とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    矢野監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神の矢野燿大監督(52)が今季初の「伝統の一戦」を前に自信をのぞかせた。21年甲子園開幕ゲームとなる6日に今季初対決。9年連続負け越し中の王者との3連戦に向け、「開幕前から意識はしている」とした上で、力を込めた。「今までよりも今からの方が大事。去年やられたというのは悔しさとして力にしていくけど、今までやられたからマイナスにとらえる必要はないし、オレらの野球をやるだけ」。

    昨季は開幕カードで屈辱の3連敗を喫するなど8勝16敗と大きく負け越した。今春の1軍キャンプ初日には宿敵のカラーを意識してオレンジ色のサングラスを装着。打倒巨人にかける思いは強い。王者は中島、丸、若林、ウィーラーが新型コロナウイルスに感染して離脱を余儀なくされているが「それは関係ない。オレらの全力を尽くすことが大事」と強調。持てる力を100%出し切り、リベンジの3連勝を狙う。

    阪神中野(初の伝統の一戦)「テレビで見た中では少し空気が違うのかなと感じている。雰囲気を味わいながら、自分に任された仕事を全うしたいです」

    阪神近本(巨人戦に向けて)「甲子園で今年初めて試合がある。良い試合ができるようにみんなで頑張っていきたいです」




    阪神・矢野監督 巨人へリベンジ「悔しさ力に」 コロナで丸ら不在も「全力尽くす」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/7bb66581f8e94322d9b18dbb4d9989dcb4aae300  巨人のメンバー落ちを言われたくないでしょう。もし負けたときに何を言われるか・・・怖いよ。必死で口元閉じてる。



    阪神・矢野監督 巨人へリベンジ「悔しさ力に」 コロナで丸ら不在も「全力尽くす」 まぁ、ここ2年巨人ちゃん独走の最大原因ですから^ - ^  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/04/06/0014215385.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     さぁ、甲子園! さぁ、伝統の一戦! 阪神のD1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=が5日、今季の本拠地初戦となる6日の巨人戦に向けて「一番の敵だと思います」と意気込んだ。4日の中日戦(京セラ)で初めてスタメン落ちしたが、矢野燿大監督(52)は先発復帰を示唆。0・5差で追う宿敵との首位攻防戦。豪快スイングで、首位固めに貢献だ!!

     京セラドームでの戦いを経て、ようやくわが家に帰ってきた。今季初の甲子園は、いきなり伝統の一戦。しかも阪神が0・5ゲーム差をつけて2位・巨人を迎え撃つ首位攻防戦。佐藤輝の言葉も、熱を帯びた。

     「一番の敵だと思いますし、上に行くためには勝たなければいけない相手だと思うので、しっかり自分のプレーに集中して、チームの勝ちに貢献したいです」

     3月14日のオープン戦では“G倒弾”をお見舞いして1-0の勝利に貢献。当時も「セ・リーグで優勝するために、絶対倒さないといけない相手」と話していた。本拠地にチームが戻ってくるのは、その一戦以来。5日から兵庫県に「まん延防止等重点措置」が適用されたことで入場者数は制限されるが、勝利を届けたい思いは変わらない。

     巨人は4日に新型コロナウイルスの陽性判定が出た丸、中島、若林に加え、改めてこの日、ウィーラーの陽性判定が確定し、出場選手登録を外れた。主力が抜けた状態ではあるが、昨季は8勝16敗と大差をつけられただけに、矢野監督も「それは関係ないよ、試合したら」と影響をきっぱり否定し、気を引き締めた。

     「全力を尽くすことが大事。去年やられたのは悔しさとして力にしていくけど、今までやられたからマイナスに捉える必要はないし、俺らの野球をやるだけなんで」

     9年連続負け越し中という負の歴史に終止符を打つためにも、佐藤輝の爆発力は欠かせない。4日の中日戦(京セラ)は今季初のスタメン落ち。それでも、1点リードの六回2死満塁に代打で登場すると、大きな拍手と歓声があがった。右翼へ大飛球をかっ飛ばし、惜しくもフェンス手前で捕球されたが、凡打でも試合の流れを変えかねない存在感は唯一無二。指揮官も「テル(佐藤輝)もね、1回出られへんっていう形で、またどうなるかというのも見てみたいし」と6日のスタメン復帰を示唆した。

     これまで9試合で打率・129(31打数4安打)とプロの洗礼を浴びているが、一方で2本塁打で4打点。ルーキーが1年目にレギュラーシーズンの甲子園初戦で本塁打を放てば、2リーグ分立後の1950年以降では初めてだ。佐藤輝は、改めて本拠地のファンの前で自身が打席に立つ姿を思い描いた。

     「今までとは違う雰囲気だと思いますし、しっかりその雰囲気を楽しんで、甲子園に来られるファンのみなさんの前でいいプレーができるように、頑張りたいと思います」

     伝統の一戦の重圧すら楽しみに変える強心臓は頼もしすぎる。黄色く染まったスタンドへアーチをかけ、虎党に歓喜の勝利を届けてみせる。(新里公章)

    ◆バックスクリーン弾でサイングッズプレ

     豪快スイングから着弾点まで一瞬たりとも目が離せない。5日、「DAZN バックスクリーンホームラン賞」の詳細も発表された。阪神主催の甲子園で行われるセ・リーグ公式戦で、バックスクリーンへ本塁打を放った阪神の選手にはDAZNから賞金100万円が贈られる。さらに、その選手からタイガース公式ファンクラブ会員へ、サイン入りグッズが抽選で100人にプレゼントされる。3月27日のヤクルト戦でのプロ1号もバックスクリーン弾だった佐藤輝。輝きを放ち続ければ、いったい何百万円になるのか-。




    佐藤選手はまたスタメン❓ヤッパリ前回のお立ち台、陽川選手で❓



    俺のパワプロ采配なら 4番スタメンで出す!!! 阪神D1位・佐藤輝、「一番の敵」Gに一発食らわせる 矢野監督がスタメン復帰示唆 #佐藤輝 #阪神 #巨人 #伝統の一戦 #パワプロ  https://www.sanspo.com/baseball/news/20210406/tig21040605020003-n1.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神3-1中日(2021年4月4日 京セラD)

     【4日の阪神・矢野監督語録】

     <テレビ会見>

     ▼佐藤輝はいい場面だった いい場面だったんで。楽しみもありますし。今、控えにいる中では一番打席に立っている選手なので。大いにチャンスがあるんではないかなというところで佐藤輝でいきました。バットも折れてましたし、行ったかなって感じはベンチからはなかったですけどね。

     <ペン取材>

     ▼中野からの3点目も大きかった ああいうのは大きいね。やっぱり拓夢(中野)が出たのは、大きかった。ホントに打撃は非凡なものがあるんでね。

     ▼糸原は頼りになる 頼りになるね。チャンスメークもできるし、ああいうところでは何とかしてくれそう。もともと雰囲気のある選手。ベンチでも守っている時でも声とかでチームも引っ張っていってくれる。ホントに頼もしく健斗らしさがチームにいい形でなじんでというか、いい雰囲気をチームにもたらしてくれている。

     ▼先発陣が頑張ってくれている やっぱり一番はそこかな。ここのところずっと先発陣が頑張ってくれている。今日はガンケルに勝ちがついて良かったけど、打線がもっとね、1点とは言わずに2点、3点と取っていくという形が勢いが出ると思うんでね。何とかしていければ、もっともっと乗っていけるかなと思います。




    6回2死満塁、代打で登場した佐藤輝選手は、右飛に倒れましたが、バットを折りながら右翼フェンスギリギリまで飛ばすパワーを見せてくれました(石橋) #tigers #npb #阪神タイガース #佐藤輝明 pic.twitter.com/WKTfcCAdxe



    ぐわぁぁ!代打満塁ホームランかと思ったぁしかしライトフライでもロマンのある打撃やな佐藤輝は!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神3-1中日>◇4日◇京セラドーム大阪

    キャンプから見て、阪神の強みは選手層の厚さにある。3年目の矢野燿大監督(52)が自信をもって采配をふるい、勝利に結びつけた試合だった。

    前日はホームでサヨナラ勝ち。これは勢いが出る勝ち方で、いかに連勝につなげるか。そこで先発メンバーで動きがあった。ラッキーボーイ的存在になった山本を遊撃で起用することで、いい流れをなる。打撃の状態、疲労を考慮しながら、佐藤輝を外し、陽川を使った。陽川はオープン戦でアピールしており、チャンスを与えてもいいタイミングだ。この決断は普通にあることだ、と思う。

    中日小笠原は初回こそバラつきがあったが、尻上がりに調子を上げた。右打者の内角ストレート、そして特にチェンジアップがいい高さから抜けていた。落差のあるカーブを入れながら、緩急の部分で球速差がかなりついていた。右打者は的を絞れず、戸惑っているように見えたが、その中で陽川が決勝打を放った。打った打者も素晴らしいが、監督の采配が的中したということだ。さらに7回には先頭の代打中野が安打で出塁し、貴重な3点目の糸口になった。大きな注目を浴びてきた佐藤輝だけではない、というところを見せた。

    試合のポイントとして、もう1点挙げれば、7回1死で好投のガンケルを降板させ、継投に移った。球数はまだ92球で続投させてもいい状況。7番木下拓を打ち取った後は、代打を含めて左打者が並ぶ確率が高い。そこでスパッと決断し、リリーフ陣は1人の走者も許さなかった。先発で言えば、1試合で2、3度のピンチはある。6回2死一、二塁の場面はこの試合3度目のピンチともいえたし、そこを無失点でしのいだことも決断の背景にあったかもしれない。この試合の矢野監督の采配は評価されるべきだ。

    広島戦に負け越し、この日は勝って6連戦を五分にもっていきたいところ。そこを勝ち切れたのは大きい。あらためて選手層の厚さを感じたし、シーズンに入っても、熾烈(しれつ)な争いは続いている、今年の阪神はそこが昨年と違うところで、チームの力として感じる部分だ。(日刊スポーツ評論家)




    現状を正確に把握している素晴らしい評論なんだよなぁ。 テレビの解説でもわかりやすかったし、強いチームの監督経験が活かされている感じがある 厚さ感じる選手層、矢野采配的中で勢い/緒方孝市(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/2c7169795ab9e6579a9c8581a72ea31a15b129a5 



    カープを3連覇に導いた指導力は伊達じゃないとわかる記事。 厚さ感じる選手層、矢野采配的中で勢い/緒方孝市  https://www.nikkansports.com/m/baseball/column/analyst/news/202104040000904_m.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神3-1中日」(4日、京セラドーム大阪)

     今季初めて阪神は佐藤輝がベンチスタートとなった。かわってスタメン出場した陽川が決勝タイムリーを放ち、結果を出した。矢野監督も起用に応えた陽川を称えた。

     陽川は1-1で迎えた六回、2死一、二塁から左前にはじき返し、二走のマルテが生還。ホームのクロスプレーで中日からのリクエストもあったが、判定は覆らず、勝負を決める一打となった。

     矢野監督はこの場面を、「何とかね。重いムードを陽川があそこで返してくれたおかげで、こっちに流れがくる一本になったんでね」と振り返った。「ずっとバッティングの状態もよかったですし、使いたいなっていう風には思っていたんですけど。そういうところでは勝負所でね、一本打ってくれたんでね。いい仕事をしてくれました」と称えた。

     佐藤輝は同じ回の満塁機で代打で登場。右飛に終わったが、「いい場面だったんでね。楽しみもありますし。一番打席に立っている、今控えにいるなかでは打席に立っている選手なので。そういうところでは大いにチャンスがあるんではないかなというところで佐藤輝でいきましたけどね」と代打で送り出した理由を語った。

     スタメン変更については、「それは1個のこと(理由)で代えているワケではないしね。佐藤輝のことももちろん考えているし、オレはチーム全体のことを考える立場で。陽川だって調子いいし。すべてのことを考えて決めています」とした。




    本当にいい仕事をしてくれました! 阪神・矢野監督「すべてのことを考え」スタメン起用の陽川がV打「いい仕事」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/04/04/0014212614.shtml  @Daily_Onlineより



    よくわからないけど、矢野監督の采配が当たってる? 3日、サヨナラ殊勲打山本選手へ、代打を出してもいいところ、そのまま打たせた。 4日、佐藤選手をスタメンから外し、陽川選手。決勝打。


    続きを読む

    このページのトップヘ