とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    猛打賞

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <広島10-3阪神>◇6日◇マツダスタジアム

    左足薬指を骨折しながら出場を続ける阪神梅野隆太郎捕手が、ド根性の3安打を放った。3回無死一塁、床田の直球をとらえて、チーム初安打となる左前打を放った。5回無死一塁では得点機を広げる内野安打を放ち、7回にも左前打と3打数3安打。

    「次の試合に生きてくる部分はあると思うので、自分のやるべきことに関しては結果が出てよかったかなと思います」。チーム7安打中、約半分の安打を放って奮闘した。

    2日の巨人戦(東京ドーム)の走塁で負傷し、1試合チームを離れたが5日に再合流。この日は7回守備から途中交代したが、痛みをこらえて連日気持ちのこもったプレーを見せている。試合は投手陣が4本塁打を浴び、10失点で完敗した。「また明日の試合があるので、1勝1敗で来ているので、なんとか勝ち越せるように」。週明け9日からはいよいよ甲子園で6連戦(対DeNA、中日)を戦える。白星をつかんでホームに帰りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-04060986-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「オープン戦、中日-阪神」(12日、ナゴヤドーム)

     ここまで7試合を戦い、6敗1分けとオープン戦未勝利の阪神だが、絶好調のルーキー・木浪が大暴れした。

     無死二塁の場面で迎えた初回の第1打席は二塁への内野安打でチャンスを広げた。続く五回の第2打席も無死一塁から、一塁への強襲安打をマーク。

     さらに思い切りの良さを見せたのが、六回の第3打席だ。一死二、三塁のチャンスで打席を迎えると、カウント3-0の場面ながら4球目のストレートを振り抜く。打球を右前に運び、2点適時打。ノースリーのカウントから打ちにいき、結果を出すのだから新人とは思えないほどの勝負強さだ。

     この日は1軍に昇格したばかりの高山も2打席連続の適時打でアピールした。まずは二回。先頭の福留がセンター無死一、三塁のチャンスで打席に入り、初球を右前に運び先制点をたたき出した。

     次は四回の第2打席だ。福留、木浪の連打で無死一、二塁の場面。2球目のストレートをはじき返し、今度はセンターフェンス直撃の適時二塁打を放った。

     ゲームは五回終了時点で阪神が10安打を放ち、1-4でリード。オープン戦初勝利なるかが注目される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000106-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/08(日) 17:33:51.53 ID:TIDz6XRp0.n
    h58



    <阪神1-5ヤクルト>◇8日◇甲子園

    阪神北條史也内野手(21)がプロ初の猛打賞をマークした。

    【写真】甲子園上空から魚降った!バレ「すごいニオイ」困惑

    2回2死一塁でヤクルト先発原樹のスライダーをとらえ、左前に運んだ。コンパクトな打撃は安定し、7回にも1死一塁で再び左前へ。得点に絡む安打になった。そして、9回はオンドルセクの内角直球を引っ張って左翼線にライナーで二塁打を放った。

    前日7日の同カードでも、きっちりした形で中前に運んでいた。「昨日のセンター前や今日の最後もしっかり振ったヒットだった。これはいいこと。続けられるように頑張ります」。4月3日DeNA戦(横浜)でプロ初安打&初本塁打を記録していた。1軍戦士として、すっかりなじんできた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160508-00000172-nksports-base




    江越を超えてしまった


    引用元: ・http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/livejupiter/1462696431/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1:2016/04/05(火)20:56:14 ID:

     

     

     

     「巨人2-8阪神」(5日、東京ドーム)

     今季初の伝統の一戦は、阪神が効果的に得点を重ねて快勝し、3連勝で首位の巨人に0・5ゲーム差に迫った。

     阪神は一回、福留の適時打で先制。三回、横田の適時内野安打などで3点を追加した。六回はドラフト1位・高山(明大)の2点適時打などで4点を奪った。先発の藤浪は8回6安打2失点、12奪三振で今季2勝目。九回は榎田が無失点で締めた。

     高山は六回の2点適時打に加え、初回に左前打、三回に右前打、九回に遊撃内野安打を放ち、今季2度目4安打の活躍。ヒーローインタビューでは「うれしいことですけど、こういう日もあれば打てない日もあると思うので、次の日を、あしたを大事にやりたいなと思います」と浮かれることなく話した。

     金本監督は「最後まで気は抜けなかったですけど、カードの初戦というのもあったし、去年5敗しているピッチャー(巨人・ポレダ)に勝ったのが一番大きい」と、納得の表情。高山については「新人ですかね?落ち着きというか状況判断、すばらしいですね」と絶賛した。

     巨人は先発のポレダが6回を8安打8失点と打ち込まれた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160405-00000097-dal-base

    こいつヤバすぎやろ…
    ちなC



    2: :2016/04/05(火)20:56:40 ID:
    大卒なら別に普通だから

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:2016/04/05(火)19:44:35 ID:
     
    天国の真中も喜んでるやろなぁ


    4:2016/04/05(火)19:45:28 ID:
    「こりゃ、ええの引いたわ。」
    真中は大喜びでテーブルに帰ってきました。
         _        
        / Ysヽ_
        彡-(・)(・)
        彡  ω っ□
       (つ  77 /
        |   (⌒)
        し⌒
    続きを読む

    このページのトップヘ