とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    無期限延期

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球は3日に12球団代表者会議を行い、日程の再々編に着手する。新型コロナウイルスの感染拡大で、目標に設定した4月24日の開幕を断念することは確実。5月下旬以降の開幕を目指すとみられ、最優先としてきた公式戦143試合の縮小まで踏み込んで協議する可能性が高い。その場合は交流戦の中止、クライマックスシリーズ(CS)の中止などが候補に挙がる。

     セ・リーグはこの日、代表者会議に向け事前協議を行った。3月31日にはパ・リーグ6球団の社長が「4・24」は困難との意見で一致したが、セも同様で、3日の代表者会議で24日の開幕を断念することは確実。感染が急速に拡大している現状から、プロ野球は5月下旬以降の開幕を目指すとみられ、公式戦143試合の縮小が現実味を帯びてきた。

     3日には専門家を交えた「新型コロナウイルス対策連絡会議」を踏まえ、代表者会議を開く。専門家からも早期開幕に消極的な意見が出ることが確実視される。6月開幕プランもあるが、この日の事前協議では5月開幕で複数の日程案をシミュレーションした。開幕が5月中旬を過ぎれば、レギュラーシーズン143試合の実施は絶望的。セの関係者は「開幕日によって(縮小は)ある」と話した。

     その場合、選択肢として浮上するのが交流戦18試合の中止だ。同一リーグ5球団との25回戦、125試合なら公平性は担保される。当初の日程で交流戦開幕は5月26日。球場の調整は必要だが、交流戦を断念すれば同日以降、6月上旬などの開幕にも対応しやすい。

     CSの中止、縮小案も再燃する可能性がある。五輪の延期で公式戦休止期間中の試合実施が可能となったこともあり、一時は開催の方向に傾いたが、最近の感染拡大で状況が変化。不測の事態が起きた場合に備え、予備日を多めに確保する必要が指摘され、交流戦中止に続く案として考えられる。開幕日によっては、交流戦とCS双方の中止など複合案も視野に入る。

     選手会の同意が必要となるが、日本シリーズ(S)の12月開催の腹案もある。関係者は「開幕日が決まった時、(12月開催を)要請しないと日程が立ちゆかないような開幕日ならお願いすると思う」と説明。想定している11月21日の日本S開幕については、開幕日決定後に選手会に要請する可能性があるとした。

     日本野球機構(NPB)の井原事務局長は、開幕日を再度設定するかを含め、「代表者会議で話し合う」とした。先行きが見通せない中、現状で開幕日を明確にするのは時期尚早で“無期限延期”を訴える意見もある。いずれにしても143試合の縮小に備え、最善策を検討していく必要がある。

     ◆プロ野球界の新型コロナウイルスを巡る経過

     ▽2月25日 巨人が29日と3月1日に主催するヤクルトとのオープン戦を無観客で実施すると発表。

     ▽同26日 臨時の12球団代表者会議でオープン戦の残り全72試合を無観客で実施すると決定。

     ▽3月3日 Jリーグと連携して「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設置。第1回会議を開催。

     ▽同9日 第2回会議で開幕延期の助言を受け、臨時の12球団代表者会議で延期を決定。

     ▽同12日 第3回会議後の12球団代表者会議で、開幕を4月10日以降とすることを発表。

     ▽同23日 第4回会議で4月後半の開幕が望ましいとの助言を受け、12球団代表者会議で4月24日の開幕を目指すことを決定。

     ▽同24日 IOC臨時理事会で東京五輪の延期が正式決定。

     ▽同26日 阪神・藤浪晋太郎投手(25)がPCR検査を受け、NPB球団所属選手初の陽性反応。

     ▽同27日 阪神が藤浪に加え、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)も陽性反応が出たと発表。

     ▽同31日 パ・リーグ6球団がオンライン会議、4月24日の公式戦開幕を断念する意見で一致。

    報知新聞社




    プロ野球は5月下旬開幕になるのであれば、交流戦からスタートすれば良いんじゃない?



    この際、プロ野球もJリーグも「この期間まで延期」というのをやめて無期限で延期、一旦チームを解散させてコロナ禍がピークを過ぎてからいつやるかを考えた方がいいと思う。 今の現状ではとても目標持って練習出来る状況じゃないでしょ。選手が感染したのなら尚更だよ。。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     深刻なハレーションは避けられそうもない。阪神・藤浪晋太郎投手(25)ら3選手が新型コロナウイルス陽性となったことを受け、NPB(日本野球機構)も対応に追われた。27日には都内でセ・リーグ6球団による臨時理事会が開かれ、阪神・谷本修球団本部長は経緯を説明。目指している4月24日の開幕が不透明になりかねない事態となったことで球界内では「セ・パ分離開幕」や「開幕無期限延期」など物々しい提言が飛び交い、混迷を極めている。

     ピリピリとしたムードに包まれた。阪神で藤浪ら3選手が「コロナ陽性」だったことが判明。27日午後から開催されたセの臨時理事会では、阪神の谷本球団本部長が「プロ野球の開幕前の大事なときに感染者を発生させたこと」について謝罪すると、陽性反応が出た3選手についての経緯説明に加え、同理事会では開幕に向けた各球場での入場制限プランや東京五輪の延期による今季日程の再調整などが議題として話し合われたという。

     会議の時間は実に3時間半近くにも及んだが、目指している4月24日の開幕変更等の議論が行われたかどうかについて、セの理事長を務めたDeNA・三原一晃球団代表は「ないです。(延期したほうがいいというような)意見もないです」と否定。あらためて4月3日に開催予定の12球団代表者会議で話し合う方針を示した。

     だがプロ野球界から初めての感染者が出た事実は曲げようもなく、このままで済みそうもない。NPB周辺でも「観客をどうこうするというレベルの話ではない。現場の選手が感染してしまったのだから、他球団を含め安心して試合ができるような環境が整わなくなってしまったということ。しかも最大の問題は一人ではなく一気に複数の選手が罹患してしまった点だ。つまりクラスター(集団感染)が一つの球団から発生したのだから、これは開幕に向けてかなりの致命傷になる。残り1か月を切った4・24開幕に向けて『NPB全体は何の問題もありません』なんて言い切ったら、世間から猛批判を受けるのは間違いない」といった懸念が強まっている。

     同時に「次の12球団代表者会議は紛糾必至だろう」との見方が大勢を占めつつある。球界内からは「セの球団で感染者が出たのだから、パの球団側から『分離開幕案』が提案される可能性もある。4・24開幕を死守できなければ、降雨中止となるゲームのことも計算すると各球団が強く望む143試合の公式戦実施がクリアできなくなる恐れもある。そういう意味でパの6球団は、取りあえず自分たちのリーグだけでも先に強行開催させてほしいと主張してくるかもしれない」との声も出ている。

     それだけではない。パ6球団の間では「パ・リーグ2チームの有力オーナーが新型コロナウイルスの蔓延によって今季のシーズン実施を半ば諦め、来季にまでその影響が及ぶことを覚悟している」との情報が飛び交っている。NPB初となる複数選手の感染者発覚によって、今季開幕の「無期限延期」を覚悟している球団が複数あるということ。実際に「野球界がウイルスに関して『もう大丈夫』というイメージをつくり上げるためには、少なくとも3か月は見込まないといけない。そういう期間のことを考慮すれば、今季の開幕が難しくなるのは当たり前だと思う」と指摘する声もある。

    “コロナショック”の激震に揺れるNPBと、セパ12球団。果たしてこの最大の危機を乗り越えられるか。




    【プロ野球】 今の状況では、開幕どころでは無いかもしれませんね。 今年は、最悪プロ野球中止くらいの心構えで居た方が良いのかも・・・ ーーー 藤浪コロナ陽性の深刻影響 球界から開幕に物々しい提言「セ・パ分離」「無期限延期」案  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000027-tospoweb-base  #Yahooニュースアプリ



    @2016_carp_v7 同感。


    続きを読む

    このページのトップヘ