走塁


◇15日 阪神―広島(京セラドーム大阪)

 阪神は8回1死一、二塁でロハス・ジュニア外野手(31)の右前適時打で1点を追加。その際、挟殺プレーで走塁妨害があり、ツイッターで「走塁妨害」がトレンド入りした。

 打球を捕った強肩の鈴木誠也外野手(26)が三塁に返球。一塁走者の大山悠輔内野手(26)が二、三塁間に挟まれた。返球を受けた田中広輔内野手(32)が大山を追い掛け、二塁に入った小園海斗内野手(21)に送球。大山が再び三塁に向かった直後、ボールを持っていない田中と交錯した。

 田中が走塁を妨害したとして1死一、三塁で試合は再開された。ツイッターでは「アウト一つ取れたところなのに、もったいないプレー」などのつぶやきとともに「追いすぎだしそこまで行ったらタッチしろよ」などの田中の判断ミスを指摘する声があった。両者とも試合に復帰したため「とりあえずお互い怪我なくて良かった」と安堵(あんど)の声も漏れた。




なんで大山が気使って大山が痛がってんのよこの走塁妨害wwwwwwww 優しいなあキャプテン #阪神タイガース  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1426885653363494927 



走塁妨害時の接触で自分も痛いのに🎏田中選手を気づかう大山ちゃんの優しさに熱盛&アッパレ&めっちゃいい人で賞をあげたい!! #大山悠輔 #阪神タイガース


続きを読む