とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    独立リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     野球の「さわかみ関西独立リーグ」に加盟し、和歌山県田辺市を本拠地とする「和歌山ファイティングバーズ」は23日、市出身で元プロ野球選手の浜中治氏(43)がゼネラルマネジャー(GM)に就任したと発表した。契約は10月末まで。

     浜中氏は県立南部高から1996年のドラフト3位で阪神に入団。オリックス、ヤクルトを含めて15年間プレーし、阪神では2度のリーグ優勝を経験した。2015~19年には阪神打撃コーチを務め、現在はプロ野球解説者。

     田辺市内で会見した浜中氏は、4月の就任要請まで球団の存在を知らなかったとしながらも、「熱意を感じた。球団を存続させて市に貢献したいと思った」と就任理由を語った。活動については企業訪問を通じたスポンサー獲得を主に、子供向けイベントの参加や選手への指導などを行う考えを示した。

     チームについて「全力疾走など当たり前のことが少しできていない。初心に戻ってほしいと選手には伝えた」と言い、「地元から愛される球団にしたい。選手の日本野球機構(NPB)入りに力を貸したいし、子供たちへの野球の普及にも取り組みたい」と抱負を述べた。【竹内之浩】




    濱中治氏 和歌山ファイティングバーズGM就任! 田辺市出身! pic.twitter.com/33fzYUksCk


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「西岡流」全開の開幕戦だ。雨天で開幕が1日延びたプロ野球独立リーグのヤマエ久野九州アジアリーグは20日、北九州市民球場で開幕した。実業家の堀江貴文氏が設立し、今季から新規参入した福岡北九州フェニックスは火の国サラマンダーズに2―7で敗れたが、「スキッパー」こと西岡剛兼任監督(37)はエンジョイベースボールを示した。

     初回、「1番・DH」で出場した西岡兼任監督はクラブミュージックで登場した。リズムに乗って攻撃することが狙いで、「独立リーグを経験して、太鼓の音がしんどくなる時がある。DJを回して、音楽で新しいものをつくった方が面白い」と発案。1200人以上のファンが駆けつけた球場で、北九州の攻撃中は爆音が流れ続けた。

     「選手もテンションが上がっていた」と新たな挑戦に手応えをつかんだが、近隣住民からは苦情が入ったという。「警察の方に苦情が入ったみたい。これが一番の心配」と7回からは音量を下げ、調整。北九州市民球場の周りはマンションが建ち並ぶ立地だけに、今後、球団と話し合っていく。

     この日は選手兼任で2打数無安打、1四球に終わった。それでも、初打席ではスタンドに向かって深々と頭を下げ、「“今年1年よろしくお願いします”という思いを込めて。他の選手も一人一人がやってくれた姿は初々しく思う」。ファンを大切にする気持ちは伝わったはずだ。

     三振しても、打たれても笑顔でナインを出迎えた。相手の好プレーにも全力で拍手。野球を楽しむ姿を体現し、「楽しまないと体は動かない。ここは失敗する場所。小さいプレーになると魅力がなくなってしまう。失敗しないと成長はしない。僕は失敗ではなく、経験だと思っている。ここにいる選手を成長させることしか考えていない」と未来のNPB選手育成に尽力している。

     初戦は白星で飾れなかったが、挑戦を続けた。「打席に入りながら、チームも考えないといけないので難しい。でも、僕にとってはチャレンジ。紙一重の試合だし、選手に“もっとこうしてくれ”はない」。西岡兼任監督の笑顔は野球少年のようにまぶしかった。




    思った以上にクラブだった #西岡剛 #北九州フェニックス ホリエモン球団開幕戦 北九州フェニックス西岡兼任監督クラブミュージック攻撃も近隣住民から苦情(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/bd934581a751da5b5a5192957766b75a08a677b3  https://t.co/OfkE9BeMW6



    @NHKnosyukinnin 今、北九州に居てるのね 野球が凄く好きなんやろうな 阪神時代の7番やし、めちゃくちゃ懐かしいし、もぅ~プロ野球の世界には無理かも知れないけどプロ野球に復帰できるまで楽しく頑張って欲しいよね



    @NHKnosyukinnin ライブドアは残念だった


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     独立リーグ・北海道フロンティアリーグ(HFL)の石狩レッドフェニックスは17日、初代監督に坪井智哉氏(47)が就任したと発表した。同日、石狩市内にて就任会見が行われた。

     坪井氏は、PL学園高から青山学院大、社会人の東芝を経て、1997年ドラフト4位で阪神に入団。02年オフには日本ハムにトレード移籍し、2011年にオリックスでNPB最終年を過ごした。その後は米国の独立リーグでもプレー。現役引退後は15年からDeNAで一軍打撃コーチを務め、昨季末、DeNAからの退団が発表されていた。

     現役時代には、今季より日本ハム監督に就任した新庄BIGBOSS(ビッグボス)とも同時期に北海道を拠点にプレーした坪井新監督。リーグは違えど、互いに盛り上げ合い、北の大地に新しい風を吹き込んでいく。




    坪井智哉さん次の所属決まったようで



    坪井さん監督やるんや😳😳


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    「世界一の二遊間」がバッテリーに 西岡、川崎が伝えたかったこと
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8c0081c4adc4d0e095ccbb585ff79d2a3f0a8882


    西岡剛 & 川﨑宗則、世界一の二遊間がバッテリーを結成。三者凡退に抑える https://t.co/YSuBIUw8Y4



    状況理解するのに時間がかかった笑  https://twitter.com/aka5en/status/1424307784057724930 






    普通に良いピッチャーやん。 ムネリンのリードもプロスピ的な感じでめっちゃ好きやわ😂  https://twitter.com/aka5en/status/1424307784057724930 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/04/09(金) 09:04:53.83 ID:uAyhISa+0
     阪神を戦力外となり、今季から四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツでプレーする伊藤隼太コーチ兼任外野手。3月24日の練習試合では今年初の本塁打を放ち、2011年に阪神ドラフト1位を勝ち取った長打力健在を披露した。しかし、スタメン出場を果たした3月27日のリーグ開幕戦で右肩を負傷。前途多難なNPB復帰への挑戦にファンの注目が集まっている。

     
     伊藤は開幕戦に「3番レフト」でフル出場。しかし、試合後の伊藤の右肩には大きなアイシングが施されていた。翌日、自身のSNSで右肩関節脱臼および関節唇損傷で当面の間欠場することを報告した。開幕戦の9回、牽制で一塁へ帰塁する際に痛めた。前途多難なスタートダッシュに精神的に落ち込んだが、すでに気持ちを切り替えて前向きに治療に取り組んでいる。

     同箇所は3度目の故障で、骨に欠損や変形がみられるとのこと。完治を目指すには手術しか方法がなく、そうすれば、試合に出るまでに1年を要する。今年32歳の伊藤は、手術ではなく保存療法とリハビリによる早期復帰の道を選んだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/73106ec5493105c5c5e8e5bb673e7773665e53c2

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/04/09(金) 09:06:16.99 ID:2TI/yHR/0
    どこなら活躍できるんや…

    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1617926693/

    続きを読む

    このページのトップヘ