とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    球団OB

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    01-1


     プロ野球中日、阪神などでプレーした元楽天監督の田尾安志氏(70)が2024年6月30日にユーチューブを更新し、阪神・岡田彰布監督(66)の発言に苦言を呈した。

     阪神は2024年6月30日、神宮球場でヤクルトと対戦し5-6の逆転負けを喫した。

    ■「監督としてもし、一言いうのであれば...」

     4回に2点を先制した阪神は、その後3点を追加しリードを広げた。ところが4点リードの8回にリリーフ陣が崩れ、5点を失い逆転を許した。9回は無死からランナーを出すも得点できなかった。

     田尾氏が注目したのは、9回の攻撃に関する岡田監督の試合後の発言だ。

     1点ビハインドで迎えた9回。先頭の森下翔太外野手(23)がレフト前ヒットで出塁するも、4番・大山悠輔内野手(29)がダブルプレーに倒れた。

     2死走者なしから前川右京外野手(21)が四球を選び出塁し、植田海内野手(28)が代走に起用された。続く佐藤輝明内野手(25)がレフトフェンス直撃のヒットを放つと、3塁コーチャーの藤本敦士コーチ(46)が腕を回し、1塁走者の植田がホームに突入した。

     結果、植田はホームでタッチアウトとなり試合終了。チャンスを生かせなかった阪神が逆転負けを喫した。

     スポーツ紙の報道によると、岡田監督は9回の場面を振り返り、「1点負けてるんやで。信じられへんわ」とし、何でも行けじゃないやろ」と藤本コーチの判断に怒りをにじませたという。

     田尾氏は、このような岡田監督の発言に対して「ここを責めてはいけないところではないのかなと思った」と指摘し、次のように持論を展開した。

    「監督としてもし、一言いうのであれば、『今まで頑張ってくれたリリーフ陣が今日はやられたと。特に桐敷(拓馬)、漆原(大晟)という今までしっかり投げてくれたリリーフピッチャー2人が、無駄なフォアボールを出してしまった後にヒットを打たれた。ここは反省するべきところではないか』というようなコメントを言ってくれれば、そうだよなと思ってすんなり聞いていた」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/938beb4ba5c8c6e11ecd590fe54a4376c87e251d

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2024/07/01 (月) 11:04:21.439 ID:XnxTk5BOTK
    監督の機嫌次第でなんでもかんでも外部に漏らすのは良くない。言いたいことはベンチ内部で直接伝え、外部に対しては煙に巻いたり最小限漏らすだけでもよい。マスコミはもちろん外部だし、実はファンも外部なんだよね。
    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2024/07/01 (月) 11:08:29.696 ID:GKGspCp3iU
    非常に難しいけど回すのも間違いじゃないかなと個人的には思います。 ツーアウトですしね。 結果的にホームでアウトになりましたが次のバッターが打ち返す確率と千載一遇のチャンスを比べたら回すのも悪く無い。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     状況次第だけど大歓迎よ。阪神・岡田彰布新監督(65)は、沖縄・宜野座キャンプで2020年春以来の〝門戸開放〟プランをあたためている。

     21年以降、春季キャンプは各球団で新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とし、チーム関係者以外のグラウンドへの立ち入りを禁じるキャンプ取材方式がすっかり定番化。だが、岡田監督は状況次第の注釈をつけながらも「俺はOKよ」とキャンプに来訪してくれた球団OBのグラウンドへの立ち入りを容認したい意向を表明している。

    「この何年間はスタンドから見てる、そういう形だけやったから。話する機会もこの2、3年の選手はないやろ? ちょっと話できたらな。ブルペンも後ろで見てたらいいやん。気をつかうこともない」

     岡田監督は昨年まで毎年、評論家として複数球団のキャンプを視察。ただ、コロナ禍の視察は、グラウンドレベルは遠巻きに見ることしかできず、玄人ならではの専門的なアングルからの視察がかなわない〝物足りなさ〟を感じる場面も多々あったのだろう。今季からは逆に視察を受ける立場になっただけに、まずは気がねなくOBが激励に来やすい雰囲気作りを…というわけだ。

     一方でそんなOBたちから貴重な情報を得ることができることも指揮官は知っている。宮崎、沖縄の2か所を中心に、球界の評論家は各球団のキャンプ地に足を運び、ルーキーや新外国人など新戦力のチェックをするが、セ・リーグは全球団が沖縄でキャンプを張る。それだけにフットワーク次第では、1週間もあればライバルチームの全球団に足を運ぶことも可能なのだ。

     とりわけ関西の伝統球団で多くのOBがいる阪神は、コロナ禍前までは毎年、重鎮から引退したばかりの〝若手〟まで、多い日は2桁、少ない日でも必ず複数人のOBが調整を見守る監督のもとへ、激励と視察を兼ね、あいさつに訪れるのが日常でもあった。

     そんなOBたちとの他愛のない会話のなかで得られるのが、他球団の情報だ。気になる新戦力などの〝印象〟を玄人目線で見た多くのOBたちの視点から仕入れることができる。指揮官が描く〝グラウンド開放〟が実現すれば、ヨソへの身動きがかなわなくなった自らの代わりに、多くの〝情報〟がもたらされることにもなりそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4346955dafd6f1af4533f0476e00d377868285d7


    OBにたくさん足を運んでもらいたいですね。 【阪神】岡田監督にキャンプ地〝開放〟プラン 球団OBのグラウンド立ち入りに「俺はOKよ」|東スポWEB  https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/250759 



    まあそうなるでしょう。岡田監督自身がOB会を代表して監督やってるようなもんだし。 【阪神】岡田監督にキャンプ地〝開放〟プラン 球団OBのグラウンド立ち入りに「俺はOKよ」(東スポWEB) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/4346955dafd6f1af4533f0476e00d377868285d7 


    続きを読む

    このページのトップヘ