1


 新型コロナウイルスの感染拡大でセ、パ両リーグ公式戦開幕が延期されたことにより、調整のために組まれた無観客の練習試合の日程が18日までに各球団から発表された。開幕予定だった3月20日から4月5日までの計74試合で、12試合が組まれた阪神・矢野燿大監督(51)は、途中交代した選手の再出場など工夫して調整を行う意向を示した。

 開幕の日は未定のまま。ただ、そこにつながる道のりはみえた。練習試合の日程が発表され、矢野監督はさっそく調整のプランを思案した。

 「DH制とか、出た(交代した)選手をもう1回使えるとか。いろんな選手の(いい)状態を作っておきたいというのもあるんで、九回裏をやるとかね」

 阪神は、20日のヤクルト3連戦(神宮)から4月5日までに12試合を行うことが決まった。注目すべきは、試合の実施方法だ。当該球団同士の協議で決定。シーズンに向けた調整を目的とする上で、ルールの“自由化”は利点が多い。

 後攻がリードする状況での九回裏の実施、DHの有無や使い方も協議の対象だ。本来はDHの選手が守備についた時点で投手も打席に立たなければならないが、DHの継続も可能になる。そして、虎将の斬新な意見は途中交代した選手の再出場。「そこらへんは、お互いの申し合わせで」。起用の幅が広がることは確実だ。

 「お互いの球団で了承して『やろうか』っていうところになっていくと思う。やはり、開幕にどれだけいい状態を作れるかということが今、やれることなんで」

 ヤクルト戦の後は24日からDeNAと2試合(横浜)。27日から広島3連戦(京セラ)、31日から巨人と2試合(東京ドーム)、4月4日から中日との2連戦(ナゴヤドーム)と歩む。確定していない先発ローテーションをはじめとした戦力の見極めが続く状況で、数週間の過ごし方はペナントレースを大きく左右する。コンディショニングはもちろん、“発想力”も腕の見せどころだ。




ボーア四球→代走海くん→代打ボーア→ボーアツーベース→代走海くん→代打ボーア→ボーアツーベース→代走海くん→代打ボーア→ 阪神・矢野監督、途中交代選手再出場OKプラン提案!対戦球団同士で「特別ルール」決定 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200319/tig20031905030013-n1.html  @sanspocomさんから



阪神・矢野監督、途中交代選手再出場OKプラン提案!対戦球団同士で「特別ルール」決定 #SmartNews この期間の練習試合はオープン戦みたくジンクス絡みの順位とか気にせんでええから、それくらい自由にやってみるのはええことよね。  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200319/tig20031905030013-n1.html 


続きを読む