とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・矢野燿大監督(52)が9日、兵庫・鳴尾浜で始まった新人合同自主トレを視察し、新人9選手を集めて訓示した。

     「緊張してる? 俺も(新人時代が)30年ぐらい前になるけど、みんなも多分、同じような気持ちやと思う。今持っている力を発揮して、うまくいくのが一番いいことかもしれんけど、俺としては早く壁にぶち当たってほしい。その壁が自分を成長させるものになると思う」と呼びかけた。

     この日はドラフト1位の佐藤輝明内野手(21)=近大=らがランニング、キャッチボールなどで精力的に体を動かした。練習を見守った指揮官は「全体を見たわけじゃないですけど、早くユニホームを着て、プレーする姿をより見たいという気持ちになりました。確定ではないけど、ケガをしている育成の岩田と高校生の高寺以外は(1軍キャンプに)連れていきたいと思っています」と最大7選手を沖縄・宜野座キャンプに帯同させる意向を明かした。




    矢野監督が、新人合同自主トレしてる鳴尾浜を視察したそうです( ・_・)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ――正捕手として2度のリーグ制覇を経験した。優勝するには、やはり絶対的な正捕手が必要なのか。

     矢野監督 今の野球は変わってきている。昔はそうだっただけで、今は規定打席に到達する捕手も少ない。(カード)3連戦同じというのもめちゃくちゃ少ない。優勝した巨人だって大城がいて炭谷が出たり小林が元気だったら分からないけど。広島だって、ジャパンに入っている会沢だって代わる。優勝しているのがいい捕手、メンバーが固定されているというのはオレらの時代の話で。昔のいいところももちろんあるけど、そうでなければダメとは思っていない。だから巨人との(開幕カード)3連戦(※1)も3人捕手を代えた。大きく負け越していたし、オレの中で何かやっていいんちゃうかなというのもあって。それぞれの投手との相性、打つ方もみんなしっかり結果を出していた。隆(梅野)を安心させるというよりは、新しいことが生まれる方がラッキーなんちゃうかなと。戻すなら戻せばいいしと思っていたから。

     ――必ずしも固定することが、今の野球では必要ではない?

     矢野監督 ジャイアンツだって打順、メンバーがめまぐるしく代わるし、ソフトバンクだってそう。捕手固定も含めて、そんなに決めなくてもいいのかなと。オレも面白いことをいろいろやりたいと思っているから。(開幕カードの)巨人3連戦も逆の目が出て(開幕からの4カードで)2勝10敗になってしまった面は否定しない。でも、やる意味はオレの中である。ファンの人からしたら“何してるねん”となると思うけど、何もしないのは安全策。それでは面白くない。巨人3連戦で捕手を代えて3連勝したら、向こうからしたら“えっ?”となる。配球も変わるし、やりにくいなと。でも、この結果になったのはオレの責任。

     (※1)6月19日の巨人との開幕カード3連戦で第1戦に梅野、2戦目に原口、3戦目に坂本を先発起用。2―3、1―11、1―7の3連敗に終わった。




    【阪神・矢野監督】捕手固定は面白くない「新しいことが生まれる方がラッキー」
     https://news.yahoo.co.jp/articles/5b18a3bf9e86a0b8d025e061a76181e3a34fa324 
    一長一短の捕手を投手との相性で変えるなら分かるけど、阪神の場合は梅野が打撃も守備も圧倒的なのにコロコロ変えられて不遇なだけだからね?
    安全策で良いから勝てる野球をしてくれ



    ラッキーを求めるのは再建期のチームがすることでしょ。優勝を目標に掲げ続けていよいよ来年勝負って時にこんなこと言ってんのか。捕手併用は良いが6連戦のうち1戦休ませれば良いだけの話。

    【阪神・矢野監督】捕手固定は面白くない「新しいことが生まれる方がラッキー」  https://news.yahoo.co.jp/articles/5b18a3bf9e86a0b8d025e061a76181e3a34fa324 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ――キャプテン大山に求めるところは?

     矢野監督 求めるといえば、全部求めるけどね。姿勢も数字も。4番やってキャプテンやって。重く受け止めたらしんどいしかない。悠輔は初めてのキャプテンで、悠輔自身「向いていない」と思っていると思うんだけど、オレはあえて悠輔がやることでチームも悠輔も成長できると思うから。ただ、悠輔がキャプテンという部分に苦しむことは必ずあるから、その時は「健斗(糸原)、助けてくれよ」「隆(梅野)、頼むぞ。力貸してやってくれよ」とお願いはした。悠輔がキャプテンをやることで、選手が遠慮することは一切必要ないし、全員がキャプテンになってほしい。悠輔の中で「キャプテンだから何かしないと」というのは生まれると思うけど、周りも支えてくれるし、背負った中での悠輔を見てみたい。一方で求めない部分もある。「そのままやってくれたらいいよ」って。

     ――4番は大山?

     矢野監督 異論ないでしょう、昨年の成績からして。育てたいというか、生え抜きの自前の日本人選手が中心にいることが理想。それが安定した強いチームをつくれることになる。将来的な3、4、5で佐藤輝、大山、井上っていうスケール感のある選手が中心を固めてくれたら、うちには近本というめちゃくちゃくデカい存在もいるしね。その一番中心を担うところで言うと、悠輔が一番近いところにいるわけやから。4番を任して、キャプテンを任してやっていくことに何の迷いもない。

     ――それも何かを残したい、という一つになるのか?

     矢野監督 そう言われたら、そうやなあ。そういう風にはとらえてなかったけど、自分も勝ちたいというのは当然ある。でも、魅力ある選手、チームをつくりあげたいというのが球団やファンにできることだし、そういうものを一番にやりたい。




    〜阪神タイガース2023〜

    1(中)近本
    2(二)北條
    3(右)佐藤輝
    4(三)大山
    5(左)井上
    6(指)ヨエルキス・セスペデス
    7(一)ギレルモ・アビレス
    8(捕)梅野
    9(遊)小幡

    西→高橋遥→藤浪
    →西純→秋山→村上(伊藤将)

    佐藤蓮→岩貞→青柳→岩崎→スアレス


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神OBで野球評論家の掛布雅之氏が4日、カンテレの報道番組「報道ランナー」にVTR出演、阪神優勝へのキーマンに矢野燿大監督を指名した。

     今季の阪神について「優勝争いはします」としながら、「優勝できるかどうかのカギを握っているのは矢野監督」と断言した。

     今オフに韓国リーグの2冠王のロハスJr.や同リーグの最多勝投手のアルカンタラ、さらには日米通算95勝のチェンを相次いで獲得。さらにはドラフトでゴールデンルーキーの佐藤輝を引き当てるなど、大型補強に成功。掛布氏は「勝たなきゃいけないという補強で、監督の選手の起用法がすごく勝敗を左右する」と指摘した。

     さらには佐藤輝の育成についての難しさにも言及。「1軍で育てていかなきゃいけない選手」と話す一方で、「プロの変化球のキレや真っすぐのスピード、キレに1年目で対応するには時間がかかると思う」とプロの厚い壁の前に苦労すると予測。それでも「出すべき」と言う掛布氏だが、「ただ優勝しないといけないシーズン。若手を育てるシーズンかと言われると、すごく難しい」と、矢野監督が難しいかじ取りを迫られると予想した。

     掛布氏はもう一人のキーマンに昨季28本塁打と大ブレークした4番の大山を挙げた。「今季も30本近く打てば本物の4番になる」と話し、「すごく期待もしているけど、すごく不安もある」と吐露。当然、今季は他球団からのマークも厳しくなることが予想され、「どうやってボールを見極めて、自分の打てるボールで勝負できるか」と指摘。「ちゃんと柱になれれば、巨人と互角になるし、巨人と互角に戦えれば、優勝が見えてくる」としながらも、「期待してますけど、不安もある」と同じ言葉を繰り返していた。




    掛布さん、同感です👍

    掛布氏 阪神優勝へのキーマンは矢野監督「選手の起用法が勝敗を左右する」  https://article.auone.jp/detail/1/6/10/17_10_r_20210104_1609768091491607 



    掛布氏 阪神優勝へのキーマンは矢野監督「選手の起用法が勝敗を左右する」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
    優勝左右するのは矢野監督次第て事ですなぁ〜…なんか寂しい。  https://news.yahoo.co.jp/articles/db5efd4382af4967e0336c31d71e16b4950813e6 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ――監督としてさまざまな経験、手応えをつんで3年目を迎えるが、方向性、やるべきことは変わっていない。

     矢野監督 自分の中でも明確にあるし、自分で言うのはなんだけど、ぶれてないつもり。選手をとがめることもしてないし、挑戦することも変わっていない。変わっていないから、スタッフから今年のスローガンでもある「挑」が出てきたところもすごくうれしい。アウトになったとしても“もっと行ってこい”と伝えているから。オレのやることは減ってきている、コーチや選手同士でやってくれるから、ほんと、うれしい。

     ――佐藤輝(ドラフト1位)について。外野はより激しい競争が生まれそうで、監督も楽しみなのでは。

     矢野監督 うん、面白いな。まず、見てみたい。実際、タイガースのユニホームを着てどうか見てみたい。サードをやりたい思いを持っていて、それ自体すごく良いことなんだけど、アイツに伝えたのは「まずは外野や」と。外野の守備ができないと打席には立てない。外野守備をやっていくよう、本人に伝えてはある。バッティングが一番の魅力で、その特長で獲った選手。でも、そこを思う存分発揮させるためにも、悠輔(大山)を動かして佐藤、とは考えにくい。そう考えると春のポジションはまず外野になる。守らせてみて、まず守れるのか。打つのがどれぐらいのレベルにあるのか見極めた中で、嘉男(糸井)から陽川、高山、中谷、井上も含めて他も外野手がいるけど、誰が勝ってくるのかを見ていくのはすごく興味がある。オプションの中で佐藤が内野をやることもあるとは思うけど、現状は外野で。1年目からガンガン打たせてくれるほど甘くないと思うし、苦しんだ分は佐藤が成長できると思うから。打ってくれたら打ってくれたでうれしい、どっちにしろ見るのが楽しみな選手ってそんなに多くいるわけじゃない。そういう選手が来てくれたんだから、オレもファンの人も楽しみにしてくれる。

     ――育てていく中で、佐藤輝は中軸を打てる打撃を崩してほしくない。

     矢野監督 もちろん、もちろん。ホームランを打てる選手って、多くいない。3割は誰もが目指せる数字だけど、それよりも長打、ホームランが佐藤の魅力。浜風がめちゃくちゃ吹いているところで放り込んでくれたら、それだけでも夢がある。佐藤にも言ったのはホームランを打って格好良いのは当たり前。これは井上にも言ったけど、違うところでも格好良いと思われる選手になってほしい。ポジションまで走って行く姿であったり、凡打で一塁まで走る姿であったり。そういうのを子どもたちが見て「うわ、佐藤ってアウトになっても全力で走るやん。よし、オレも同じように頑張ろう」となってくれたら、それは凄いこと。

     ――そういう格好良さというのは、一流選手こそが持っているものだと感じるし、佐藤選手にも大切にしてほしい。

     矢野監督 チームで大事にしていることやからね。オレも現役の時はなかなかできてなかったんだけど、辞めてからすごく大事なことだと考えるようになって。あきらめない力を蓄えるということで言うと、ダメな時にどう頑張れるかで蓄積されていくんだと思う。例えばピッチャーだったら打たれた後のバックアップを行けるか、行けないか。でもそれができれば、進塁や次の1点を防ぐことができる。そこで悔しさを一回のみ込んで足を動かすことを続けていれば、オレは力を蓄えていけると思ってて。佐藤自身にも圧倒的な数字を出す、プラスアルファの部分の魅力を持つことができれば、もっと凄い選手になれるんじゃないのかな。早く見てみたいね。

     ――佐藤輝の入団も含めて、チームはがらっと若返った。精神的な支柱というか、プレー以外で、変わりそうな感じはある?

     矢野監督 不安的な要素というか、今までは孝介(福留)、能見、球児(藤川)そういうメンバーがいて。健斗がキャプテンとして困った時に、たとえば孝介に“どうですかね?”と聞けただろうし、同じようにピッチャーも能見や球児に聞きに行く場所があったのに、それがなくなったというのはマイナス。プラスで言うと、オレは全員がキャプテンになってもらいたいし、全員が“任せる”のではなく“オレがやってほしい”わけよ。でも、(頼れるベテランが)いなかったら考えないと仕方ないし、自分たちでやるしかない。そういうところでも、そこらへん(中堅選手)が引っ張っていく構成になったから。自然にみんなが自分がアイデアだしたり、気づいてやっていってくれるプラスが、オレはあると思う。

     ――昨年は開幕2勝10敗がクローズアップされるが、そこから108試合は貯金15で終えた。はい上がった経験は今季に生きる。

     矢野監督 ほんま、アカンと思った。やばい、と。どうしよう、って。何もできない。散歩するぐらい。切り替える場所もそんなになくて。本を読むマインドにもなりにくい…。チームスローガンの「It’s 勝(笑) Time!」をオレ自身が全然できていなかった。「こんな成績で楽しめない、選手も“楽しめ”と言われてもしんどいやろうな」と。でも、それをみんなで乗り越えられたから手応えというか、健斗のキャプテンシーもあったし、一人一人の成長でね。そういうトータルですごく手応えを感じてる。

     ――糸原のキャプテンシーについて。

     矢野監督 昨シーズンは健斗がキャプテンとして、めちゃくちゃ理想に近づいてきてて。負けている時とか、良い意味でベンチでバカをやってくれる。オレはそれがすごくうれしくて。アカン時に、オレなんかはすごくションボリしてるわけ。でも健斗だけが「ハンディ、ハンディ」とか、あえて頑張ってくれていて。健斗がナゴヤドームで無死一、二塁から送りバントを失敗してベンチに帰ってきたときも、「過去は変えられない、未来は変えられる」って。オレの中で「しばくぞ、バントしてこいよ」って思いながらも、オレがいつもそうやって言っているからクスッと笑ってしまった。「お前が言うなよ!」という自分と、「健斗、ようそれ言ったな」という自分がいて。それがうれしくて。おれはそういうチームにしていきたい。そういう意味で、健斗は本当によく頑張ってくれた。今年も健斗で、もちろん良かったんだけど「健斗、名誉キャプテンな。さらに上や。マークはなくなるけど、オレの中ではM(名誉)C(キャプテン)が見えてるからな」と。




    糸原は声出して盛り上げるタイプ
    ベテランが減ったチームに必須の戦力やな

    あと外野争いに井上の名前も出てる
    リップサービスも入ってるやろけど

    【阪神・矢野監督 新春インタビュー(2)】ドラ1・佐藤輝の成長期待「凡打で走る姿も格好良く」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/01/04/kiji/20210103s00001173202000c.html 



    🔽【阪神・矢野監督 新春インタビュー(2)】ドラ1・佐藤輝の成長期待「凡打で走る姿も格好良く」 #SmartNews

    佐藤輝選手と糸原選手のことについて矢野さんが熱く語ってます😌
    時間のある方はぜひ🙇‍♂️

    #阪神タイガース
    #阪神ファンと繋がりたい
    #プロ野球
    #野球
    #tigers  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/01/04/kiji/20210103s00001173202000c.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ