)

     先発した横山が左肩に打球が直撃し降板となった。4回1/3を1安打1失点。直球、変化球ともに丁寧に低めへ集め打たせて取る投球を見せていただけに無念の交代となった。

     五回1死走者なしから8番・リチャードの強烈なライナーが左肩に直撃。打球は一塁・板山の方向へ大きくはねて一ゴロで打者はアウト。ただ横山は打球が当たった瞬間、肩を押さえ苦悶(くもん)の表情を浮かべながらマウンドに座り込んだ。すぐにトレーナーとコーチが駆け寄り、自力で立つことはできたがそのまま交代となった。

     この日、唯一の失点は初回。3球で先制点を許した。先頭・九鬼に初球の139キロ直球を右中間に運ばれ三塁打。続く三森は1ストライクから二ゴロの。その間に三塁走者が生還した。

     ただ、それ以降は立ち直りを見せた。二回は2つの四球こそ許したが無失点。三回、四回は安定した投球で三者凡退に抑えていた。支配下復帰に向けアピールの投球を続けていたが、まさかのアクシデントで降板となった。




    横山くんが 手術した左肩にライナーを受けたシーン 打撲で次回先発1回パスくらいなら良いが… https://t.co/0zDFXbYpz0



    育成の横山、ピッチャー返しを直接利き腕の左肩に受けて降板か。何ということだ… #阪神タイガース



    横山ついてないな。かわいそう


    続きを読む

    このページのトップヘ