とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    現役引退

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神、西武で通算237試合に登板し29勝25敗、60ホールド3セーブ、防御率4.16

     西武は24日、昨季に自由契約となっていた榎田大樹氏が球団本部ファーム・育成グループバイオメカニクス(1軍グループ兼務)兼企画室アライアンス戦略に就任することを発表した。

     榎田は2010年ドラフト1位で阪神に入団。ルーキーイヤーの2011年に62試合に登板するなどリリーフ陣の一角として活躍。2018年3月に西武にトレード移籍すると同年に11勝を挙げ復活。昨季は1軍登板がなくオフに戦力外通告を受け他球団でのプレーを希望していた。NPB通算は237試合に登板し29勝25敗、60ホールド3セーブ、防御率4.16。

     榎田は球団を通じ「現役時代からデータなどの数値には興味があり、意識して取り組んでいました。今回このような職に就いたので、感覚的なところに加えて動作解析した結果を、各選手の特徴にあわせて伝えていければと思います。チームの勝利に貢献できるよう頑張ります」とコメントを発表した。

    Full-Count編集部




    西武・榎田大樹が現役引退 球団育成グループに就任「チームの勝利に貢献できるよう」(Full-Count) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/4b1c738e2293dfa73fcf8b410efb93834cf97e1a  頑張ってくれ



    西武が榎田大樹の“裏方”転身を発表「動作解析した結果を選手たちに」 | BASEBALL KING 良かった〜。榎田頑張れ!!  https://baseballking.jp/ns/310189 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・糸井に密着したドキュメンタリー番組「阪神・糸井嘉男 40歳の覚悟~超人の知られざる姿~」(カンテレ、関西ローカル)が14日深夜、放送。番組内で、糸井が2年前のシーズン中に現役引退を覚悟していたことを明かした。

     「昨年(2020年)、膝を悪くして、1年中治らなかった。辞めよう、じゃないけど、もう野球できないのかな、と思ったし、引退を真剣に考えた年だった」

     番組は、昨春キャンプでの激白からスタート。ベンチスタートで迎えた開幕戦(3月26日)、今季初スタメンで1号を放ったDeNA戦(5月7日)など、オフショットを交えながら、苦闘の続いた2021年シーズンを振り返った。

     ラストでは、糸原、佐藤輝との「忘年会」の様子も公開。糸原から「40歳になって、何を目指してるんですか?」と問われ、「優勝やろ、阪神で」と力強く返すシーンもあった。

     「(40歳は)アスリートとしては晩年じゃないですか。そういう戦いもあるし、いろいろ楽しいかな、と思う。今季の目標?言うまでもないやん。日本一」

     77試合に出場し、打率・208、3本塁打、18打点に終わった2021年シーズン。個人の数字より、超人は勝つことに飢えていた。




    もっと糸井さん使えやって呟いてたけどそこまで酷いケガだったなんて知りませんでした💧 個人的に糸井さんのライトの守備ももっと見たいんですが… 阪神・糸井 2年前に現役引退を覚悟していた 14日放送の密着番組で過去、現在、未来を語る― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/01/15/kiji/20220115s00001173324000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神を今季限りで退団した伊藤和雄投手(32)が現役を引退し、来季のアカデミーコーチに就任することが22日、分かった。

    伊藤和は2012年にドラフト4位で東京国際大から初のプロ指名を受けた。けがに泣かされて育成契約も経験し、14年に再び支配下登録を勝ち取ると、20年にプロ初勝利。「10年間、本当にお世話になった。違う形でいい話をいただいたので、本当に感謝の気持ち」と話した。

    19年4月に腰椎椎間板摘出術を受け、「一番へこみました」と振り返るが、「矢野監督から『はい上がろう。上だけをみて頑張れ』と。その言葉で頑張れた」と感謝。子供たちへの野球振興のために設立されたタイガースアカデミーでの指導に生かす予定だ。

    また、ヤクルトで現役引退を表明した元阪神の歳内宏明投手(28)も来季から同コーチに就任することが決まり、「また戻ってこいと言っていただいたので、そこには本当に感謝してます」とコメントした。




    伊藤和雄が引退し、阪神アカデミーのコーチ就任か。歳内とともに イトカズなあ。毎年期待してたんだけどなあ 上の編成等のかねあいでなかなか昇格できず たまに好調であがっても、連投して、 疲労で調子を落として降格。そしていつの間にか怪我 って印象だわ あのオープン戦での快投は忘れられん



    受け皿を用意して、選手のその後をちゃんと見てあげることで、阪神を希望する選手が増える。 阪神・伊藤和が引退 アカデミーコーチ就任 元トラ・歳内も(サンケイスポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/4f1205f6fc85a183f329dd912eba87e1af137791 



    #デイリースポーツ おはようございます❗️ 今日のデイリー❗️ こんなデイリー見た事ないぞ❗️ めくっても、めくっても、 競馬、競馬、競馬、競馬❗️ 伊藤和雄が、タイガースアカデミーの講師になったらしいが、 それくらいしかないじゃん❗️ 今日は中止です❗️ https://t.co/P1JCoRWwot


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神を戦力外となった荒木郁也内野手(33)が20日、現役引退を決断した。8日のトライアウトを最後のプレー機会として両親、妻が観戦。「もう自分がプレーすることはありません。やり切ったという思いが強いです」と11年間のプロ生活に区切りをつけた。

     トライアウト当日、メットライフドームで迎えた最後の打席。マウンドで向き合ったのは、ただの相手ではなかった。「ちょっと感極まってしまいましたね…」。ドラフト同期入団で可愛がってもらっていたタイガース時代の先輩・榎田との対戦だった。「ご飯とかしょっちゅう行ってましたしね」。10年ドラフトは育成含め8人のうち6人が高卒組で大卒、社会人出身は榎田と荒木だけだった。左腕は西武へトレード移籍したが、行動をともにすることも多かった2人が、キャリアの終盤で再び巡り会った。

     2球目のストレートを振り抜いた打球は左中間を切り裂く。到達した二塁上でマウンドを見ると、榎田が“ナイスバッティング”とグラブを掲げた。「エノキさんが手を上げたんです。それを見て“これはやばい”と思ってスルーしたんですけど…。やめてくださいよって」。クールな男の胸は震えていた。

     スタンドでは父・達也さん、母・正枝さん、妻が見守っていた。この3人のために響かせた快音でもあった。「(トライアウトを受けた理由は)両親に見せたい気持ちがほとんどです。見たかっただろうし」。翌日、東京の実家で食事をしている時、母が「これが最後の打席か…」とスタンドで目を潤ませながらつぶやいた父のことを教えてくれた。コロナ禍で2年間、球場での観戦がかなわなかった家族に集大成を目にしてもらうために、走攻守で力を出し切った。

     2安打1盗塁。「その時は“まだできるじゃん”と思ってやってましたけど」と現役続行への未練もわき上がったが、すぐに消えた。翌朝、目を覚ました時に引退を決めた。「戦力外通告を受けた時も、トライアウトを受けた後も“やり切った”という気持ちは変わらなかったんです。どういう気持ちになるのかなと思って、確かめる意味でもトライアウトを受けたんですけど。1日たっても変わらなかったですね」

     レギュラー期間は一度もなくても、代走など強みを磨いて11年間、プロで戦ってきた。「入った時は全ポジション、レギュラーが埋まっていて。2年でクビになると思っていました。それでも、コツコツやってきたつもり。11年間プレーできたのは、その時々でいろんな人が見てくれていたおかげかなと思います」。今後は未定ながら、現在はセカンドキャリアをサポートする団体の助言を受けながら就職先を探している。「不安もありますけど、これから何をするるんだろうと、今は楽しみな気持ちもあるんですよね」。悔いなくユニホームを脱いだ33歳は、まっさらな気持ちで第二の人生へ踏み出す。(遠藤 礼)



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、ロッテで活躍し、今季限りで現役引退した鳥谷敬さん(40)が12日、テレビ朝日系の情報番組「サンデーLive!」で同局のヒロド歩美アナ(30)のインタビューを受けた模様が放送された。

     思い出の地・甲子園球場のスタンドに座った鳥谷さんは、自由獲得枠で阪神入団した直後のキャンプ、実績のない自身に想像以上の注目が注がれたことを回想。そこであえて淡々と、チームの勝利のためのプレーに徹していたスタイルの確立を決めたという。

     「報道陣が常に5人から10人いた。普段の自分と違うものを演じた方が今後楽なんじゃないかなって。もともとはめちゃくちゃ怠け者なので、わざと誰よりも早く来て『早く来る』という印象を付けたり…」

     一方で、ロッテ移籍後はベテランの立場で試合出場が限られたことから阪神時代のいわば鉄仮面から、喜怒哀楽を出して元気よくプレーすることにシフトチェンジした。 「元気出してグラウンドを走っている姿を若い選手が見た時に『力になれるんじゃないかな』と」。現役引退し、改めて阪神時代、ロッテ時代での“2つの顔”を演じきった鳥谷。最後に「本当の自分がどちらなのか分からなくなりました」と笑った。



    続きを読む

    このページのトップヘ