とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    矢野阪神

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「いまの阪神には”野球の怖さ”がすべて詰まっている」

    面白いほど投打が嚙み合わず、采配は常に裏目。開幕からの連敗9、史上最低勝率.063、4月にして全5球団から3タテを喰らい、自力優勝消滅のマジックが点灯。記録的なペースで負け続けている古巣・阪神の現状を、OBの広澤克実氏(60)はそう表現した。

    「守護神のスアレス(31)が抜けてクローザーで苦労するとは思っていましたが、巨人にしろ、ヤクルトにしろ、どこの球団にも大なり小なりそんなウイークポイントはあるわけです。それがまさか……昨季77勝したチームですよ。普通にやれば、ここまでボロボロにはならない」

    阪神が「普通にやれていない」のは、矢野燿大(あきひろ)監督(53)が「普通じゃない」からに他ならない。’03年の優勝時に4番を務めた濱中治氏(43)は「矢野監督は自ら運と流れを手放した」と分析する。

    「退路を断って臨んだシーズンなのに、腹がくくれていないのです。たとえば開幕戦の大逆転負け。昨季の日本一チームのヤクルトが反撃の狼煙(のろし)をあげた重要局面で、実績のない齋藤友貴哉(ゆきや)(27)を投入しました。ポテンシャルのある若手だから、普通の試合で起用するのはいい。

    ただ、開幕戦のあの場面だけはダメでした。スキを見せて流れを手放したばかりか、新外国人のケラー(29)まで躓(つまず)かせてしまった。調整不足を承知のうえで抑えを託しておきながら、厳しい場面で投げさせ、結果が出ないと見るや、わずか2試合で見切って二軍に落とした」

    野手の用兵も外しっぱなしだ。

    「近本光司(27)の3番はありえない。どう考えても1番バッターでしょう。3番に求められるのは打点。チャンスメークを得意とする近本にはハマらないし、彼の良さが死んでしまう」(広澤氏)

    濱中氏は4番の扱いを問題視する。

    「キャンプから佐藤輝明(23)と4番を争わせていた大山悠輔(27)を7番に入れたのを見て『えっ』と声が出ましたね。僕は’19年に打撃コーチとして矢野監督と一緒にやらせてもらいましたけど、あの年も得点圏打率の高かった大山をいきなり4番から降ろした。信頼関係を築けていないというか、評価が低いんでしょうね。’03年、ケガで調子が上がらなかった僕に、星野仙一監督はこう言いました。『絶対、お前は4番から動かさん』と。4番とは、そういう責任ある存在なんだ、自分で這い上がれ! というメッセージです。では、佐藤がそういう存在になったかと言えば、そんなことはなく、矢野監督は早々に2番を打たせていました」

    扇の要である捕手も固定できていない。

    「正捕手の梅野隆太郎(30)の扱いが雑ですよね。リード面に苦言を呈されがちですが、心配ならベンチから矢野監督が指示すればいい。3年連続ゴールデン・グラブに輝いた梅野の守備力と盗塁阻止率を軽視しすぎです。

    独善的な起用法は変えない一方で、矢野監督は自分のいいところを変えました。明るさがウリだったのに、今年は別人のように暗い。選手と監督の間に距離ができているように感じます」(濱中氏)

    止まらぬ放言――だが、広澤氏は虎党へのフォローも忘れなかった。

    「青柳晃洋(こうよう)(28)らコロナ離脱組が戻ってくれば先発は6枚揃う。もともと中継ぎはいいから投手陣は立て直せます。5月までに大型連勝が入れば面白い。現実的にAクラスには届くと思いますよ」

    『虎がにじんだ夕暮れ』(幻冬舎)など、多数の阪神関連著作がある京都芸術大の山田隆道准教授のメッセージが胸を打つ。

    「すっかり順位表を見なくなりました。サトテルのホームランを楽しみに過ごしています――ってこれ、既視感ありませんか? 和田豊(59)が3割打つことが希望だったあのころと同じなんです。矢野監督の開幕前の胴上げを見て嫌な予感がしたのは、吉田義男(よっさん)(88)がエイプリルフールに優勝記者会見を開いてぶっちぎりの最下位に終わった’98年を経験しているから。宿敵なんておこがましい、ただの苦手球団・巨人のエース、菅野智之(32)に投げ勝てる青柳がいるだけ、令和の阪神ファンは恵まれていますよ」

    「負けすぎた監督」の記憶も、虎党は肥やしにするに違いない。

    『FRIDAY』2022年5月20・27日号より

    FRIDAYデジタル




    広沢、濱中らOBが分析!矢野阪神が「負けすぎる本当の原因」(FRIDAY)  https://news.yahoo.co.jp/articles/ae8ba9e6439174c9be3fdeda5ed0544274ed36c5  >阪神が「普通にやれていない」のは、矢野燿大(あきひろ)監督(53)が「普通じゃない」からに他ならない 火の球ストレートすき🔥



    矢野監督1-3年目までAクラスにいたのは??選手だけの実力ってことになるけど?本当にそうなのかな?走る野球を染み込ませたのは矢野監督自身だし、今の若い子が3年間伸び伸び野球をしてたように見えたけど?? 今年1年だけで、矢野監督を否定するのもどうかも思う。 勿論謎な采配もあるけど。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/04/07(木) 05:36:24.67 ID:CAP_USER9
    4/7(木) 5:15配信
    東スポWeb

    延長の末、敗戦しファンに頭を下げる矢野監督ら阪神ナイン(東スポWeb)

     阪神は6日のDeNA戦(甲子園)に1―6で完敗。1―0と1点をリードして迎えた9回二死から同点に追いつかれた上、総力をつぎ込んだ延長12回にリリーフ陣が決壊する悪夢のような展開。矢野燿大監督(53)も「最後はピッチャーで負けたけど、(打線にもあと)一本が出なくて。そこは課題として開幕からある」と力なく言い残し球場を後にした。

     今季初勝利を挙げた前夜のカード第1戦の勢いを持続することができず、チームは1勝10敗でぶっちぎりの最下位。試行錯誤しながらも就任1年目の航海へとこぎだした新庄ハムよりも勝ち星が少ない現状はあまりにも受け入れがたい。ここからの巻き返しを期すため、チーム内からは〝起爆剤〟の投入を望む声が早くも上がっている。チームにとって最後の切り札とも言える「8人目の外国人」の獲得だ。

     嶌村球団本部長は昨季に引き続き8人の外国人を支配下に置く考えを明言していたが、マルテ、ロハス、ガンケル、チェンに加えケラー、ウィルカーソンの計7選手を確保して以降は新外国人選手獲得への動きを一時〝凍結〟。昨年末の時点で「今、取りにいくことはない」(嶌村本部長)と明言し、8枠目はシーズン中に発生し得るであろう〝緊急事態〟に備えた予備枠として空けておく考えを示唆していた。

     開幕から続く手痛い失速に加え、新守護神候補として獲得したケラーは調整不足を露呈し先月31日には早々に登録を抹消。打線の核として期待されたロハスは打率0割9分1厘と低迷。昨季は一塁手としてベストナインに選ばれたマルテも右足のコンディション不良訴え戦線を離脱。誰が想像するよりも早く〝緊急事態〟が訪れてしまったことを受け球団関係者も「早く新しい外国人を取ってもらわないと…。とはいえ補強したいポイントが多すぎて、誰を取るべきか分からへん…」と天を仰ぐ。

     藤原オーナーも4日に報道陣の取材に応対し、新戦力の獲得について「必要とあればバックアップしていく」と明言。借金が日に日に増え続ける状況の中、〝次善の策〟を打たねば悲願の17年ぶりVはますます遠のいていってしまう――。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/289fb985f9c59d4dc2d5c304c09f67b48a567aed

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/04/07(木) 05:50:33.72 ID:wGWekbCv0
    困ったら外国産やでw

    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1649277384/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神4-0DeNA」(5日、甲子園球場)

     矢野阪神が投打のかみ合った快勝劇で、開幕10試合目にしてやっと今季初勝利を挙げた。本拠地甲子園球場での今季初戦で、セ・リーグワーストの開幕9連敗という長いトンネルから抜け出した。

     初回から流れをつかんだ。先頭の近本が中前打で出塁。ロメロの暴投で無死二塁となり、中野が先制の右前適時打を放った。さらに1死一塁からは4番・佐藤輝が右越えへ待望の今季1号2ラン。ホームの大きな声援に後押しされ、幸先よく3点を先行した。

     二回には「8番・二塁」で今季初スタメンの小幡が魅せた。先頭で打席に立つと右線二塁打でチャンスメーク。犠打で三塁に進むと、ロメロのワンバウンド投球を捕手の山本が一塁側にそらす間に思い切り良く本塁へ突入。ヘッドスライディングで4点目をもぎ取った。

     先発の西勇は再三走者を背負ったが、両コーナーを丁寧に突く投球で得点を許さない。DeNA打線を7安打に抑え込み、4奪三振の無四球完封で今季初勝利を挙げた。




    【一軍】阪神4-0DeNA 阪神タイガース2022年初勝利や!!西勇輝、完封勝利!!佐藤輝明、甲子園で今季1号!!ほんま最高や!! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #イチにカケル



    長かった…ほっんとうに長かった… とらほーꉂꉂ🐯 🎊㊗今季初勝利  https://twitter.com/hanshintigersjp/status/1511309333770149890  pic.twitter.com/RowdiWPRba



    やったーー今日から開幕とい事で🥳 ここからのガンガン頑張っていきましょう #阪神タイガース  https://twitter.com/hanshintigersjp/status/1511309333770149890 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/04/04(月) 17:31:02.28 ID:CAP_USER9
    【鈴木啓示 視点】ガンケルは自分にとっての初登板がチーム未勝利で回ってきた。開幕投手以上の重圧があったと想像する。先に点はやりたくない。慎重になって走者をため、高く入ったスライダーを痛打された。腰の不安で調整が遅れ、まだ万全には仕上がっていないのだろう。下半身が使えていない。上体に頼った投げ方で思うようにボールを操れず、ボール自体の強さもなかった。

     いまのチーム状況で初回4失点は重い。浜地が代わりばなに岡本和に本塁打されたことも痛かった。2回から試合が膠着(こうちゃく)。次の1点が先に阪神に入っていれば、展開は変わっていたかもしれない。

     開幕から9戦9敗。言葉で言い表せないほどの屈辱だろう。人ごとには思えない。現役時代の通算560被本塁打は、いまもプロ野球記録として残る。人一倍の屈辱を味わった。最も多くの本塁打を打たれながら、いや、打たれたからこそ、317勝ができたと思っている。屈辱をプラスの力に変えるしかなかった。前を向いて、自分をつくった。打たれないためには練習しかない。練習しているときが最も気持ちが安らいだ。

     阪神はキャンプ、オープン戦と順調に進め、各選手とも力を付けていた。だから、前評判も高かった。7点差を逆転された開幕戦の敗戦を、いつまでも引きずってはいけない。どことなく不安げで、せっかく付けたはずの力を出せていない。うぬぼれる必要はないが、自信は持つべきだ。どれだけ練習してきたのかを思い起こし、自分自身をもっと信じてグラウンドに立ってほしい。

     終わったのは9試合だけ。まだまだ先は長い。とにかく前を向くしかない。優勝確率0%などという負のデータにとらわれる必要もない。一人一人が“俺がやる”という気持ちを強く持つことだ。幸い本拠地・甲子園へ戻る。投手は完封、打撃陣は序盤から大量点を取るくらい気概で挑んでほしい。 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/09de67ded878b7a095945b07a82d68aa707af312

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/04/04(月) 17:33:27.16 ID:6Nv6sH5n0
    近鉄監督時代に酷かった人に言われても

    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1649061062/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/03/04(金) 06:53:11.07 ID:CAP_USER9
    3/4(金) 5:15配信
    東スポWeb

    ノックを行う井上ヘッド(右)と矢野監督(東スポWeb)

     V奪回の鍵を握るのは――。キャンプを終え、本拠地・甲子園に帰還した阪神は3日に全体練習を行った。いよいよ25日の開幕に向けて本格化するオープン戦に、矢野燿大監督(53)も「(ここまでは)順調にやれていると思う。ファンの人も楽しみにしているだろうし、いい形のものをみせていきたい」と表情を引き締めている。

     失策数は4年連続で12球団最多。今キャンプではケースノックなど多くの守備練習をメニューに組み込んだ。それでも2月27日のヤクルト戦(浦添)では1試合だけで3失策。課題克服に、まだまだ道半ばだ。

     この日の全体練習でも投内連係、シートノックなどの守備練習に時間を多く割いた。井上ヘッドコーチも「練習のための練習になってしまわないように。連係プレーなどでは声をしっかり出し合い、優先順位を確認するよう選手たちに伝えた」と振り返った。

     キャンプでは近本、糸原ら主力選手が、声出しの場で矢野監督や井上ヘッドを再三〝イジる〟などチーム内のムードは明るい。「苦しい練習を楽しむ」「積極的に挑んだ結果のミスは責めない」などの指揮官の哲学もすっかり浸透した。

     一方で、守備練習などでミスが起きた際、ムードを引き締めようとする声がチーム内からなかなか上がってこなかった。そんな〝体質〟を疑問視する声は球界OBを中心に多く聞かれ、球団関係者も「矢野監督の方針もあってチームのムードは本当に良くなった。それでも締める時は締めることができるチームリーダーが出てきてほしい」と〝引き締め役〟の出現を熱望している。

     新主将の坂本、選手会長の近本、前キャプテンの大山、ムードメーカーの糸原など、アラサー世代の中心選手たちが、今季はどのようにリーダーシップを発揮してチームをけん引してくれるのか、興味は尽きない。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebec3209370c202852034bab9b476a60b9733be4

    8: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/03/04(金) 10:06:43.05 ID:Wu5ko2yT0
    金本アニキに来てもらえよw

    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1646344391/

    続きを読む

    このページのトップヘ