とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    真弓明信

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今季限りで現役引退した元阪神、オリックスの能見篤史氏(43)が10日、14番の後継者にエールを送った。大阪・吹田市内の大院大で真弓明信氏(69=日刊スポーツ評論家)が顧問を務める信和グループの少年少女野球教室に参加。マウンドから投球を披露するなど、真剣モードで集まった約170人の子どもを指導した。

     阪神では自主トレをともに行うなど同氏を慕う岩貞が、来季から背番号14を背負うことが決定。能見氏の背番号を受け継ぐことになった。能見氏は岩貞本人から連絡を受けた際は「14は細身のイメージやけど…」と突っ込んだことを明かしたが、「岩貞の番号にしてほしい」と優しく背中を押した。

     ただ、心配なことがあるようで「ダメなところで似ないようにしてほしいんです」とポロリ。「そこで打たれるんか、みたいな。僕もそういうのは多々あったので。もう1個、踏ん張れよというところで」と苦笑いでお願いした。

     来季は野球解説者としてグラウンドの外から野球を見る機会も増える。「まあ、楽しみに見させてもらいます。岩貞にはダメな時にはきっちり厳しい言葉を掛けるので」と愛情たっぷりに話した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/205510f6d76a627416a0955a2557fea13a26a414


    真弓さんと能見さんって!!😵 これまた貴重すぎる!✨✨ 能見篤史氏「ダメなところで似ないようにしてほしい」14番の後継者・阪神岩貞にエール  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202212100001090.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    #プロ野球 #阪神タイガース では自主トレを共に行う同氏慕う #岩貞祐太 来季から背番号14を背負う事が決定 #能見篤史 氏背番号受け継ぎ #能見 氏は #岩貞 本人から連絡を受けた際 能見「14は細身のイメージやけど…(と突っ込んだと明かすも)岩貞の番号にしてほしい」と優しく背中を押した #阪神 #野球 pic.twitter.com/53BgD8n1OC


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1664545796/

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/09/30(金) 22:49:56.34 ID:CAP_USER9
    元阪神タイガース・掛布雅之のYouTubeチャンネル『掛布雅之の憧球』に、1985年日本一メンバー真弓明信氏と阪神の次期監督報道が出ている岡田彰布氏がゲスト出演。


    3人が阪神入団秘話や日本一当時の裏話などを披露。
    急上昇ランキング7位に登場するなど話題となっている。

    真弓氏は阪神トレード時の話や外野にコンバートされた時の心境を明かし、
    岡田氏は入団1年目のポジション問題や監督とのいざこざなど当時の苦悩について語り掛布氏が驚く場面も。


    no title


    掛布雅之の憧球【真弓明信、岡田彰布 登場】
    https://youtu.be/-IlqJjLUq20

    9: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/09/30(金) 22:53:40.87 ID:OgWJHcWN0
    岡田「おーん」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神0-2巨人>◇4日◇甲子園

     甲子園で今季最後の伝統の一戦は悲しき0行進…。阪神打線が天敵の巨人赤星優志投手(23)らの前に沈黙し、1963年(昭38)に並ぶ球団ワーストの24度目の完封負けを喫した。3安打の巨人を上回る7安打を放つも拙攻の連続。新人右腕に先発3戦3勝を献上した。クライマックスシリーズ進出を争う広島と巨人に2ゲーム差に迫られた戦いぶりを、元阪神監督で日刊スポーツ評論家の真弓明信氏(69)も厳しく指摘した。

         ◇    ◇    ◇

     打線は今季24度目の完封負けを喫したが、巨人の先発赤星に対して、どう攻略するのか、というのが見えなかった。

     チーム全体で低めを捨てて高めを狙え、などということではない。それは打者によって個人差があるから、一様には指示できない。言いたいのは、各バッターが、2ストライクまで配球を読みながら、狙い球を絞っていくということだ。赤星は特別に球が速い投手ではない。手が出ない変化球があるわけでもない。それだけに、甘い球が来れば打つという漠然とした意識があったのではないか。

     打者にとって、相手バッテリーに考えさせるのは重要な作業だ。例えば、体を開き気味に待ち、インコースを狙っていると思わせる。アウトコースでストライクを取れると思わせて、そのコースに狙いを絞る。攻略の難しい投手なら、そういうことも考えるかもしれないが、特別なボールがない投手には対しては、ハマりがちだ。簡単に言えば、打者に工夫がなかった。

     用兵面で、理解できなかったのが、最終回の攻撃だ。2死から大山が出塁して、江越が代走で起用された。盗塁で二塁に進んだが、代走も盗塁も必要だろうか。この状況で、同点にするには、打者ロハスの本塁打しかない。追いついた場合、延長戦で再び大山に打席が回ってくる可能性がある。代走が必要なのは、ロハスも出塁した時だ。同点のランナーになるため、ここでカードを切るべきだ。さらにいえば、2死一塁での盗塁はあまり意味がない。アウトになれば、試合が終わってしまう。勝ちにこだわることを考えれば、全く動く必要がなかった。全員で野球をやるというのは、そういう意味ではないと思う。

     今季24度目の完封負けというのは、そういう打者の対応や用兵面の変なこだわりの積み重ねといえる。

     先発西純に関しては、責められる投球ではないが、中田への初球フォークという選択はどうだろう? 7回の先頭に四球を与え、投手の心理ではストライクがほしい場面。フォークはストライクからボールに投げる球種で、ストライクを取りにいく球ではない。まして四球を出して反省の思いが残っている。フォークなら打たれないだろうと選択したなら、大きな間違いだ。外角にストレートやスライダーといった制球しやすいボールを選べば、本塁打の確率も下がっただろう。これから成長する上で、西純はこの悔いの残る1球を今後に生かしてほしい。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は交流戦の節目まで残り8試合になった。これからまだ100試合以上を戦うわけで、投打に各選手ができるだけ調子を上げ、チームとして1つでも順位を上げていく必要がある。

    そのためには、試合ごとにメンバーを変えるのでなく、チームが戦っていく基本形を固めたい。こういった選手で、このような戦い方をしていくんだという軸を確立したいものだ。

    開幕からいきなりの9連敗。戦い方を見失ったかのように、攻守ともコロコロとメンバーが入れ替わりしてきた。ここにきて勝ちパターンが固まってきて、先発もコマがそろったから、どっしりと腰を据えて戦いたい。

    依然、インハイを攻められる佐藤輝だが、あそこにきた球を見極め、ファウルにするなど進歩はうかがえる。また、大山は力み過ぎてワンパターンのスイングしかできていないから、もう少し打ちにいくときに力を抜きたい。

    シーズンに好不調の波はつきものだが、打つ方は好球必打の原点に立ち返ってほしい。それと、ボールを打ちにいかない。この2つができれば、ここからチーム打率の上昇につながっていくはずだ。

    相手ピッチャーとの相性などによって、多少の変更はあるかもしれないが、チームの中心といえる選手は攻守とも固定が望ましい。そうすれば必然的に集中して、落ち着いた戦いができるはずだ。(日刊スポーツ評論家)




    真弓「輝明は4番サード固定」 檜山「輝明は4番ライト固定」 同じ日刊の解説やってるOBでも意見が分かれるんだから矢野が「好きにやらせて貰う」となるのもわからない話ではない? ただあまりにも視野狭窄が過ぎると思う。 「ぼくのかんがえたさいきょうのメンバー」以外でも貢献できる選手はいる



    小山正明「プロの試合を見せて欲しい」 真弓明信「佐藤を四番三塁に固定すべき( ・`ω・´)」 鈴木啓示「打線の準備不足」 「(・ワ・) じじつならなにをいってもゆるされますか?」 「(・ワ・) はい」 「(・ワ・) やむなしかと」 #阪神は衰退しました


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ヤクルト0-6阪神>◇22日◇神宮

    阪神のチーム状況を考えると、今はこの打線がベストだろう。1回に大山の2ランで先手を打って、7回は4点を加点しての逃げ切り。いずれも3番に入った佐藤輝がポイントになっての得点だった。

    開幕24試合でオーダーは20通り目。佐藤輝を2番に起用して打線を組んだこともあったが、それは3、4番に勝負強い打者がいて成立するものだ。1、2番が出塁し、3番佐藤輝、あるいは4番大山でかえす。この攻撃パターンで戦うべきだろう。

    しかし、2回以降も毎回走者を出しながらも追加点を奪うことができなかった。打線がつながらなかったが、もっとベンチがゲームを動かしながら、1点でもとっていくことが必要になってくる。

    青柳は6回無死二塁から山田、村上を連続空振り三振、宮本も投ゴロに封じた。それまで低めの球を打たせたが、打者サイドも徐々に低めに目が慣れてくるものだ。その点、村上を高めの直球で仕留めたのは大きかった。

    6回に1点でもかえされたら、ヤクルトに流れが傾いてもおかしくなかった。青柳が6回のピンチを乗り切ったことで、阪神の7回に流れを持ち込むことができた。その間に加点していれば、もう少し楽に勝てたはずだ。

    チームとしては連敗を止めて一安心だろうが、この1勝で気を抜くことなく戦ってほしい。このオーダーで少しずつ得点力を上げながら、チームに勢いをつけたい。




    糸原を使う事が負のスパイラル、打てない守れない。 今の二遊間なら打てなくても守れるのでリズムが出来て何とかなると思う。 【真弓明信】阪神は今の打線がベスト 先制、追加点ともにポイントになった3番佐藤輝明(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/aa9995d9acf42e34a92b0f76a196a4cdd71ec99d 



    俺もベストやと思う!めっちゃしっくりきた! 24試合で20通りかやっと見つけたな! 【真弓明信】阪神は今の打線がベスト 先制、追加点ともにポイントになった3番佐藤輝明(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/aa9995d9acf42e34a92b0f76a196a4cdd71ec99d 


    続きを読む

    このページのトップヘ