とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    秋季練習

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     秋季練習を打ち上げても阪神・佐藤輝の秋は終わっていない。約2週間の練習で手にした収穫を強固なものにするためにも“延長戦”突入が決まった。

     「4スタンス理論とか、藤井さんが来て新たに教えてもらった。感触もいい感じです。これから先も4スタンス理論を生かしながらやっていきたいなと思う」

     22日から新任の藤井康1、2軍巡回打撃コーチのもとで打撃改造に着手。同理論では長嶋茂雄と同じ「B1」タイプを確認し、後ろ軸で回転する特徴を理解したうえで、スイングする際の重心の使い方についてアドバイスを受けてきた。最終日の打撃練習ではルーティンの置きティー打撃ではなくトス打撃で重心移動を入念に確認。フリー打撃でも鋭い打球を連発した。

     「自分に合った動きを教えてもらった。打球も飛ぶようになったし、“打球が先生”って言われた。その通り、いい打球がいっている」

     わずか3日間の実践でも既に確かな手応えがある。26日からは鳴尾浜球場で若手中心の強化練習に合流予定。シーズン終盤に痛めた左膝の治療と並行しながら練習を続け、さらに体に染みこませる考えだ。両リーグで新人最多24本塁打を記録した一方、後半戦は59打席連続無安打を経験するなど、好不調の波が激しかった。「4スタンス理論」を新たな視点として取り入れ、2年目の飛躍に備える。(長谷川 凡記)

     《藤井Cから宿題》藤井康打撃コーチは佐藤輝にオフの「宿題」を与えたことを明かした。「手応えを感じているのであれば、それを続けること。基本的にこういう練習方法、ドリルがあるよ、これをやっておこうかという話をした」。ティー打撃の際に重心を入れ替える方法などを伝授し、自主トレ期間中の成長に期待した。26日からの鳴尾浜での若手中心の“第5クール”についても26、28日は指導する予定だ。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は24日、甲子園での秋季練習を打ち上げた。初日の10日はミーティングだったが、3勤1休のペースで約2週間、若手中心に体をいじめ抜いた。

     今期間中には内野の大山、捕手の原口が外野の練習に取り組むなど、チーム編成を踏まえた上で、複数ポジションに挑戦。新任の藤井1、2軍巡回打撃コーチが4スタンス理論で選手の重心の位置に合わせた打撃フォームをアドバイスするなど、充実の時間を過ごした。

     また野手が甲子園、投手が鳴尾浜でトレーニングしたこともあり、1軍の首脳陣が若虎を指導する機会にも恵まれた。1年目を終えた高寺や来季3年目を迎える遠藤が非凡な打撃センスをアピールし、右肘手術からの復活を目指す才木も、順調な回復ぶりを見せつけた。

     チームは26日から3日間、兵庫・鳴尾浜で若手中心の指名練習を行う。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・大山悠輔内野手(26)は秋季練習最終日となった24日も三塁で早出特守を行った。約2週間の期間中はほぼ毎日、三塁で特守を行ってきたが、最終日のこの日も、全体アップから離れてノックを受けた。

     来季を見据えて秋季練習では外野にも挑戦するなど、守備中心に強化を図ってきた。初日に「やることはたくさんある。一日、一日、一球、一球を無駄にしないように」と話した通り、しっかり課題と向き合った。




    今日で秋季練習打ち上げで明日からは若手中心の鳴尾浜練習だけど、大山が当然のように朝イチから特守してそう



    今オフの阪神の記事、今のところ4スタンス理論と大山早出特守とどんでんのコラムだけという修羅


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の秋季練習は22日、雨のため、投手、野手ともに甲子園室内で行われ、新任の藤井康雄1、2軍巡回打撃コーチ(59)が、2年目の飛躍に向け、佐藤輝に密着指導を展開した。

     持って生まれた体の重心により、体の使い方を分類する「4スタンス理論」を実践する藤井コーチは、室内で腕を振って歩く姿勢から、体をひねってスイングする動きなど、タイミングを取るところからスイングに入るまでの動作を約30分確認し、佐藤輝の特長をチェックした。

     その上でティー打撃でアドバイスを送りながら、全部で約1時間の密着指導を展開。矢野監督、新井コーチも見守った。

     現役通算282本塁打の実績と、指導者としてオリックスのT―岡田、ソフトバンク・柳田を育てた手腕で知られる藤井コーチは「佐藤はすごい選手。柳田タイプだし、飛距離も大谷翔平クラス。その力を来年、年間通して出せるようにしていきたい。こうしたらいいというのも持っている。能力はあるんだから、それを戻してあげるだけ」と就任会見で語っており、その指導に注目が集まる。




    丸裸にして、欠点を浮き彫りに。 秋季練習で阪神・藤井康雄新コーチが佐藤輝に初の密着指導 動作を30分確認、特長をチェック― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/11/22/kiji/20211122s00001173383000c.html 



    頑張れテル!! 秋季練習で阪神・藤井康雄新コーチが佐藤輝に初の密着指導 動作を30分確認、特長をチェック(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/836e550d8f2cbb4ba603821dcb2d98fa19c1b243 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神投手陣が、地獄のサーキットトレーニングで体をいじめ抜いた。

    兵庫・西宮市の鳴尾浜球場で行われた秋季練習第3クール最終日。キャッチボールやブルペン投球を終えた選手たちが、グラウンドに集まった。

    午前11時30分からポール間走、ハードルジャンプ、手押し車、ウオーキングランジの4種目を回るサーキットトレーニングを敢行。「うぉ~!」「ヤバイ!」など時折、奇声? を発しながら約30分間、基礎体力向上を目指すメニューに励んだ。

    5分間の休憩を挟むと、さらに約30分間の体幹トレーニングが待っていた。10種類のメニューをローテーションで取り組み、選手たちはくたくたになってグラウンドを後にした。



    続きを読む

    このページのトップヘ