1


阪神の新人合同自主トレが9日、西宮市内の鳴尾浜球場で始まった。視察に訪れた矢野燿大監督(53)は緊張ぎみのルーキーたちを前に訓示。「野球を楽しみなさい」という言葉とともに「(このメンバーは)チームメートであり、ライバル。絶対に負けない、勝つという気持ちを持って練習していこう」とハッパをかけた。

初日の練習メニューはランニング、キャッチボール、ウエートトレーニングなど。ドラフト1位・森木大智投手(18)=高知高=は「今年が1年目ですけど、1軍で1勝を取ることをテーマにやっている。一日一日、前を向いてやっていきたい」と決意を新たにした。

スカウトや球団関係者らとルーキーの動きをチェックした矢野監督は「すごくやる気のあふれた表情で、頼もしく思いました。早くユニホームを着ている姿をみたい」と話した。

この日は、新型コロナウイルス感染のドラフト5位、岡留英貴投手(22)=亜大=をのぞく7選手(育成1人)が参加した。




[阪神の新人合同自主トレ開始] ·視察の矢野燿大監督からは激励の訓示 (2022年1月9日·東スポWeb)  https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/3916373/ 


続きを読む