とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    甲子園登板

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    元阪神のヤクルト歳内宏明投手(27)が17日、1633日ぶりの甲子園での登板を振り返った。

    16日の阪神戦で、16年4月27日巨人戦以来となるマウンドに立ち「慣れているところなので、投げやすかったです」と話した。

    初回、両チームのファンから温かい拍手で迎えられた。「初回はやっぱり、ちょっと力みましたね。力は入りました。初回というか、先頭打者は力が入りました」。先頭の近本には、全5球すべて直球で二ゴロに抑えた。

    古巣相手だからと特別に緊張はせず、前夜もしっかりと眠れたという。元チームメートとの対戦も「抑える」ことだけを意識していた。「これがヤクルトに来て初登板だったら意識したかもしれないですけど、5試合目なので、とにかく抑えよう、勝ちたいと」と明かした。

    結果は4回1/3を2失点、90球での降板。ベンチでは、しばらくタオルで顔を覆う姿があった。「せめてあの回は投げきりたかったと思いましたし、もっと長いイニングを投げたかった」。

    この日は室内練習場で、キャッチボールやストレッチ、体幹などで調整した右腕。この悔しさを、次回以降の登板につなげる。




    敵ながら、歳内の好投は虎キチ達の胸を熱くしてくれました。 【虎のソナタ】甲子園に帰ってきた「さわやかなええヤツ」燕の一員で元虎・歳内登板…虎番しみじみ - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20201017/tig20101707300006-n1.html  @sanspocomより



    甲子園に戻ってきた歳内くん pic.twitter.com/J841I3M7Pa


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ウエスタン・リーグ 阪神―オリックス(24日・甲子園)

     阪神のドラフト1位・西純矢投手(18)=創志学園高=が、0―0の4回から登板。初戦の創成館(長崎)戦で16奪三振の完封勝利を挙げるなどして大きな注目を集めた高校2年夏以来の甲子園で公式戦デビューを果たし、3回3安打無失点の好投を見せた。最速は150キロ。3つの三振を奪った。

     4回。先頭の3番・太田には初球から150キロ直球を3球続けて追い込むと、3ボール2ストライクから最後は136キロのスライダーで空振り三振。4番・モヤも150キロ直球で空振り三振に斬った。2死から頓宮に四球を与えたが、続く宗の打席で捕手・片山が頓宮の二盗を阻止。3アウトとなった。

     5回。先頭の宗に初安打となる右前打を許したが、続く大下を初球の147キロで遊ゴロ併殺打に打ち取ると、8番・根元も147キロのボールで空振り三振。プロ初の聖地で落ち着いたマウンドさばきを見せた。

     6回。代打・稲富に中前打を浴び、2イニング連続で先頭打者に出塁を許した。1番・紅林の中前打、続く西浦の投犠打で1死二、三塁とされたが、3番・太田を123キロの変化球で捕邪飛に仕留めると、モヤは149キロ直球で左飛。ピンチでも得点を与えず、右手でグラブを軽くたたいてベンチに帰った。

     持ち味の豪快な腕の振りで、この日はほぼ一球ごとに帽子を吹き飛ばした右腕。全37球のうち9度地面に帽子が落ちたが、以前には「帽子が飛ぶのはあんまり良くはないですけど、高校の時もいい時は帽子が飛んでいました」と振り返っていた。高校時代に物議を醸したガッツポーズは封印中だが、やはり、この男には甲子園のマウンドが似合う。




    西純矢、どの写真を見ても帽子が脱げてて野球漫画みたいだな。



    ドラフト1位の西純矢投手が公式戦デビューを甲子園で飾りました‼️3回無失点3奪三振と好投✨直球も150キロを計測しました! #阪神 #タイガース #西純矢 #ドラフト1位 #甲子園 #凱旋 #ウエスタンリーグ #オリックス pic.twitter.com/74uAeeHNtj


    続きを読む

    このページのトップヘ