とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    矢野監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇練習試合 阪神0―0DeNA(2020年3月25日 横浜)

     阪神のジョー・ガンケル投手(28)が25日、DeNAとの練習試合(横浜)に先発し3回2安打無失点と好投した。直近2試合で計14失点するなど安定感を欠いていた助っ人右腕は修正能力を発揮。練習試合は一旦休止となるが、開幕ローテ入りを再びたぐり寄せた。

     “ゴロ魔神”が復活を遂げて敵地のマウンドに仁王立ちした。先発したガンケルが、3回2安打無失点の好投を披露。2戦連続で炎上して急落していた評価を取り戻した。

     「(課題だった)低めに集めていくことをクリアできた。低めに投げてゴロアウトも量産できたし、シンカーも良い時のように曲がってくれたね」

     立ち上がりから持ち味を存分に発揮した。初回は梶谷、神里を投ゴロ、遊ゴロに仕留めると、新助っ人のオースティンもスライダーで三ゴロ。2回も奪ったアウトはすべて内野ゴロと、ほぼベストメンバーをそろえたDeNA打線を手玉に取った。3回は四球と安打で2死一、二塁のピンチを背負うも、最後はオースティンを内角低めの直球で見逃し三振。この日、唯一の「K」を最高の場面で奪い快投を締めくくった。

     「結果は少し気にしていた。良い状態でマウンドに上がることができたので、低めに投げてどんどん自分のテンポを作っていくことができた。やりたかったことはできた」

     前回19日の2軍練習試合・オリックス戦では3回2/3を11安打7失点でKOされた。直近2試合で計14失点。と精彩を欠く内容に、キャンプ中に当確を灯していた開幕ローテに暗雲が立ちこめていた。

     それでも、信頼回復へ手は打っていた。中5日の調整期間ではビデオを見直し、前に突っ込んでいた悪癖を確認。「後ろに体重を残して前で(ボールを)離せるようにした」と真価の問われるマウンドできっちりと修正して見せた。矢野監督も「2回あんまり良くなかったんで、本人的にもちょっと落ち着いたと思う。らしさというところは出た投球が多かった」と評価した。

     「シーズンがいつ開幕しようと、やるべきことをやっていく。決まっているところに合わせて自分のできることをやっていく」。冷静に現状を見つめる背番号49が頼もしい。(遠藤 礼)




    引き分けでしたか😳🐯 両チーム共に決定打に欠ける試合となりました🙄🐯 それだけレベルの高い投手戦だったという事ですかね🙂🐯 ガンケルさんは見事に修正して開幕ローテへの可能性を繋ぎました。 そのほかの投手もナイス継投☺️🐯 あとは...開幕まで試合なしの日々が続く😑🐯💦 pic.twitter.com/TRFGlf2qrC



    今日の感想。。。 ・ガンケル、ローテ合格かな ・うえぽんは1番固定がいい ・大山、北條マルチいいね ・ベイ伊勢の威勢のいい投球 ・スコア見てタコ焼き食べた  くなった 以上です。 pic.twitter.com/aCC0hW2BQT


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:DeNA0-0阪神>◇25日◇横浜

    虎の4番候補は大丈夫なのか…。阪神の新外国人ジャスティン・ボーア内野手(31)がDeNAとの練習試合で2打数無安打に終わり、来日から対外試合15試合、39打席ノーアーチとなった。

    メジャー92発の看板を引っさげ、得点力アップの起爆剤となるべき男に火が付かない。全て4番に座った15試合は37打数7安打、打率1割8分9厘。安打も全て単打と、打球も調子も上がってこない。

          ◇   ◇   ◇

    ボーア弾はいつ生まれるのだろうか。新型コロナウイルスの余波で開幕が先延ばしとなった影響で、3月最後の練習試合。対外試合で15度目の4番に座った。ともに先頭打者で、2回は先発右腕京山のチェンジアップにバットが空を切り、4回も2番手の右腕上茶谷のカットボールを打ち上げ、力ない遊飛。予定の打席を2打数無安打で終え、ベンチに退いた。

    井上打撃コーチは湿ったバットにフラストレーションのたまった新助っ人の様子を明かした。「打席で凡打した時に、ボーアが『アァ~!』と言っていた」。その上でストレス過多の中にいる4番候補を思いやった。「本人も『オレが打たないとダメだ』という気持ちを持っているだろうから。そこは自覚しながら、調整してほしい」。2月15日の対外試合デビューから15試合39打席で本塁打なし。実戦形式の練習を含めて快音をさかのぼれば、約1カ月半前になる。春季キャンプ中の2月13日にシート打撃で秋山から右中間に放った来日2号が最後だ。15試合で単打7本、打率1割8分9厘と低迷している。

    矢野監督は「(打球が)上がらんな。いつ上がんねん」と冗談交じりに苦笑い。開幕先延ばしはボーアにとってはプラスと捉えつつ気をもんだ。「逆に時間があるから良かったけど、心配は心配。早くいい打球が見たい。『今日はそろそろやろ、そろそろやろ』と思いながら、ちょっと続いてるので。やることはしっかりやるし、悔しさはすごくもってる選手なので。もうちょっと、見ていこうかなと」。チームが、ファンが、B砲の1発を待っている。悩める張本人は「しばらく試合が行われなくなるけど、ケガには気をつけながら練習して。コンディションを維持していきたい」と暗い表情は見せずに前を向いた。【奥田隼人】

    ▽阪神清水ヘッドコーチ  (開幕が)1カ月遅れるので、そこまでに調整してくれたらいいと思う。暖かくなってきたら、打ってくれると思っている。(実戦は)2軍の鳴尾浜に行かせるし、いろいろ考えて、ちゃんと調整できるよう頑張ります。




    監督もさすがに本音出ちゃったね笑 ボーア選手は人はすごくいい印象なんやけど結果が全ての世界ですからねー🙄 阪神ボーア15戦0発「いつ上がんねん」監督苦笑い(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-23251174-nksports-base 



    オープン戦で好成績残したからといってシーズンもいい成績残すわけでもないし、ましてや練習試合でいい成績残す必要なんて全くない 阪神ボーア15戦0発「いつ上がんねん」監督苦笑い(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-23251174-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     練習試合(DeNA5-9阪神、24日、横浜)阪神・矢野燿大監督(51)が24日のDeNA戦(横浜)後に、延期された開幕までの調整法について語った。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が早くても4月24日になったことを受け、コーチ会議で相談。1、2軍の往来を活発にして、調整と育成を両立させる方針を決めた。

     本番さながらのガッツポーズで采配を振るった矢野監督は、コーチ会議で今後の方針を確認。調整と底上げを両にらみして過ごす方法を話し合った。

     「実戦感覚がしっかり持てるようにどう調整していくか考えながら、プラスアルファで育成というところもあるので」

     当面の主な実戦機会は2軍の練習試合になる。「(1軍が)2軍の試合に出ると、2軍の選手が出るところがなくなる。逆に甲子園に呼んでシート打撃をやったり、何かこっちもみられる時間に」。主力に出場機会を譲った2軍選手を1軍の練習へ。刺激はもちろん、首脳陣がファームの選手をチェックすることも可能だ。

     「キャンプみたいな日を作ることも考えているし、休みもちょっと取りながら」。体力強化の日も設けながら、全選手にとってプラスな1カ月を送って開幕を目指す。

     「世の中的に、本当にそこでできるのかなというのもありますので、複雑ですね」。はっきりと見えないシーズンの中、最善の準備を進めていく。




    阪神・ 矢野監督、開幕延期で 1、2軍シャッフル調整やるぞ! 「1軍が2軍戦、2軍が甲子園でシートやったり」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース 開幕まで、色んな調整できるね、楽しみ! チカラつけてくれ!!👍🤨⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000017-sanspo-base.view-000 



    @chiene0007 これからサバイバルだ🔥🔥🔥🔥🔥


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:DeNA5-9阪神>◇24日◇横浜

    阪神育成ドラフト1位の小野寺暖外野手(22=大商大)が勝負強さをアピールした。

    途中出場した7回2死二塁の打席で勝ち越しの右前適時打。「打たないといけない、と思っていたけど、ああいう形(本盗)で点が入って余裕ができた」。続く9回も左翼へ2点二塁打を放ち、2打数2安打3打点の大活躍だ。お試しで1軍デビュー戦した15日オリックス戦でいきなり初安打の弾丸二塁打。

    開幕延期で再招集した矢野監督も「楽しみがある選手やなって、前回も見て呼びたいと思ったけど、こういう姿を見ると俺らもそう思う」とさらに期待を膨らませた。小野寺は「結果を残して1軍に残り続けたい。数少ないチャンスを生かしていきたい」と意気込んだ。




    育成の星、活躍してくれました! 阪神育成1位小野寺が2安打3打点 矢野監督も期待  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202003240000875.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    矢野監督の代名詞の「超積極走塁」は今季、さらなる進化を目指している。2軍で指揮した18年はリーグ新の163盗塁をマーク。1軍監督1年目の昨季は前年から23個増やし、リーグ最多の100盗塁を決めた。だがこの日、ビッグプレーを決めた陽川の売りは打撃で、足が速いイメージはない。だが、どの選手にも貪欲な走塁意識が染みついている。陽川は本盗サインの場面について「そういうこともある」と落ち着いて反応。「しっかり頭に入れて準備していきます」。シーズンでも、もう一丁の意気込みだ。セ界のライバルDeNAを驚かせ、驚異の足をインプットさせた。

    進化した走る虎。指揮官は「陽川、もともと走塁いいからね」と会心だ。途中出場から安打も放った背番号55に「ああ見えて足速いし、走る意欲もあるし、準備もできている。打つだけじゃない。そういうところはプラスアルファの魅力として、どんどんやってくれたら」と期待を膨らませた。

    開幕は最短1か月後とさらに延びて不透明な状況だが、陽川は冷静に言った。「今はしっかりモチベーションを高く持って。開幕した時に今の状態でいけるように、しっかり準備していきます」。今年はホームスチールも狙う。陽川も走る。開幕延期の時間を使い、足攻めにも磨きをかける。【奥田隼人】

    ▼記事全文はこちら





    機動力で勝負できるチームになりそうですね! 矢野監督「ああ見えて足速い」陽川が意表突く本盗  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202003240000930.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む

    このページのトップヘ