1


 「エキシビションマッチ、阪神6-4ロッテ」(27日、甲子園球場)

 佐藤輝に負けじと阪神の4番・大山が一発を放った。六回、横山の外角高めの146キロ直球を捉えた打球はバックスクリーン右へと飛び込む127メートル弾。「速い真っすぐを一発で仕留めることができて良かった。センター方向にいいバッティングができたと思います」と笑みがこぼれた。

 前半戦は不振に終わり、このところの練習では矢野監督が連日、直接指導。打撃時に腰を残しながらバットを走らせるイメージの“ツイスト打法”に取り組んできた。

 エキシビションマッチ初戦で、いきなり練習の成果を発揮。「本当にいい角度の付いた、しっかりした打球やった。これがいい方向にいってくれたらなという兆しの見えるような、いいホームランやったと思う」と指揮官も主砲の“一発回答”に目を細めた。




阪神・大山 “ツイスト打法” 成果弾「いいバッティングできた」 (デイリースポーツ) 阿部慎も、やってたね。😑  https://news.yahoo.co.jp/articles/bb7eca6ae24eafbba27c26337ca413e53cb61b67 



大山くん後半に向けて良いスタートですね😊 阪神・大山 “ツイスト打法”成果弾「いいバッティングできた」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/07/28/0014540068.shtml  # @Daily_Onlineより


続きを読む