とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    福留孝介

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・井上広大外野手(19)が6日、今季限りで退団する福留孝介外野手(43)から金言とバットを授かった。将来の猛虎を背負っていく選手として期待が大きい若虎。「一人で強くなれ」、「自分で限界を作るな」とラストメッセージを受けた。大先輩の言葉と相棒を胸に、一流への階段を上っていく。

     ラストチャンスを逃さなかった。グラウンドに出る直前。井上はタテジマのユニホームを着て最後の練習に向かう福留に勇気を出して声をかけた。「すみません、(バットを)ください」。大先輩も快く応じ、手にしていた相棒をプレゼントした。

     今季、鳴尾浜で練習を共にしてきたが、一緒に汗を流せるのはこの日で最後。練習する姿を目で追い、時にはアドバイスももらった。そんな球界最年長の大ベテランから伝えられた最後のメッセージは「みんな期待しているから、自分でしっかりとやるように」-。その言葉とともに愛用のバットを授かった。

     全体練習前には、福留がこれまでに経験したことや感じたことがチームに伝えられた。直立不動で聞き入った井上は「『一人で強くなる』ということをまず言われて。あとは『自分で限界を作らない』ということを言われました」。プロで大成するために必要なものを胸に刻み込んだ。

     1年目の今季、ウエスタン・リーグでは出場全69試合で4番に座り、打率・226、9本塁打、36打点。本塁打はリーグ2位タイ、打点は3位の好成績で全日程を終えたが、8月は月間打率・175、本塁打ゼロと激しい調子の波を経験した。

     「福留さんから頂いた言葉はこれから自分のためになると思う。しっかりと肝に銘じるというか、調子が上がらない時に見つめ直す。自分で考えて」と力を込めた井上。譲り受けたバットは先日、北川コーチを通じて手に入れた楽天・浅村のバットとともに「2本とも渡して作ってもらおうかなと思います」。メーカーに依頼し、自分に合うかどうかを試していく予定だ。

     飛躍の2年目へ-。福留から授かった相棒と言葉を胸に、成長の階段を上る。




    自分の為、福留の為にも頑張れ! 矢野の下では厳しいかもしれへんけど、その先を考えて。 阪神・井上、福留からバットと金言授かった「自分のためになる」 #SmartNews  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/07/0013845516.shtml 



    福留さん.....🥺🥺 井上くん、福留さんの言葉を胸に頑張ってねっ✨ 福留さんの言葉は阪神ちゃんの若虎ちゃん達の心にガツンッて響いたと思う  https://twitter.com/Daily_Online/status/1324854784403238913 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・梅野隆太郎(29)が6日に退団を正式発表された福留との思い出を口にした。

     「これだけ歳が離れていて僕が若い時からコミュニケーションを取ってくれる先輩はなかなかいなかった。気持ちの面ですごく助けられることが多かったし、野球は野球でいろんな引き出しをくれた先輩でした」

     1年目から野球だけに限らず、たくさんのことを教わってきた。 なかでも印象に残っている言葉がある。4、5年前に遠征先で出場選手登録を抹消された際、それを聞いた福留が、梅野の部屋を訪れ、「今までやってきたことは絶対に無駄じゃないし、今からやることも無駄じゃないから。2軍生活に慣れないように、早く1軍で活躍するという気持ちを常に持ちながら2軍の生活を一生懸命取り組んで頑張ってこい」と声をかけた。

     残り3試合。ベテランからもらった言葉を胸に、全力で駆け抜ける。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は6日、福留孝介外野手(43)、能見篤史投手(41)、上本博紀内野手(34)の退団を正式発表した。福留は西宮市内の鳴尾浜球場で、2軍選手とともにタテジマ最後の練習に参加。若虎たちに「孤独に耐えろ」「限界を作るな」とラストメッセージを贈った。来季は44歳を迎えるが「体は元気。気持ちが折れていない分、まだまだ」と現役続行への意欲を明かした。

       ◇   ◇   ◇

    8年間のタテジマ生活がついに終わりを迎えた。大観衆が詰めかけた甲子園ではない。万雷の拍手もない。福留コールもない晩秋の鳴尾浜。それでも福留の表情は晴れ晴れとしていた。

    福留 次に向かってまた進むという意味で、やっぱり寂しさもありますけど、どこかでそういうときは必ず来る。今日は周りのみんなもそういうことを感じさせずに、楽しく最後まで練習させてもらいました。

    10月19日。球団から来季の構想から外れたことを告げられた。それでも変わらず、若手選手に優しいまなざしを向け続けた。球団からは1軍に昇格し、虎ラスト試合を飾る話もあったが、「そこはちょっとお断りさせていただいた」。最後は若虎たちが泥にまみれる鳴尾浜で迎えると決めた。

    練習前、左翼に大きな輪ができ上がった。約5分間。北條、高山が食い入るように輪の中心を見つめた。ルーキー井上、遠藤もまた同じだった。伝えたのは、「孤独に耐えろ」というプロで生き抜く鉄則。そして「限界を作るな」という自身のポリシーだった。

    福留 今ここで自分の限界を作らず、もっともっとできると思ってやってほしい、と若い選手に話しました。やっぱり自分でそういうことを決めてしまうと自分に対する甘えにもなる。

    逆風が吹き荒れたコロナ禍の今シーズンも、前を向き続けた。不調時も志願して1、2軍の親子ゲームに出場。誰もいない練習前の球場で、おもりを両手に黙々とランニングを続けた。その言葉はまさに、自身の生きざまそのものだった。

    福留 体は元気なんで。気持ちが折れていない分、『まだまだ』というところですかね。

    44歳を迎える来季も現役続行を模索する。別れを告げることができなかったファンへの感謝を口にした。

    福留 やっぱり甲子園の満員の中で、味方としてあの声援を受けることができたっていうのは僕の思い出ですし、財産です。そこに関しては本当に感謝です。

    左翼守備に就いたシートノックではノーバウンド返球のバックホームを見せて球場が沸いた。涙はなかった。時には叱り飛ばす。時には親身になって相談に乗る。後輩たちに愛された親分肌が、笑顔に包まれながら虎を去った。【桝井聡】




    【ありがとう】福留孝介が阪神退団…鳴尾浜球場で若虎とともに最後の練習 阪神タイガース密着!応援番組「虎バン」ABCテレビ公式チャンネル  https://youtu.be/yFlRs2D6UlM  @YouTubeより



    デイリ~> ファームでも熱心に若虎に指導。「若い選手にもどんどん色んなことにチャレンジしてほしい」とメッセージを送った。 サンスポ> 虎に残したものを問われ「何もないでしょう」と笑い飛ばしたが…。みんなが、大きな刺激を受けてきた。 とぼけた顔で答える福留が目に浮かぶ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     来季の構想外となっている阪神・福留孝介外野手(43)が6日、鳴尾浜球場での練習を打ち上げた。今後の1軍戦出場予定もなく、阪神のユニホームに袖を通すのはこれが最後となった。

     現役続行を希望しており、今後は他球団への移籍を模索。日米通算2407安打を誇る球史に残る大打者が野球人生の転機を迎えている。練習前には後輩たちを集めて約5分間、熱いメッセージを送り、13年の入団から8年間、大黒柱として支えてきたタテジマに別れを告げた。

     以下は一問一答。

     ――タイガースで最後の練習を終えて。

     「やっぱり寂しさとかそういうのもありますけど、次に向かってまた進むという意味で。どこかでそういう時は必ず来るんでしょうけど。今日、周りのみんなもそういうことを感じさせずに、楽しく最後まで練習させてもらいました」

     ――若い選手に積極的に声を。

     「今ファームにいる選手は若い選手が多いので。なかなか声をかけづらいこともあるでしょうし。自分からいろんな話してね。できたのかなと思います」

     ――若い選手に思うことは。

     「やっぱり1軍で活躍してほしい、1軍で活躍している姿を見たいですし、そういうふうになるために何をするかを自分でよく考えてやっていってほしいなと思います」

     ――8年間を振り返って。

     「優勝できなかったので悔いは残りますけど、良い時も悪い時もありながら、周りの方々に支えられながらやってこられたのは、感謝の一言ですね」

     ――この1年は。

     「今季はこういう特殊なシーズンでしたけど。その中で自分のできることがなかなかできなかった。そういう意味では消化不良というかそういうところありますけど。それもまた自分の野球人生なので。それはそれで直に受け止めています」

     ――今後は。

     「どこかでまた野球ができればと思っていますけど。それは僕の気持ちだけで決まることではない。そういうふうになればいいなとは思いますけど、そのために自分はまた明日から準備して。そうなればいいのかなと」

     ――来年で44歳。肉体の面は。

     「体は元気なんで。大きな故障もなかったですし。体は元気なので、自分の気持ちが、何て言うんですかね。自分の気持ちが萎えなければというか、そういうふうにならなければ頑張れるんじゃないかと思っています」

     ――若い選手にはどんなことを話した。

     「ここにいる中で、限界をつくって欲しくないというかね。自分で勝手に限界を決めないでほしいというところ。そういう話はしました。やっぱり自分で決めてしまってやっていくと、自分に対する甘えにもなるだろうし、この場所でプレーするのが夢ではないだろうし。やっぱり1軍の舞台でやることが夢だと思うので。そういう意味では、今ここで自分の限界をつくらずに、もっともっとできると思ってやってほしいなというのは、若い選手に話しました」

     ――シートノックの最後でもノーバウンド返球。

     「みんなが気を使って、そういうふうにやらせてもらいましたけど。でも僕があれをできるなら若い選手はもっとできると思うし。そういう意味で、話もしたし、今日1日の練習中も若い選手にはそういうつもりでやってほしかったし。本当にいい1日というか、僕にとってはすごくいい時間を、最後に過ごさせてもらった」

     ――今季は消化不良と。自分なりにまだまだできる思いが。

     「まだまだできるかどうかわからないですけど、やっぱり20数年やってきた野球なので。この世界で自分が納得する形で終わるのってなかなか難しいですけど、その中でもしっかりと納得した形で終われたらいいのかなと。そういう思いなので、自分がチャレンジし続けられるのであれば、し続けていこうかなと思っていますね」

     ――打つのも守るのもまだできる。

     「どうなるかわからないけど、自分の体と相談して。元気なんで。気持ちが折れてない分、まだまだというところですかね」

     ――今後はどういう形で練習を。

     「全く何も決めてないです。とりあえず、1回ゆっくりして、そこからまた。それはいつもシーズンに向けて準備するように、普通に準備します」

     ――オファーがあればどこでも。

     「野球をやらせていただけるという場所があるんであれば、そういうふうに自分の中で考えてやっていければなと思ってます」

     ――セ・パのリーグも問わず。

     「別に何も気にしていないです。そこまではっきり考えているわけではないので」

     ――1軍戦は3試合残っているが、出場の選択肢は。

     「そういう話もしていただいたんですけど。今そういう状況でもないと思いますし、お断りさせていただいて。でも本当に、この8年間、やっぱり優勝できなかったですけど、僕自身、良い時もあれば悪い時もありましたけど、最後まで本当に声援いただいた阪神ファンの方に感謝してもしきれない8年間でした。ありがとうございますという言葉しかないですね」

     ――思い出の試合などあれば。

     「何が1番思い出といわれても、今、パッと急には出てこないですけど。やっぱり甲子園の満員の中でああやって、味方としてね、あの声援を受けることができたというのは僕の思い出ですし、財産ですし。阪神にいる選手しか味わえないことを経験させてもらったので。そこに関しては本当に感謝ですね」

     ――トライアウトなどは。

     「まだ何も考えてないです。とりあえず今日まで一生懸命やってっていうことだったんで。ちょっとゆっくりしてから考えます」




    阪神・福留がタテジマに別れ「甲子園の満員の中で味方としてできたのは僕の思い出、財産」(スポニチアネックス) ⇒コーチの話もあったと思うんだけど 留さん ありがとう #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0bf064e860c6922f676544027cce56450f545bac 



    長い間タイガースで戦ってくれたことに感謝! 阪神・福留がタテジマに別れ「甲子園の満員の中で味方としてできたのは僕の思い出、財産」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/06/kiji/20201106s00001173300000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は6日、福留孝介外野手(43)、能見篤史投手(41)、上本博紀内野手(34)の今季限りでの退団を発表した。

     3選手とも現役続行を希望しており、今後は移籍先を探すことになる。福留はこの日に鳴尾浜球場で自身の練習を打ち上げ。上本はすでに3日に阪神での練習を終えている。能見は1軍に登録されており、残り3試合での登板も見込まれる。




    福留孝介選手、能見篤史選手、上本博紀選手について、今季限りで当球団を退団することとなりましたのでお知らせいたします。



    @TigersDreamlink 今までありがとうございました<(_ _)>



    @TigersDreamlink 本当に今までありがとう😭 悔いなく残りの野球人生を過ごしてください!どこ行っても応援してます!!🐯


    続きを読む

    このページのトップヘ