とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    福永春吾

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球独立リーグ・ヤマエ久野九州アジアリーグの福岡北九州フェニックスは31日、元阪神の福永春吾投手(28)と入団合意に至ったことを発表した。

     同投手は2016年ドラフト6位で阪神に入団。4年間で7試合に登板し、20年に戦力外通告を受けた、その後は四国アイランドリーグplus徳島、メキシカンリーグのドゥランゴ、グアダラハラでプレーしていた。




    【新入団選手のお知らせ】 以下の選手と入団合意となりましたので、お知らせいたします。 ■新入団選手 福永春吾 投手 背番号75 #福岡北九州フェニックス @takapon_jp pic.twitter.com/A8JP1tQZyH



    それはそうと!福永春吾さん北九州フェニックス行くんだって!西岡剛さんからのオファーだって!すごいじゃん!! 応援してます✨✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     元阪神で昨年まで四国アイランドリーグplus・徳島に所属していた福永春吾投手(27)が5日、海外のプロ野球に挑戦することを明かした。

     すでにオファーは届いており「言葉も分からない不安もありますけど、海外でやる楽しみの方が勝ってます。日本と違う環境で野球をやってみたい気持ちはずっと持っていた」と新たなステージを見据えた。

     20年オフに阪神を戦力外となり、21年は古巣だった徳島に再入団。継続して取り組んできた変化球の制球が向上し35試合で1勝2敗11セーブ、防御率1・64の成績を残した。NPBを離れてからは海外志向が強くなり「台湾や韓国で経験を積んでNPBに戻れたら」と決意。昨年も5月に台湾への移籍が決まっていたが、就労ビザが下りず断念していた。

     昨年12月の12球団合同トライアウトは受験しなかったが「海外のプロリーグで実績を積んで最後は日本で少しでも長くプレーできたら」とNPBへの返り咲きという最終目標はブレない。現在は高校、阪神でも先輩だった陽川とともに和歌山で自主トレを行っており、1月は広島、徳島と拠点を移しながら契約締結の吉報を待つ。「(阪神で同僚だった)馬場とか、斎藤とか昨年も連絡は取り合ってましたよ」。阪神では藤浪らと同世代の右腕が、海の向こうで再発進すべく準備を整える。




    06ブルズ時代からの知ってる立場として 福永春吾投手のいい朗報を待っている!!  https://news.yahoo.co.jp/articles/fa30c5cf60c3b9d06b27645196554573163c57d9 



    春吾くんがんばれーい!💪 元阪神の福永春吾が海外リーグ挑戦「日本と違う環境で野球をやってみたい」 昨年は独立L徳島に所属― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/01/05/kiji/20220105s00001173405000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のスペシャルアシスタント(SA)を務める藤川球児氏(40)が29日、自身のツイッターを更新し、阪神を戦力外となった福永春吾投手の四国ILp・徳島インディゴソックス入団が決まったことを喜んだ。

     この日、同球団から福永の入団が発表されたことを受けてツイート。「元阪神の福永君、独立リーグに再び!!皆んな自分を探し求めてる。場所は関係ない。自分の人生は自分で探していく。そんな人生は面白さと怖さは五分五分やね。やっぱり皆んなを応援したくなる!」と、自身も独立リーグでプレーしたとあって、後輩にエールを送っていた。

     大阪出身の福永は15年から2年間、徳島でプレーし、16年にドラフト6位で阪神に入団。4年間で7試合に登板し、0勝0敗、防御率17・00だった。阪神戦力外後は現役続行を目指し、昨年12月の12球団合同トライアウトに挑戦していた。




    元阪神の福永君、独立リーグに再び‼️ 皆んな自分を探し求めてる。 場所は関係ない。 自分の人生は自分で探していく。 そんな人生は面白さと怖さは五分五分やね。 やっぱり皆んなを応援したくなる! #kyuji22



    @kyuji22fujikawa ホントにそうですね☺️ 自分の人生、自分が主人公ですもんね‼️ しっかり脚本作っていきたいですね🎵 私も球児くんを応援します🏁



    @kyuji22fujikawa 独立リーグで野球続けられるのも悪くないですね。選択肢難しいですね。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     四国アイランドリーグプラスの徳島インディゴソックスは29日、昨季限りで阪神を戦力外となった福永春吾投手(26)の入団が決まったと発表した。「もう一度この徳島から再スタートを切り、自分の技術を高めNPB復帰を目指しプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします」とコメントを寄せた。

     福永は2015年から2年間、徳島でプレーし、16年のドラフト6位で阪神に入団。NPBでの通算成績は7試合に登板し、0勝0敗、防御率17・00だった。




    【福永選手入団のお知らせ】 元 #阪神タイガース#福永春吾 選手の入団が決定致しましたので、お知らせ致します。 ■背番号 99 ■経歴 徳島インディゴソックス(2015-2016)-阪神タイガース( 2016年ドラフト6位2017-2020) 福永選手コメントはこちら▼  https://www.indigo-socks.com/n405/  pic.twitter.com/tzsF1yIu57



    #福永春吾 選手と #行木俊 選手の自主トレの様子はこちら🔽  https://youtu.be/06EEo-30nRI 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    新天地を思い、必死に汗を流す。阪神から戦力外通告を受けた福永春吾投手(26)が現役続行を望み、連日のトレーニングに励んでいる。

    11月4日に戦力外通告を受けた際には「NPBの他のチームでプレーできるように気持ちを切らさず、今の自分にできることをしっかりやっていきたい」と、現実を受け止めていた。

    16年ドラフト6位で阪神に入団。ここまで4年間で1軍戦登板は7試合と、なかなか結果を残せなかった。チームは若手投手陣も多く、登板機会に恵まれなかったのも事実だ。

    福永の武器は最速158キロを計測した威力ある直球。球種は手元で動くカットボール、空振りを奪うスライダーにスプリット、打者の目線を外すパワーカーブなどがある。

    1軍での登板機会こそ少なかったが、プロ入り4年間で故障はなく、着実にファームで成長を遂げてきた。新人年の17年は29試合に登板。主に先発を任され5勝をマーク。18年は20試合に登板して規定投球回をクリアし、7勝2敗1セーブ。ウエスタン・リーグの最優秀防御率賞と最高勝率の2冠に輝き、自信をつけた。2軍でタイトルホルダーとなり、1軍での活躍を期待された19年。チーム事情で救援に転向した。この年はチーム2位の44試合に登板。守護神を任される時期もあり、7セーブを挙げた。

    今季はチーム最多の30試合に登板し、3勝2敗2セーブ。チーム内が新型コロナウイルス騒動の中でも、黙々とマウンドに向かった。

    12月7日に開催される12球団合同トライアウトに参加する方向。来季の構想外を告げられても、下を向くことなく「今の時間こそチャンス」とレベルアップを図ってきた。

    「独立リーグ(徳島)時代から、死ぬ気で何が何でもNPBへ! とプロの世界を目指してきた。プロ野球選手になる夢はかなったけど、まだ『1軍で活躍する』という夢はかなっていない。自分は最善の準備をするだけです」

    鳴尾浜のブルペンでは、同じタイミングで阪神を去ることになった福留孝介外野手(43)に投球を受けてもらう機会があるなど、周囲にも恵まれた。

    26歳。まだ野球を諦めない-。実直に流した汗だけが、その未来を知っている。【阪神担当 奥田隼人】




    独立徳島時代から…おい💢 その前の悪い時もええ時も見てきたしあの頃もめっちゃ練習して、よう走ってた。今と別人かゆうくらい細かった。 入ったチームが悪かった思う。 この手のタイプは東のパのチームで重宝される。 阪神戦力外の福永、現役続行へ「気持ちを切らさず」  https://news.yahoo.co.jp/articles/9a979ed7b0029788030348efbd8aefd9e7d0b1dc 


    続きを読む

    このページのトップヘ