とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    田尾安志

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球楽天の元監督で阪神OBでもある田尾安志氏(68)が2022年4月28日にユーチューブチャンネルを更新し、27日に甲子園球場で行われた阪神対中日戦を解説し、阪神・佐藤輝明選手(23)の起用法に疑問を投げかけた。

    ■「サードの佐藤選手は非常にうまい」

     阪神は初回に1点を先制されるも2回、3回にそれぞれ1点を奪い逆転。1点リードの5回は1死2、3塁のチャンスに糸原健斗内野手(29)のショートゴロの間に3塁走者がホーム帰り1点追加。このまま2点のリードを守り3-1で勝利した。

     この日は先発・西勇輝投手(31)が6回5安打1失点の力投を見せ、リリーフ陣もこれに続き中日打線を7回から無得点に抑えた。タイムリーゼロ、4回にはトリプルプレーを喫しながらも投手陣の踏ん張りもあり逆転で2連勝を飾った。

     動画の中で田尾氏が疑問視したのは2点リードで迎えた7回の守備だ。矢野燿大監督(53)は先発の西に代えアルカンタラ投手(29)を起用。守備陣では3塁の佐藤がライトに入り、2塁の糸原が3塁の守備に。そして2塁には小幡竜平(21)が起用された。

     田尾氏は「7回の表。ここでタイガースは3対1でリードしているところで守備固めという形にするわけですけども、これに僕は疑問符を打っているわけですね」と切り出し、持論を展開した。

    「サードを守っている佐藤に代わって糸原。そして佐藤をライトへ持ってくる。セカンドには小幡を持ってくるということでやってるわけですが、サードの佐藤選手は非常にうまいと思っているので、そこをあえて外野に持っていく必要があるのか。そういう気がしています」

    「佐藤は取れる球を取れなかった」
     さらに「4番バッターのポジションを途中で代えるのは今まであまり見たことがないですね」と言及し、「佐藤というバッターは不動の4番になってもらいたい。そして不動の3塁手になってもらいたい。そういうところからすると、勝っているから守備位置変えようか。守備位置変えるのも、僕から言わせると守備固め、固めているか?という風に見える。固まっていない。案外これ危ないぞという守備位置になっているわけですよ」と続けた。

     また、田尾氏は8回の佐藤の守備を辛辣に評した。2死走者なしの場面で中日・阿部寿樹内野手(32)が放った打球は風に乗って佐藤の頭上を越えて2塁打となった。阪神3番手・湯浅京己投手(22)が次の打者を抑え得点を許さなかったが、失点につながりかねないシーンだった。

     田尾氏は佐藤のプレーに対して「佐藤は取れる球を取れなかった」とし、「これは普通はエラーですよね。エラーと言われて仕方がない。完全にエラーだと思いますが、これを記録員はヒットとしました」との見解を示した。

     05年に楽天を率いた田尾氏は、7回の守備変更について監督目線で私見を述べた。

    「僕だったらセカンドの糸原選手を小幡選手に代える。そして外野に島田選手を入れる。それだけでいいんじゃないのかと思います。あえて佐藤選手を外野に持っていく必要はあるのか。佐藤選手の外野の守備は不安です。今日の守備を見てもやっぱり不安ですね。改めてそれを感じました。佐藤選手はサードで固定してもらいたい。そういう気持ちでおります。そうした方がより本当の守備固めという気がしてならないです」

     2連勝で今季6勝目をマークしたチームは28日に甲子園球場で中日を迎え、29日から東京ドームで首位・巨人に挑む。




    「守備固めになっていない」矢野采配にOB疑問 佐藤輝明の三塁→外野移動に「必要あるのか」(J-CASTニュース)  https://news.yahoo.co.jp/articles/acf5d72d4f3e2b815e686538167ae07f92f6d588  糸原は残しておきたいのよ、矢野のオキニだから(笑)



    「守備固めになっていない」矢野采配にOB疑問 佐藤輝明の三塁→外野移動に「必要あるのか」(J-CASTニュース)  https://news.yahoo.co.jp/articles/acf5d72d4f3e2b815e686538167ae07f92f6d588  矢野君は何故か糸原君を優先しているように見える。ここでも書かれているが、佐藤の変更は意味無いな🤣こんな事続けてたらエコ贔屓と言われても仕方ないやろ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     元阪神監督の岡田彰布氏が、田尾安志氏(元楽天監督)のユーチューブチャンネル「TAO CHANNEL」にゲスト出演し、今季限りでの指揮官退任を既に明言している矢野監督について私見を語った。

     矢野監督は春季キャンプ開始直前に、今季限りでの退任の意向を突如表明。岡田氏も「ビックリどころではなかった。(今季)最後まで優勝争いをすればチームの士気も上がるかもしれないが、途中でもしBクラスまで(低迷し)バーっと行くと、チームがおかしくなってしまうのではないか」と危惧。ホスト役の田尾氏が「チームが空中分解してしまう恐れがある」と同意すると「こんなん聞いたことがない。シーズン前、キャンプ前に…。(選手、コーチ陣は)愛着わくのかなあ」と率直な心境を語った。

     岡田氏は阪神監督時代の2008年、最大で13ゲーム差をつけていた巨人に大逆転優勝を許した責任を取り、シーズン終了後に引責辞任。そんな自身の過去も踏まえた上で、今回の矢野監督の決断の真意について「相当、いろいろなことがあったのだろう。そうでなければ、あの場であんなことは言わない」と言及した。

     1979年のドラフト会議で早大からドラフト1位指名され選手、コーチ、監督として長くタテジマを着てきた岡田氏は、人気老舗球団・阪神の特異性を誰よりもよく知る一人。それだけに「確かに阪神の監督はきついけどね。天国と地獄みたいなものがある。でも僕は(選手として)入った時からずっと阪神だから、そんなん気にしてたらやっていけない。外の声は一切気にしなかった」と笑いながら振り返る。田尾氏も「そう考えると矢野監督はマジメに考えすぎたんですかね」と岡田氏の意見に同調していた。




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ ポイントは8回の采配

     開幕から2カード続けてロードゲームを戦った阪神。この日も本拠地・甲子園ではないものの、京セラドーム大阪での“ホーム開幕”とあって地元ファンに勝利を届けたいところだったが、終盤にリリーフが打たれて3-6で敗れた。


     開幕投手・藤浪晋太郎は2回にボークで1点を失うも、その裏に打線が奮起。相手の失策で得たチャンスに、木浪聖也が適時二塁打を放ってまず追いつくと、二死二・三塁から近本光司がセンターに弾き返す適時打。この間に二者が還り、阪神が3-1と逆転に成功する。

     藤浪は6回を投げて被安打7と2四球も、6奪三振で1失点という力投。役割を果たし、あとは自慢のリリーフ陣に託す。7回は岩貞祐太が1回を3人斬り。良い流れで8回に入るも、3番手・加治屋蓮が誤算だった。

     先頭は切るも、平田良介に四球を与えてしまうと、京田陽太に安打でつながれて一死二・三塁。ここで木下拓哉にフルカウントから左中間突破の一打を浴び、これが適時二塁打となって二者が生還。3-3となり、この時点で藤浪の白星が消滅してしまう。

     矢野燿大監督はたまらずここで4番手・小林慶祐をマウンドに送るが、代打の井領雅貴に四球を与え、つづく福留孝介は空振りの三振に斬ったものの、トップに返って大島洋平にうまくレフトに運ばれ、この適時打で3-4。試合をひっくり返されてしまった。


     9回にも小野泰己が2点を失い、終わってみれば3-6の逆転負け。この試合について、2日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の田尾安志氏は、阪神の継投に疑問を呈した。

     ポイントは1点リードの8回、加治屋を投入した場面。田尾氏は「ここの加治屋はなんでかな、という。1日の試合で岩崎優が31球投げて、内容も良くなかったというのはあるけれども、現状は岩崎からスアレスへと行くべきところ」と、“勝利の方程式”に沿った継投をしなかった部分を指摘。

     同じく解説した池田親興氏も、「チームとして勝ちパターンを広げたかったのかな。加治屋も元々ホークスではそういった場面で投げていましたので、経験はある選手ではある。ただ、パターンを崩して落としたというのはもったいないかなと思いますね」とコメント。

     さらに田尾氏は、「同点に追いつかれて、最後は大島に勝ち越し打を打たれるんですけど、もし岩崎が投げられるのであれば、ここで岩崎でも良かったんですよね。一手遅いとはいえ」と語り、「今日はタイガースの一番の勝ちパターンのゲームだっただけに、もったいなかったと思いますね」と、得意の終盤逃げ切りに持ち込めなかったことを疑問視した。


    ☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』




    🗣解説者はどう見た❓ 得意の逃げ切りならず… 阪神の継投策に田尾氏「もったいなかったと思う」 👉  https://baseballking.jp/ns/271045  ✅ ポイントは8回。阪神の方程式と言えば、「岩貞-岩崎-スアレス」ですが…?🧐 #tigers pic.twitter.com/yCETAl3rAU



    プロ野球ニュース、田尾さんは好きな解説者だけど、オープン戦からの阪神の戦いをちゃんと見てましたか? という感じのベンチ批判。今年は岩貞と岩崎に固定しない方針なんだと思うよ。結果は悪かったけど、小林なんかはすごく良い感じのピッチングしてたよ。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/03/27(土) 19:35:38.82 ID:CAP_USER9
    開幕戦のプロ初打席で初打点、27日には初安打をホームランで飾った阪神の怪物ルーキー・佐藤輝明選手。27日カンテレで放送された『こやぶるSPORTS』で、プロ野球解説者の田尾安志さんが彼の“空振りのスゴさ”について解説しました。

     番組で田尾さんは、佐藤選手の空振りについて「ボールがバットに当たった時、打球からは『飛ぶなぁ』という雰囲気が見られるんですけど」と前置きした上で「彼は空振りをした時にも、うわぁスゴい空振りだなと思うんです。守ってる人からすると『コレ当たったらどこまで飛ぶんだろう…』というのをピッチャー、キャッチャー、みんな感じるんです。怖いですよ」と指摘。大飛球などはもちろんのこと、既に“空振り”ですら守備陣に対して恐怖感を与えるバッターだと賞賛しました。

     またキャンプから開幕2試合までの佐藤選手を見た印象として「ずっと見てきてスイングが崩れていないので、やってくれるんだろうなと思います」と今季の活躍に太鼓判。

     さらに、27日の初ホームランについても「バックスクリーンを越すかなと思ったくらいで、普通だとあそこまでまず飛ばないような角度から行っちゃいますから。僕はメジャーのホームランバッタークラス、最初の頃の松井秀喜より上だと思っています」と続け、“メジャークラス”の成績への期待感も示していました。


    (関西テレビ3月27日(土)午後5時00分から放送『こやぶるSPORTS』より)

    3/27(土) 19:26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210327-00010002-kantele-base

    https://youtu.be/H13_qYevkws

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/03/27(土) 19:37:15.56 ID:pJ/a0Hqd0
    阪神についに本物がきたのか

    11: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/03/27(土) 19:41:03.01 ID:IUimOniA0
    生まれも育ちも甲子園のお膝元で
    子供の頃タイガースジュニアチームに在籍経験がある
    猛虎魂の権化と言っていいだろう

    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1616841338/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/22(月) 18:35:22.96 ID:yGlHx2BJ0
    no title

    no title

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/22(月) 18:36:33.01 ID:EwksLnt40
    真弓もほめてたから

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1613986522/

    続きを読む

    このページのトップヘ