1


 13日の格闘技イベント「RIZIN.28」(東京ドーム)で、クレベル・コイケ(31=ブラジル)に三角絞めで無念の一本負けを喫した〝最強兄弟の兄〟朝倉未来(28)が一夜明けて自身のインスタグラムを更新し、現役続行に意欲を見せた。

 試合直後、今後について引退も示唆していたが「昨日は応援ありがとうございました。結果はついてこなかったけど、努力はしてきたので試合をした事に対する悔いはないです それと、沢山の人が応援してくれているということを改めて実感しました 少し休んで、また頑張ろうかな 朝倉未来は最強でないといけない」と、現役続行、そして改めて〝最強〟への意欲を見せた。

 13日の試合後は「引退も含めて考える。今日ここで負けて、この先、格闘技をやっていく意味があるのかどうか。自分に落胆しているし、トップを目指せないんだったらやる意味がない」と失意の言葉。格闘技界はもちろん、野球界からも元阪神の守護神・藤川球児氏が自身のツイッターで「朝倉未来選手の公式会見を見て思う 自分もクローザーしててピンチの時 いつもこれで打たれたら辞めようと 頭をよぎる よぎっては何とか耐える また結果で示す 打たれた後は心の着地点を探す いつのまにか応援してくれてる人達の 為に頑張りたいと思うようになった 彼は夢を与えてると思う」とコメントするなどジャンルの垣根を超えて波紋を呼んでいた。

東京スポーツ




朝倉未来選手の公式会見を見て思う 自分もクローザーしててピンチの時 いつもこれで打たれたら辞めようと 頭をよぎる よぎっては何とか耐える また結果で示す 打たれた後は心の着地点を探す いつのまにか応援してくれてる人達の 為に頑張りたいと思うようになった 彼は夢を与えてると思う #kyuji22



@kyuji22fujikawa このツイートを見て甲子園でソトに打たれた時の球児さんの表情を思い出しました。ずっと応援してきたけどあんな表情とうつむいた球児さん見たことなかったから。トップで闘ってる人にしか分からない感情なんですね



@kyuji22fujikawa そんな球児さんに励まされたのは我々です 本当に素晴らしい夢を見させて頂いた 朝倉選手もお疲れ様でした


続きを読む