とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    球界再編

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    候補地に挙がるのは沖縄、新潟、松山、静岡らの自治体
     ソフトバンクの王貞治球団会長が打ち出したプロ野球16球団への“エクスパンション構想”。現行のセパ12球団から4球団を増やすというもので、王会長は「若い人にチャンスが広がる」と、野球の底辺を拡大するためにも球団数を増やすことは必要だと、構想の思いを明かしている。

     その新規参入の候補となる地域は複数あり、すでにいくつかの候補地の名前も挙がっている。大前提となるのは、プロ野球を開催出来るだけのスタジアムがあるかどうか。ナイター設備を備え、収容能力も最低でも2万人以上は欲しい。そして、現在、プロ野球球団が本拠地を置いていない“空白地”であることも条件になる。

     筆頭候補に挙がるのが沖縄県那覇市。将来的なNPB参入を目指して今年から琉球ブルーオーシャンズが発足。キャンプ地としてもよく知られ、野球人気は高く、収容人数約2万人の沖縄セルラースタジアムでは、毎年のように公式戦が開催されている。

     沖縄の他に有力地として挙がるのが新潟市、松山市、静岡市の3都市。新潟市のハードオフエコスタジアムは3万人収容可能とプロ野球球団の本拠地と比較しても遜色ないスペックを誇る。松山市の坊ちゃんスタジアムも収容3万人、静岡市の草薙球場は2万人超となっている。この他にも岡山市(マスカットスタジアム)、宇都宮市(宇都宮清原球場)、高松市(レグザスタジアム)あたりも候補になるだろうか。

    セ・リーグとパ・リーグではやはりどうしても移動に差が
     16球団にプロ野球が拡張されれば、2つのリーグで、それぞれ2地区に分かれた形となることが想定される。では、例えば、上記の沖縄、新潟、松山、静岡の4都市が参入したとして、セ・リーグ、パ・リーグを8球団ずつ、東地区と西地区に分けるとどんな顔触れになりそうか。現在のリーグ構成をベースに立地や交通の便などを考えて、既存球団3+新規参入1で4地区への振り分けをシミュレーションしてみた。あくまでも仮想、である。

    【セ・リーグ】
    ○東地区
    巨人(東京)DeNA(神奈川)ヤクルト(東京)新潟
    ○西地区
    中日(愛知)阪神(兵庫)広島(広島)松山

    【パ・リーグ】
    ○東地区
    楽天(宮城)日本ハム(北海道)ロッテ(千葉)静岡
    ○西地区
    西武(埼玉)オリックス(大阪)ソフトバンク(福岡)沖縄

     関東近郊に3球団が集中し基本的には全て新幹線で移動可能なセ・リーグと、北は北海道、南は福岡と広範に球団が散らばるパ・リーグでは、やはりやや偏りが出る印象だ。その中でも、特にパ・リーグの東地区はやや移動が厳しいか。いっそのこと、一度、リーグを解体して新たに組み直しても面白い。

     底辺の拡大を目指す、このエクスパンション構想。上記はあくまでもシミュレーションであり、今後どうなるかはまだ分からない。各自治体の理解や、球団をスポンサードしてくれる企業の確保など、まだまだ課題はたくさんあることだろう。それでも、夢の膨らむ構想ではないだろうか。




    もし、実現しても地区訳はやめて欲しい。 16球団構想が実現したら… 参入候補地、リーグ分けを独自にシミュレーション(Full-Count)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00772779-fullcount-base 



    16球団構想が実現したら… 参入候補地、リーグ分けを独自にシミュレーション | Full-Count  https://full-count.jp/2020/05/16/post772779/  パ・リーグの東地区に静岡・西地区に西武って。 どう考えても逆。 各地区に新規球団置きたかったんだろうけど。 まあ勝手なシミュレーションだからな😅


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     新型コロナの感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長に伴い、プロ野球の開幕がなかなか見通せない状況が続いている。5月11日には、7月に予定されていたオールスター(球宴)の中止が発表された。1951年の開始以来、70回目にして初の中止となる。

     ペナントレースは6月中旬以降の開幕を目指す方針だが、その決定も先送りされた。他のプロスポーツ界も「開幕」が見えないままにリスケを繰り返している。どのプロスポーツも経済的にも逼迫し、危機感は深まっている。

     NPB(日本プロ野球)はファン拡大のためのマーケティング戦略が成功を収め、観客動員は2019年には2653万人余と史上最高を記録した。1試合平均で3万人を動員する計算になる。

     NPBの各球団は本拠地周辺の狭いエリアの顧客に対して濃密なマーケティングを実施して、熱心なリピーターを獲得した。コアな顧客はファンクラブに入り、年に何試合も球場に駆け付けた。そして球場では、応援リーダーを中心に密集して座り、味方の攻撃中は大声で応援した。客席では飲食も楽しむ。またグッズも買い込んだ。こういう観戦スタイルが定着し、本拠地球場での試合は、莫大な収益を上げるようになった。

     昭和の時代、プロ野球は巨人戦を中心とした「放映権」が主たる収益源であり、巨人戦がないパ・リーグは親会社の赤字補填に依存していた。それが21世紀に入ってビジネスモデルが一変、テレビ中継は激減した。プロ野球は入場料収入、球場での物販、さらには球場のスポンサー収入を収益の柱とするようになったのだ。

    ■プロ野球のビジネスモデルに崩壊の恐れ

     しかしこのビジネスモデルは今回の「新型コロナ禍」によって一気に崩壊する恐れがある。新型コロナウイルスには季節性があり、紫外線が強くなり湿度が高まる夏季には勢いが衰えるとする研究もあるが、ウイルスが死滅するのではなく、夏季でも感染のリスクが残る。また秋が来れば、再び感染が広がる可能性が高い。




    プロ野球、コロナ不況で「球界再編」にも現実味  https://news.yahoo.co.jp/articles/9cc810fb3a210fa70b3f65e3756d44b3c08a5b3c?page=3  「12球団+マイナー24球団」 オリックスの社長が言ってる時点でくさいと思ったけど要するに広告塔のコストカットだろな。宮内さんのアイデアならほぼ確定。一軍は譲って弊社は二軍やります、なら本気なのかなと思うけど。



    オリックスちゃんと別々になっちゃうのはイヤだよ! プロ野球、コロナ不況で「球界再編」にも現実味  https://toyokeizai.net/articles/-/349859 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    10


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/28(火) 23:25:09.67 ID:yj7jM+ij9
     新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、プロ野球の開幕が遅れている。4月17日、日本野球機構(NPB)は、臨時の12球団代表者会議を開催し、5月開幕の断念と交流戦中止、レギュラーシーズンの試合数削減を決めた。

     現時点で開幕の目途はまったく立っていないが、この状況に不安を感じているのは何も選手だけではない。裏方としてプロ野球を支える審判も同じだ。

     パ・リーグ審判員として29年、NPB審判技術指導員を8年務めた山崎夏生氏に、これまであまり報道されてない審判の現状と今後のプロ野球界について話を聞いた。


    AERA
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200423-00000063-sasahi-base

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/28(火) 23:25:57.86 ID:kdMYaHWe0
    そこで、16球団ですよw

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588083909/

    続きを読む

    このページのトップヘ