とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    神整備

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     悪天候が続く阪神甲子園球場で、また阪神園芸の「神整備」がグラウンドを復活させた。

     第103回全国高校野球選手権大会は19日、大雨のため第1試合の近江(滋賀)―日大東北(福島)が五回途中で降雨ノーゲームになり、第2試合の西日本短大付(福岡)―二松学舎大付(東東京)とともに20日に順延された。

     第3試合の京都国際―前橋育英(群馬)、第4試合の作新学院(栃木)―高松商(香川)は、天候の回復を待って午後3時ごろの開始を目指すことになり、阪神園芸の出番がやってきた。

     スタッフが動き出したのは午後1時半過ぎ。まだ小雨は降っていたが、まずは一、三塁側ベンチ前の人工芝部分まで流されていた土を、スコップで内野部分に戻す作業から始めた。続いて、内野の大きな水たまりにハンマーで杭を打って穴を開け、水を抜いた。2時ごろにはマウンドと本塁付近に敷いていた防水シートをはがした。

     内野の水たまりは、ざぶとんほどの大きさの吸水シートを何枚も使い、手作業で整備していった。外野の芝はローラー式の器具を使って水を運ぶ。並行してマウンド、本塁付近に土を足した。

     2時15分、京都国際の選手たちが一塁側ベンチへ。続いて前橋育英の選手も三塁側ベンチに入った。2時20分になり、第3試合の3時開始がアナウンスされた。

     残りは40分。約20人のスタッフの整備は続いた。水が浮いている部分に砂をかけ、土となじませる。両校の選手ともキャッチボールはベンチ前で行い、内野ノックは一、三塁コーチスボックス付近で受けた。

     午後2時50分ごろ、白線が引かれ整備が終わった。この間、約1時間20分。土砂降りの雨に打たれ、正午ごろまでは絶望的なグラウンドコンディションだった。急ピッチの作業で球児の舞台は整った。(伊藤雅哉)




    阪神園芸、また神整備 絶望的な甲子園、1時間20分で復活 #高校野球 #甲子園  https://news.yahoo.co.jp/articles/eb6199959b4cc0bdb791264d49e38f5dabb07190 



    本当に阪神園芸さんは凄い 田んぼ状態のグランドを1時間半で野球出来るまで戻すんやし



    毎度のことながら、ホンマ阪神園芸さん神技や! 午前中、内野全体が水溜まりみたいになってたのに... 阪神園芸 再び神整備 今度は水浸しのグラウンドを1時間20分で整備完了(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/47b2d55b8a40f2f939e90fbed376125e3264cd41 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「全国高校野球選手権・1回戦、帯広農-ノースアジア大明桜」(15日、甲子園球場)

     前日からの長雨が残り第1試合の試合開始が遅延した中、阪神園芸の“神整備”が光った。

     午前9時31分から整備を開始した阪神園芸。20人以上の園芸スタッフがグラウンドに姿を現し、黙々と作業を進めた。内野グラウンドでは、水抜き作業と同時にぬかるんだ土をスコップで除去。外野の芝にはローラーをかけ、水抜きを行った。

     午前10時53分にマウンドとバッターボックスのシートを撤去。マウンド前方には白い土を引いた上から、黒い土を投入し木のトンボで入念に整えた。

     午前10時4分にはマウンドの円に沿うようにコートブラシで整備。午前10時11分からラインを引き始め、午前10時22分に作業終了。わずか51分間でグラウンドを整えた。

     ネット上では、「阪神園芸」がトレンド入り。甲子園球場の水はけの良さに驚く声も多く見られた。




    【夏の甲子園】試合開始は11時を予定、阪神園芸が動き出す  https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20701294/  3日連続順延が続いた全国高校野球選手権大会。午前9時半、水たまりの水抜きが始まった。第2試合は13時30分、第3試合が16時、第4試合が18時30分の開始を予定。 pic.twitter.com/sC2YdHSKYl



    @livedoornews こういうプロの技っていいよな



    @livedoornews 阪神園芸の神整備なら安心した。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <日本生命セ・パ交流戦:阪神-ロッテ>◇27日◇甲子園

    阪神園芸が前夜からの「神整備」を披露した。

    26日深夜からこの日の午前中にかけての降雨を想定し、26日の試合後には内野とファウルグラウンド全面を、オレンジ色のシートですっぽり覆っていた。

    この日は雨がやんだ午後から、専用の機械でシートを順番に巻き上げていった。シートが巻き終わると、たまった大量の雨水がグラウンド際の排水溝へと流れていく仕組み。全てのシートがはがされると、現れたのはきれいに守られた黒土の内野グラウンド。その後、2台の整備車で円を描くように、熟練の技でならしていった。

    この日はロッテの剛腕佐々木朗希投手(19)の甲子園デビュー戦。猛虎打線との注目の対決に向けて、阪神園芸も最善を尽くした。




    約20分間に渡る、阪神園芸さんによる内野シートの撤収作業をタイムラプスでどうぞ。 https://t.co/uEBNq5lfDr



    午後2時30分のシートはがしから阪神園芸の整備がスタート。午前中の大雨が信じられないほど、きれいなグラウンドに。試合開始に向けさらに入念な準備は続いています。(石橋) #阪神タイガース #甲子園 #tigers pic.twitter.com/pr20TfVYoP


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神-ヤクルト」(17日、甲子園球場)

     甲子園は午前中から降り続いた雨で試合開始が遅れた。小降りとなった15時前には内野に敷かれたシートを外し、阪神園芸の整備により試合開始の準備が行われた。

     甲子園のバックネット裏のビジョンには「阪神園芸の神整備に感謝」の文字が掲示された。開催に向けて尽力する姿への思いが込められた。

     予告先発は阪神・ガンケル、ヤクルト・スアレス。すでにスタメンは発表されており、前日16日にプロ初安打&初打点をマークした阪神ドラフト2位・井上(履正社)、ヤクルト・山田哲はベンチスタートとなっている。




    阪神園芸の神整備に感謝‼️ってメッセージ流れたね! いいメッセージやねー‼️#阪神タイガース



    選手の体調やケガも心配だけど… この雨に寒さだと、阪神園芸の皆さんの体調も心配になるレベル。 #swallows


    続きを読む

    このページのトップヘ