とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    熊谷敬宥

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    2死なのに、単打が出ただけなのに、また一気に「逆転の虎」ムードが高まった。相手からすれば、たまったモノではなかっただろう。

    15日の敵地ヤクルト戦。阪神は0-1で迎えた8回表2死、3番糸原健斗が中前打を放つと、すかさず代走に植田海を送った。バッテリーから明らかに警戒される中、4番ジェフリー・マルテの2球目、十分な余裕を持って二盗に成功。完封ペースだった小川泰弘の2四球を誘い、最終的に得点にはつながらなかったものの、2死満塁の好機を呼び込んだ。

    今季の虎は特長に磨きをかけている。試合終盤にジワジワとかける「足の重圧」だ。ドラフト6位ルーキー中野拓夢は1度しか盗塁に失敗しておらず、22盗塁はセ・リーグ最多。近本光司も同2位の21盗塁で3年連続タイトルの射程圏内にいる。この2人の貢献度は今更説明するまでもないが、三つどもえの首位争いが激化している今秋、スペシャリストの一挙手一投足からも目が離せずにいる。

    今季、ここまで5盗塁以上を記録していて30打席に満たない選手は現状、リーグで6人だけ。うち4人が阪神勢で、その成功率が驚異的なのだ。植田は企盗数9で成功8。熊谷敬宥は企盗数8で成功7。島田海吏は企盗数5すべてに成功。江越大賀も企盗塁数6で成功5だ。ちなみに残りの2人である巨人増田大輝、広島曽根海成はともに企盗数10で成功7となっている。

    現在、江越は2軍調整中。それでも植田、熊谷、島田の3人で盗塁成功率9割0分9厘を誇る。失敗が許されない場面で、あからさまに警戒された場面で、この数字は特筆に値する。準備、勇気、スキルのすべてが備わった俊足が3人もベンチに控えているのだ。試合終盤、相手バッテリーが1人の走者も出したくないと窮屈になるのは、必然の流れといえる。

    思い返せば、大山悠輔の逆転サヨナラ2ランが飛び出した9月4日巨人戦の直後、矢野燿大監督は陰の立役者もたたえていた。「あそこで海が相手にプレッシャーをかけられたことは無関係じゃない」。1点を追う9回裏無死一塁、代走植田の重圧が大山の劇的アーチをアシストした、という意味合いだった。

    塁上に立つだけ得点ムードを作り出せる。希少な能力を持ったスペシャリストたちの存在が、1点に笑い1点に泣く頻度が高まる秋、ますます効いてきそうな気配が漂う。【佐井陽介】



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は10日、佐藤輝明内野手(22)、藤浪晋太郎投手(27)の出場選手登録を抹消した。

     佐藤輝は9日のヤクルト戦で3試合ぶりに途中出場するも、2打数2三振に倒れ、自己ワーストの35打席連続無安打。球団日本人選手最多となるシーズン151三振を記録するなど打撃不振が続いており、試合後に今後の起用法を問われた矢野監督は「今から考えようかなと思います」と言葉を濁していた。

     プロ初となる2軍降格となったが、2軍ではあす11日から甲子園球場でウエスタン・広島2連戦が予定されている。やり慣れた球場でできるだけ打席に立ち、復活へのきっかけをつかみたい。

     藤浪は前夜、2番手で登板して5回を3者凡退も、6回に制球を乱し3四球を与えて1死満塁で降板していた。

     代わってこの日1軍に合流した斎藤友貴哉投手(26)と熊谷敬宥内野手(25)を出場選手登録した。




    佐藤輝が場外弾を打って、今季初勝利の藤浪晋太郎がドン引きした日😁また見たいやん。 pic.twitter.com/Xb3YsJmOBe



    藤浪と佐藤輝に代えて齋藤と熊谷ってスケールダウン感エグいな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神は30日、ラウル・アルカンタラ投手、山本泰寛内野手、熊谷敬宥内野手の出場選手登録を抹消した。山本、熊谷は1軍では主に守備固め、代走として起用され、アルカンタラはブルペンで勝ちパターンの一員を担っていた。

     チームは29日の広島戦まで外国人枠の登録上限5を満たして戦ってきたが、アルカンタラの抹消で枠は1つ空いた。2軍では一時帰国して調整過程だったマルテが昇格の準備を整えている。




    アルカンタラ抹消はマルテ昇格のため妥当 藤浪が今週一回上がってくると思うけどそれで目処が立たないなら先発で再調整して欲しいかなぁ あと二保は中継ぎで活躍して欲しい 先発じゃ無理 山本と熊谷抹消はよく分からないけど小幡か江越が上がるのかな?



    アルカンタラ抹消ってことは、明日マルテ登録かな? そうなると、一塁マルテ左翼右翼片方サンズ片方ロハスかな?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 (2)


     「阪神3-7オリックス」(3日、甲子園球場)

     快音が甲子園に響いた瞬間、マウンド上で阪神・岩崎は思わず膝に両手をついてうなだれた。同点の八回1死一塁だ。甘く入った直球を紅林に完璧に捉えられる決勝2ランを被弾。今季初の3日連続登板となった“八回の男”が、またつかまった。

     岩崎は5月25日のロッテ戦でマーティンに2ランを浴びてから、交流戦に入って5試合の登板で計8失点。「スグル(岩崎)だってこれだけ投げているんだから疲れはもちろんあると思う。それが影響していないとは言えない」と矢野監督も今季27試合目の登板となった岩崎をかばう。

     さらに「状態を上げるのと、こちらの使い方というのは考えていく必要がある。一応(中継ぎ陣は)9人いるんで。明日試合があるようなら、また考えていく」と休養日を設ける可能性を示唆した。

     八回の痛恨の一発は、七回裏の拙攻で流れがオリックスにいってしまったからなのかもしれない。先頭の中野が右前打で出塁。無死一塁となったところで、アルカンタラの代打として熊谷を起用したが、バントが捕邪飛となって送れず。絶好の好機を逃す形になってしまった。

     前日2日には北條と梅野が、5月29日と1日には中野が…。送るべき人が与えられた役割を果たせず、試合を重くさせている。このあたりも今季最多となる貯金17への7度目の挑戦に失敗し、一進一退が続く一因となっている。

     「特に最近はかみ合っていない部分が出てしまっている。打者が打ってくれるとチーム状態が上がっていくんかなと思うし、打者の奮起を待ちたい」。指揮官は打ち勝つ野球での現状打破を期待した。



    ミスから形成逆転。悪い流れとなってしまいました。 阪神 岩崎また失点…七回、熊谷送れず流れ失う… 貯金「17」7度目の失敗/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/04/0014385423.shtml  @Daily_Onlineより



    岩崎また失点…七回、熊谷送れず流れ失う… 貯金「17」7度目の失敗 (阪神Vデイリー)  https://news.line.me/issue/oa-vdaily/15oxd558k1pq?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none  深刻な声も聞こえるが、勝ち負け交互なんだから貯金は半月間減って居ない。こんな最悪に近いチーム状況でも連敗してないんだからチーム自体の力はついてるって事ではないか?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     最近の試合で活躍した選手を深掘りする新企画(不定期掲載)。第3回は、首位を独走する阪神にあって、走塁で抜群の存在感を放つ熊谷敬宥内野手(25)が登場する。緊迫した場面で代走として起用される背番号4。塁上での心構え、覚悟を語った。

      ◇  ◇

     阪神でいま「代走の切り札」といえば熊谷といっても過言ではない。今季、盗塁成功率は5企図で100%。まだ一度も失敗がない。さらに盗塁を決めた5度とも全て本塁に生還。「ただ、目の前のことを必死でやっているだけです」と謙遜するが、間違いなく、チームの快進撃を支える1つのピースとなっている。

     序章は11日の中日戦(甲子園)。1点を追う七回2死から代打・原口が内野安打で出塁した。ここで矢野監督は代走・熊谷を送り出す。中日側も祖父江から左腕・福に代えた。

     一度もけん制を挟まずに投じられた初球で、迷わずスタートを切って二盗に成功。その後、糸原の右前打で二塁から一気に本塁へ。外野陣は前進守備を敷いていたが、華麗なヘッドスライディングで同点の本塁を陥れた。

     13日の同戦でもチームを救った。0-1の七回。2死から代打・原口が四球で出塁すると、代走で出番を迎えた熊谷は近本の打席の初球でスタートし、二盗を成功させた。直後に近本が鋭いライナーで二遊間を破る中前打。一気に三塁を蹴り同点のホームに生還だ。

     「2戦続けて走れなくて。そこでいけなかった悔しさがあった。いけない悔しさよりも、いってアウトの方がチャレンジしている。ただ(塁に)居るだけだと何の価値も生まれないと思う。覚悟というよりは常に腹をくくっています」

     “神走塁”につながる、強い思いが芽生えたきっかけがあった。4月28、29日の中日戦(バンテリン)。2試合続けて代走で起用されたが、一度もスタートを切れず得点にも絡めなかった。求められているのは足で突破口を切り開くこと。1つでも次の塁を攻める覚悟を決めた。

     盗塁の際に心がけることは1つ。「スタートだけを意識して。スタートがよければ、あとはいい勝負ができると思っているので。1、2歩目はすごく意識しています」。多くを考えず、自分の足を信じてスタートだけに重点を置くことが好循環を生んでいる。

     「踏み足がどっちの方が速くベースを回れるのかというのは考えながら、練習していますし。何かつながるんじゃないかと思うので、走塁が上手い選手の動画なども見たりもしています」

     走塁に磨きをかけるため、日々の研究は欠かさない。参考にするのは日本ハム・西川の走塁。大学時代から動画を見ており、今でも三塁打を打ったシーンなどに目をこらす。

     今年でプロ4年目。入団1年目は、矢野監督の2軍監督1年目でもあった。その2018年、阪神2軍はウエスタンの盗塁記録163盗塁をマークし、熊谷は23盗塁で貢献。その時から積極的な走塁の意識を植えつけられた。「積極的にというのは常に持っています」。今でもその姿勢は継続されている。

     今キャンプは2軍スタート。「(2軍で)キャンプをやっていたときは悔しい思いでやっていたので。1軍で試合に出たら悔しさを晴らすというか。ファームのキャンプでやってきたことを出すだけです」と熊谷。探求心に技術が加わり、今なお成長を続けている。




    かっこいいなぁ😍💗 さわやか、イケメン、めっちゃ走れる💨ほんで、 常に腹をくくってる ってどんなけかっこいいん😳💗 阪神・熊谷「常に腹をくくってる」 中日戦で神走塁“代走の切り札”急成長の裏側  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/05/18/0014335901.shtml  @Daily_Onlineより #阪神タイガース #熊谷敬宥 #盗塁



    熊谷選手の胸のすくような、盗塁、本塁生還をまた観たいですね🐯☺️😊 阪神・熊谷「常に腹をくくってる」 中日戦で神走塁“代走の切り札”急成長の裏側(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/cda2b8b535476d5f871e0bd7db930098a0df3ab5 




    続きを読む

    このページのトップヘ