とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    矢野監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「DeNA6-2阪神」(28日、横浜スタジアム)

     阪神は痛恨の逆転負けで連勝がストップ。先発の西勇輝投手が初回に2点の援護をもらいながらも、今季ワースト6失点で六回途中KO。矢野監督は試合後、西勇に対して「修正していかないと」と同時に初回の2点で終わった打線にも「もっと点を取らないと」と奮起を促した。

     以下は一問一答。

     -西勇は立ち上がりは良かったようにも見えたが、どう見たか。

     「まあまあ、普通じゃないかなと。普通やと思う」

     -2試合連続で多く失点する形に。

     「まあ粘り切れないっていうね、ところは出てしまったかなという感じはするけど。あそこを粘ってくれるっていうのが持ち味だと思うんで。まあそこをまたやっていくしかない」

     -要所で球が中に入ってしまう。

     「いやそりゃあ勝負だから中に入るし、あるけど、それをやっぱり減らしていくっていうことをね、(西)勇輝も三振をバッタバッタ取るタイプじゃないので。そういうところでやっぱりそういうコントロールとか球の切れっていうのは大事になってくるので。そりゃあ1年間ずっといいっていうことももちろんそれはなかなか難しいし。まあでも経験もあるし、そこらへんを修正ね、していくしかないけど」

     -打線は一回の流れのまま行きたかった。

     「打線もそうやね、初回いけたけど、この前の中日戦もそうやけど、その後なかなか追加点が取れないというところで、向こうに流れがいったかなと思うし。この球場、やっぱ狭いんでね。今日もフォローの風が吹いてるし。ピッチャーにとってはなかなか難しい球場だけど、それは同じ条件でやっているしね。打線もね、そういうところではもっと点取らないと、こういうゲームになっちゃう」

     -初回は足を絡めたいい攻撃。

     「島田も見事やったし、足もしっかり使えたところも良かったところだし。それは別に特別なことじゃないし。でも、当たり前にできるってことはレベルも上がっていると思う」

     -佐藤輝は九回の1本が明日につながる。

     「それは知らんけど、本人がつなげるしかないやろ」

     -犠飛もあったが、佐藤輝の状態は?

     「あれはランナーをかえしてくれれば、別に(いい)。すごくいいわけじゃないけど、良くない中で、なんとかできる、粘れるっていうのが今年の中で成長できている部分ではあるので。まあまあ、すごくいいとは思わないけど」




    矢野監督の采配にはえぇ…ってなること多いけど、コメントはそこまで叩くことじゃなくね?って思うのが多い



    スターマン🤣🤣 阪神・矢野監督 初回2点止まりの打線に「もっと点取らないと」追加点奪えず流れを手放す/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/06/28/0015425055.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神10-0中日>◇25日◇甲子園

     阪神が今季2度目の先発全員安打で10点を奪い連勝した。初回、2死満塁から6番糸原健斗内野手(29)の右前適時打で先制。2回表終了後、降雨のため25分の中断もあったが、小雨が降り続く中、打線は4回までに9点を奪った。投げては先発伊藤将司投手(26)が8回まで毎回の9安打を許しながら無失点で4勝目を挙げた。試合後の矢野燿大監督(53)の一問一答は以下の通り。

         ◇    ◇    ◇

     -先発全員安打で10得点。

     「いいつながりというか、そういう攻撃ができたと思います。天候も難しかったですし、1点、2点と入っていくとね、隙も出るかなというところが、心配していましたけど、そういうこともなくね、ずっといい攻撃ができたと思います」

     -中断もあったが、序盤で大量リード。この展開については

     「今日は、岩崎も、湯浅も休ませたいなと思っていたんでね。そういうところでは、打線がそういう試合をつくってくれて、有利な形で、また明日に臨むことに対してもいい形ができたので、そういうところは打線が頑張ってくれたかなと思います」

     -先発伊藤将の投球は

     「ここ最近ずっと、いい感じで投げてくれていますし。いつも丁寧に何とか低く、まあ時には大胆にっていうような投球を、梅野としっかりやってくれたなと思います」

     -毎回安打は許したがよかった点は

     「真っすぐが(よかった)。相手は逃げるボール、右打者から逃げるボールが頭にあると思うんですけど、そういうのをしっかり裏をかきながら真っすぐで押せたところが大きいかなと思います」

     -9回は本人と話して代えたのか

     「いやいや、それはないですけど。十分仕事をやってくれていますし。次回もあるんで、8回でOKということで代えました」

     -今のチーム状態は

     「打線の状態も上がってきていますし、中継ぎ投手陣も今、結構豊富にいると思うんで。いろんな戦い方というのができる形になっていると思うんで。明日は柳投手といういい投手なんで、今日みたいに打線が何とかつないで、投手も明日は全員でいくつもりでやりたいと思います」

     -伊藤将は毎回安打を浴び、序盤は特に得点圏に走者を背負いながらも粘った

     「そうやね。序盤の粘りは大きかったね。あそこでやっぱり、ちょっと1点取られたりしたら嫌な流れになったりすると、全然違う流れになるようなゲームでもあったと思うんで。(3回無死二、三塁で)Aマルティネスの二直とかそういうのもあったにしても、よく粘り強く投げてくれた」

     -粘りも彼の投球の特長

     「いかに粘れるか、いかに根気強く投げるかっていうのは、別にプロに入ってからじゃなくて、ずっと将司がやってきたことが積み重なって、そういう投球が出来上がっていると思います。それは本人もどういう状況になっても粘り強く投げるっていうのは意識してくれていると思います」

     -25分の中断のあと、2回の攻撃では先頭の梅野が安打を放ち、うまく攻撃に入れた

     「まあそうやね。雨ってやっぱり喜ぶってことはあまりないので。やりにくいなあとか、なかなか集中もしにくいし、そういうところでは中断があった後も、そういうこともなく攻撃の方も、バッテリーもしっかりやってくれたっていうのは、チーム全体で戦うという意識をしっかり持って戦うというのと、どんな状況でもしっかりやるというので戦ってくれたかなと思う」

     -伊藤将は2犠打に2点適時打と打撃面でも貢献

     「打撃はもともといいものを持っているんで。犠打はちょっと前までは投手陣が決まっていなかったんで。そういうところもセ・リーグは大事になる。点を取ることもそうやけど、投球にも犠打を決める決めないは影響してくると思うので。いい犠打を決めてくれたかなと思います」

     -初回から3回まで2死から得点。満塁できっちり点を取れている

     「誰かが極端に調子が悪いとかが減ってきているんで。なんとかつないでいけば、次の中でなんとかできるとか、そういう線で攻撃できているのが表れているのかなと思います」




    矢野監督 ○伊藤9回引っ張るつもりは無かった ○明日は柳投手 いい相手なのでつないで点をとりたい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <広島3-3阪神>◇23日◇マツダスタジアム

     阪神は9回2死二塁から試合を振り出しに戻し、開幕からの広島戦10連敗をなんとか阻止した。最後は12回裏2死満塁で守護神岩崎が耐え、引き分けに持ち込んだ。ただ、チームは5位に転落。首位ヤクルトとのゲーム差は15に開き、プロ野球の最大差逆転Vとなる14・5ゲーム差を超えた。

     試合後の矢野燿大監督(53)の一問一答は以下の通り。

     -9回は近本が同点打。土壇場でよく粘った

     矢野監督 「うん。追いついてね。2アウトまでいったけど、追いついたというのは、相手の栗林もいいクローザーなので、そういうところでは良かった部分かな。でも、その前に点が取れていない。(先発)アンダーソンのところで点が取れていないというのが、どうしても響いてしまうので。もちろんみんな取りにいこうと思っているし、気持ちはあると思うんだけど、ああいうところでしっかり取っていきたい」

     -岩崎が12回に久々の登板

     矢野監督 「まあ、いきなり難しいポジションだけど、0に抑えたところに意味があるんじゃないかなと思っています」

     -前日サヨナラ被弾のアルカンタラは10回タイトな場面で抑えた

     矢野監督 「まあ、それはね。ホームでアウトの場面(2死一塁から二塁打で一塁走者が本塁タッチアウト)だし、抑えたという形というのはどうかと思うけど」

     -また明日から甲子園

     矢野監督 「負けて帰るのと引き分けでは全然違う。そういうところでは引き分けがあって良かったなと思えるような、明日からの試合にしていかないとダメだと思う。試合自体は悪い試合をやってるわけじゃないと思う。そういうところでは自分たちの野球をまた明日からやれるような引き分けにしていきたいなと思います」




    @hanshintigersjp 引き分けやのに、笑顔で矢野ガッツ。 いまだ広島戦0勝9敗2引き分けやで。 勝てそうな試合やのに引き分けて監督が喜んでたら今年の阪神やっぱダメやわ。 pic.twitter.com/rDgifljQTU


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「広島3-3阪神」(23日、マツダスタジアム)

     阪神が延長十二回を戦い、広島相手に引き分けた。土壇場の九回、2死から近本のタイムリーで追いつく展開。勝ち切れなかったが、試合後の矢野監督は「試合自体は悪い試合をやってるわけじゃない」と前を向いた。

     1点差で迎えた九回、打線が意地を見せた。先頭の梅野が二塁内野安打で出塁すると、中野の送りバントで1死二塁を作る。島田は空振り三振に倒れたが、続く近本だった。

     カウント2-2から5球目、栗林のフォークに食らい付くと、打球が一、二塁間を破る。代走の二走・植田が同点のホームを踏んだ。近本は初回に中前適時打、五回に右前打で3安打2打点の活躍。これで20試合連続安打となった。

     矢野監督は「2アウトまでいったけど、追いついたというのは相手の栗林もいいクローザーなので、そういうところではよかった部分かな」と打線全体の粘りを評価。その上で「でも、その前にアンダーソンのところで点が取れていないというのが、どうしても響いてしまうので。もちろんみんな取りにいこうと思っているし、気持ちはあると思うんだけど、ああいうところで、しっかり取っていきたい」と、早い回からの仕掛けを求めた。

     ヤクルトが中日に勝利したため、首位との差は15ゲーム差に広がった。過去、プロ野球で史上最大の逆転優勝は、1963年の西鉄で14・5差。“デッドライン”超えで、数字上のV確率は0%となった。また、依然として広島相手に開幕から勝ちがなく、引き分けを含む11戦未勝利と苦しい状が続く。

     それでも指揮官は「負けて帰るのと引き分けでは全然違うんで、そういうところでは引き分けがあって良かったなって思えるような、明日からの試合にしていかないとダメだと思う」と前を向き、「試合自体は悪い試合をやってるわけじゃないと思うんで。自分たちの野球をまたね、明日からやれるような引き分けにしていきたい」と、甲子園に戻って戦う24日からの中日3連戦に目を向けた。




    △虎将トーク 阪神、5位転落でヤクルトと15差 矢野監督は「悪い試合をやってるわけじゃない」(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース そ、悪い試合はやってない 見応えのある試合。。。だけど 阪神も広島も攻撃がね どちらも分かりやすい配球を 考えすぎてる感じした  https://news.yahoo.co.jp/articles/7e470bfea52386db9653ed158846ece84a75c1ad 



    引き分けでガッツポーズをする矢野監督 https://t.co/qOwwsUChc3


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「広島5-3阪神」(21日、マツダスタジアム)

     阪神はまたも床田を攻略しきれず、今季3戦3敗となった。7回4安打2失点という投球を許した中、阪神・矢野監督は「球種も多いからなあ。結局、真っすぐでずっと押してくるわけじゃないから。どっちかというと、変化球で追い込んで最後真っすぐというパターンが多いと思うけど・・・それだけ絞りにくいのは絞りにくいだろうなと思うけど」と振り返った。

     九回には、先頭からの3連打で1点を返し、なおも無死一、二塁とチャンスは続いたが、糸原が中飛、代打・糸井が空振り三振、そして最後は代打・ロハスが遊ゴロに倒れた。

     その中で、大山が七回に18号2ラン、九回には中前適時打で2安打3打点。好調を維持する姿に「内容も全部いいしね。凡打の内容もいいし。状態はかなりいいところで維持できているかなと思う」と称賛していた。




    【阪神】矢野燿大監督が3打点の大山悠輔に「内容も全部いい」 苦手の床田は「球種も多いから」 一問一答(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/52c347e6f0082dd9134f15f4c1716eabc9cccd9e  広島とヤクルト昔得意だった気がするけど、いつからか本当に苦手になったなぁ…



    阪神・矢野監督「球種も多い。絞りにくい」 “天敵”床田に打線が沈黙…広島戦8連敗(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/bf08d7833f9ab021fde4d17787f7c40c8aca53c9 再びBクラス転落。最下位ともゲーム差無し。


    続きを読む

    このページのトップヘ