とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    真弓明信

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は交流戦の節目まで残り8試合になった。これからまだ100試合以上を戦うわけで、投打に各選手ができるだけ調子を上げ、チームとして1つでも順位を上げていく必要がある。

    そのためには、試合ごとにメンバーを変えるのでなく、チームが戦っていく基本形を固めたい。こういった選手で、このような戦い方をしていくんだという軸を確立したいものだ。

    開幕からいきなりの9連敗。戦い方を見失ったかのように、攻守ともコロコロとメンバーが入れ替わりしてきた。ここにきて勝ちパターンが固まってきて、先発もコマがそろったから、どっしりと腰を据えて戦いたい。

    依然、インハイを攻められる佐藤輝だが、あそこにきた球を見極め、ファウルにするなど進歩はうかがえる。また、大山は力み過ぎてワンパターンのスイングしかできていないから、もう少し打ちにいくときに力を抜きたい。

    シーズンに好不調の波はつきものだが、打つ方は好球必打の原点に立ち返ってほしい。それと、ボールを打ちにいかない。この2つができれば、ここからチーム打率の上昇につながっていくはずだ。

    相手ピッチャーとの相性などによって、多少の変更はあるかもしれないが、チームの中心といえる選手は攻守とも固定が望ましい。そうすれば必然的に集中して、落ち着いた戦いができるはずだ。(日刊スポーツ評論家)




    真弓「輝明は4番サード固定」 檜山「輝明は4番ライト固定」 同じ日刊の解説やってるOBでも意見が分かれるんだから矢野が「好きにやらせて貰う」となるのもわからない話ではない? ただあまりにも視野狭窄が過ぎると思う。 「ぼくのかんがえたさいきょうのメンバー」以外でも貢献できる選手はいる



    小山正明「プロの試合を見せて欲しい」 真弓明信「佐藤を四番三塁に固定すべき( ・`ω・´)」 鈴木啓示「打線の準備不足」 「(・ワ・) じじつならなにをいってもゆるされますか?」 「(・ワ・) はい」 「(・ワ・) やむなしかと」 #阪神は衰退しました


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ヤクルト0-6阪神>◇22日◇神宮

    阪神のチーム状況を考えると、今はこの打線がベストだろう。1回に大山の2ランで先手を打って、7回は4点を加点しての逃げ切り。いずれも3番に入った佐藤輝がポイントになっての得点だった。

    開幕24試合でオーダーは20通り目。佐藤輝を2番に起用して打線を組んだこともあったが、それは3、4番に勝負強い打者がいて成立するものだ。1、2番が出塁し、3番佐藤輝、あるいは4番大山でかえす。この攻撃パターンで戦うべきだろう。

    しかし、2回以降も毎回走者を出しながらも追加点を奪うことができなかった。打線がつながらなかったが、もっとベンチがゲームを動かしながら、1点でもとっていくことが必要になってくる。

    青柳は6回無死二塁から山田、村上を連続空振り三振、宮本も投ゴロに封じた。それまで低めの球を打たせたが、打者サイドも徐々に低めに目が慣れてくるものだ。その点、村上を高めの直球で仕留めたのは大きかった。

    6回に1点でもかえされたら、ヤクルトに流れが傾いてもおかしくなかった。青柳が6回のピンチを乗り切ったことで、阪神の7回に流れを持ち込むことができた。その間に加点していれば、もう少し楽に勝てたはずだ。

    チームとしては連敗を止めて一安心だろうが、この1勝で気を抜くことなく戦ってほしい。このオーダーで少しずつ得点力を上げながら、チームに勢いをつけたい。




    糸原を使う事が負のスパイラル、打てない守れない。 今の二遊間なら打てなくても守れるのでリズムが出来て何とかなると思う。 【真弓明信】阪神は今の打線がベスト 先制、追加点ともにポイントになった3番佐藤輝明(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/aa9995d9acf42e34a92b0f76a196a4cdd71ec99d 



    俺もベストやと思う!めっちゃしっくりきた! 24試合で20通りかやっと見つけたな! 【真弓明信】阪神は今の打線がベスト 先制、追加点ともにポイントになった3番佐藤輝明(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/aa9995d9acf42e34a92b0f76a196a4cdd71ec99d 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神5-3ヤクルト>◇8日◇甲子園

    阪神はカード初戦に大敗を喫していただけに“流れ”を変える必要があった。序盤からリードを許したが、ヤクルト先発小川との相性も含めた投手力を考えるとチャンスは出てくるとみていた。

    2点を追う5回1死から梅野の四球後、代打ロハスが小川の初球をとらえて中越え本塁打にした。ヤクルトバッテリーの攻めはさておき、代打に出て1球で仕留めるのは難しい。調子が上がっている証しだろう。

    また、6回2死一塁の場面、大山が2番手大下から左越え2ランで勝ち越した。カウント3-2から甘く入ったスライダーは失投だったが、それをとらえてチームに勝ちをもたらす一打になった。

    完璧な打撃にみえるし、本人に聞いてみないとわからないが、あの状況で「ストレートを待ちながらのスライダー打ち」という反応ならいいが、「スライダーだけに絞った」というのであれば調子を落としかねないから要チェックだ。

    ただ大山は4日巨人戦の逆転サヨナラ本塁打もあったし、このヤクルト戦でも長打力を発揮した。打順もマルテ、サンズら外国人との絡みはあるが、そろそろ大山を「4番」に復帰させて戦ってもいい。

    巨人、ヤクルトとの三つどもえだが、ここからは打っていかないと勝てないだろう。そのためには、佐藤輝の調子を取り戻させ、スタメン起用し、再びチームの勢いを加速させたいものだ。(日刊スポーツ評論家)



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神6-0広島>◇14日◇甲子園

    元阪神監督で日刊スポーツ評論家の真弓明信氏(67)は広島森下攻略の立役者としてドラフト6位中野拓夢内野手(24=三菱自動車岡崎)を挙げた。2回2死一、二塁の先制機。内寄り高め速球に振り負けず、右前に先制適時打を放っていた。難攻不落の好調右腕にとって今季初失点。真弓氏は「今日、森下を攻略できたのは、あのヒットですよ。阪神打線は、なかなか点を取れていなかった。真っすぐにかなり自信を持ってきていた。その真っすぐを打たれたことで、森下のリズムが崩れた。力みが出てきたからね」と評した。

    コンパクトで力強い。遊撃でスタメン出場を重ねる中野の打撃を「真っすぐを打てる打者は構えたところからミートするところまでバットが最短で出ていく。たとえ、バットスイングが速い打者でも遠回りすると真っすぐに弱いよね」と解説した。

    中野は3試合連続先発でプレーし、4戦連続安打に伸ばした。今季は21打数10安打、打率4割7分6厘と好調を維持する。「1回でもこういう、いい時期を見せておくことは大事だ。1軍にいられる時期が長くなるし、スタメンのチャンスも多くなる。レギュラーを取っていく者の通る道だね」。この日は佐藤輝とともにルーキーコンビが活躍。真弓氏ははつらつさに目を細めていた。【酒井俊作】




    真弓さんも絶賛! 元阪神1888安打の真弓明信氏が広島森下攻略のルーキー中野を絶賛  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202104140001214.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    さすが電電九州の真弓… 元阪神1888安打の真弓明信氏が広島森下攻略のルーキー中野を絶賛  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202104140001214.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/04/03(土) 17:59:21.42 ID:CAP_USER9
    <阪神1-0中日>◇3日◇京セラドーム大阪

    阪神が9回にサヨナラ勝ちしたが、注目のドラフト1位佐藤輝明内野手(22)は3打数無安打に終わった。1日の広島戦で2号ソロを放った後は、8打席連続ノーヒットで、打率1割3分3厘とバットは湿っている。日刊スポーツ評論家の真弓明信氏(67)が現状を解説した。

    ◇  ◇  ◇

    佐藤輝の状態は、あまり悪くないと見ているが、ひとつだけ気になるのは、「かかと」に重心がある点だ。公式戦に入り、内角を攻められ、遅いボールでタイミングを外されて、空振りしている。引きつけて打つことを意識するために、そうなっている可能性があるが、受け身になってしまっている。

    「かかと」に重心があることで、うまく下半身が使えていない。腰が引けているように見える。ボールを待つのはいいが、腰を入れて、フットワークを使う打撃をしたほうがタイミングは合いやすい。ホームランも出やすくなる。彼は反応のいい打者だから、下半身を使って、打つ準備を整えることだけを気にすればいい。上体でタイミングを合わせにいくと、狙ったボールしか打てない。

    いい時の佐藤輝は、下半身でタイミングを合わせながら、上体は我慢できていたので、ボールの変化に対して、自由に動ける余裕があった。そこを思い出せばいい。

    4/3(土) 17:45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210403-34030745-nksports-base

    20: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/04/03(土) 18:30:31.55 ID:pyaY0nDB0
    >>1
    片岡コーチがいたら、完全に流し打ち指令が出てただろうな。
    どれだけのスラッガー候補が片岡の指導で消えて行ったか。

    とりあえず片岡の退任後の入団でよかったな。

    29: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/04/03(土) 18:54:24.64 ID:su9XgIK90
    >>1
    ええの捕ったで!

    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1617440361/

    続きを読む

    このページのトップヘ