とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    秋季練習

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神秋季練習」(19日、甲子園球場)

     支配下復帰に向けて、大きな前進だ。右肘のトミー・ジョン手術から復帰を目指す阪神育成の才木浩人投手(23)が19日、甲子園で行われた秋季練習に参加し、術後初めて実戦形式のマウンドに上がった。先頭の長坂を空振り三振に斬るなど、打者6人に対し直球は常時150キロ超を計測。スピン量も1軍ローテレベルをたたき出し、矢野監督ら首脳陣が大きな期待を寄せた。

     投げられる喜びを全身で表現し、全力で腕を振った。才木の右腕から放たれた球が、威力抜群で捕手のミットに収まる。球速表示がなくても、体感で伝わる剛速球。その投球内容に、首脳陣も目を見開いた。

     術後初となった実戦形式の登板。きれいな甲子園のマウンドに、さっそうと向かった。先頭・長坂を直球2球で追い込むと、最後はフォークで空振り三振。続く藤田、中野は力強い真っすぐで飛球に打ち取った。

     大山には四球。原口には左前打こそ浴びたが、予定通り6人と対戦して降板。「最高です。今日は楽しかったです。投げられて、やっぱり野球は楽しいなって感じでした」。大きな収穫と喜びを感じた24球だ。

     矢野監督は自ら「手術する前より良かったんじゃない」と大絶賛。トラックマンの計測で直球は常時150キロを超えていたことを明かした。さらにプロ野球で投手の直球平均回転数は2200と言われているが、才木は2600を計測。1軍ローテレベルに達していた。

     それだけに「来年に向けて、こいつが帰ってきたら面白いというような、スケール感もある」と指揮官。金村投手コーチも「12月も投げ続けるやろうから、それ次第ではあるんじゃない」と、春季キャンプの1軍抜てきも示唆した。

     甲子園へ向かう前には、鳴尾浜で矢野監督と4球のキャッチボール。「矢野さんが監督になって、自分は貢献できていない。1軍に上がって貢献できるように」と力を込める。

     年内の目標だった打者との対戦を終えるなど、順調にリハビリの階段を上がってきた才木。「野球でしか恩返しできない」-。お世話になった人へ投げる姿で感謝を伝え、矢野阪神の優勝に貢献するという目標に向かって突き進んでいく。





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は19日、秋季練習で初となるシート打撃を甲子園球場で実施した。

     まず、マウンドに上がったのは、右肘のトミー・ジョン手術から復帰を目指す育成の才木浩人投手(23)。術後初となる実戦形式のマウンドで、打者6人と対戦し、1安打1四球で1奪三振だった。

     先頭の長坂は直球2球で追い込むと、最後はフォークで空振り三振。続く藤田は内角直球で詰まらせて、遊飛に打ち取った。中野には、カウント3-0と打者有利にしたが、フルカウントにして中飛に仕留めた。

     ただ、大山には四球。島田は打ち取ったものの、三塁手・山本の失策で出塁を許す。原口には左前打を浴び、満塁としたところで、予定の6人に達し、ここで降板となった。

     12日には、小野寺、佐藤輝を相手に打撃投手を務めていて、順調にステップを踏んでいる。




    いやー、楽しみやなぁ、でもまだ無理しないでええよ🤨 ◎阪神 才木がシート打撃に 中野斬りでアピール― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/11/19/kiji/20211119s00001173368000c.html 



    阪神 才木がシート打撃に 中野斬りでアピール(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1bdce0e1e05879d258b7f05817ef335e2b4c29f3  才木、普通にやればあのフォークは魅力的やしな…もう怪我なくがんばって欲しいわね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は19日、秋季練習で初となるシート打撃を甲子園球場で実施した。

     結果だけ見ると、アピールに成功したのは投手では湯浅、佐藤蓮、育成の牧。野手は原口、片山などだ。

     湯浅は打者6人に対して、パーフェクト投球。熊谷、植田には変化球で空振り三振に斬るなど、上々の内容だった。佐藤蓮は、少し制球が乱れる場面があり、1四球を与えたが、無安打投球。育成の牧は打者5人をパーフェクト投球で、15球にまとめるテンポの良い投球だった。

     その他の投手は、才木が打者6人に1安打1四球。村上は大山から空振り三振こそ奪ったが、1安打1四球。西純も小野寺、大山を三振に斬ったが、2四死球で2安打を浴びた。育成の岩田将は打者5人に2安打1四球だった。

     野手は原口が2打数2安打。左翼の守備でも無難に2度の打球を処理した。片山は2打数2安打1打点。右中間を破る適時三塁打や、右前打を放ち、バットで存在感を示した。

     大山は3打席に立ち、1四球で2三振。ただ、左翼の守備では、遠藤が放った左中間の打球をランニングキャッチする好捕があった。




    阪神 湯浅、佐藤蓮、牧、原口、片山がアピール成功 秋季練習でシート打撃(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/146b7c41ff7e796f52a4469d42e96dc7f2ab6498  シートノックの詳細見てえな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     シーズン「完走」ボディーを手に入れる!左膝痛で秋季練習を一部別メニュー調整している阪神・佐藤輝が、今オフの課題に下半身強化を掲げた。

     「膝をケガしているので。まずは下半身をもっと安定するように鍛えていきたい」

     秋季練習では患部の完治を最優先。打撃練習は行うが、走塁や守備練習には参加していない。その分、部分的な課題に取り組める時間がある。「ケガをして守備をしない分、今までチューブとかあまりやってこなかった細かいところはよりやるようになっている」。目指すは、下半身の筋力増強による膝への負担軽減だ。

     患部への負担が少ないウエートトレーニング、プールを使ったランニング…。本人にとっては目新しいメニューに励み、シーズン終盤の失速の一大要因になった膝痛の克服に取り組む日々。仲野トレーナーも「まだまだ体力、筋力ともに課題がある」と伸びしろの存在を示した上で「足の筋力をどれだけ増やせて、膝への負担をどれだけ減らせるかが今、最大の課題」と言葉に力をこめた。

     今季24本塁打の原動力となった、たくましいボディーを年間通して戦い抜けるものに仕上げるのが、目下の目標。そのために現在94キロの体重についても「もう少し増やしたいかな」と佐藤輝。加えて筋力強化にも余念はない。「今だけ(体づくりを)やってもダメですし、シーズン中も継続しないと。いい体になるようにやっていきたい」。来季以降のスケールアップ、パフォーマンス向上を見据える秋。その「資本」となる肉体を鍛え、磨き上げていく。(阪井 日向)




    膝をまたケガしない身体作りを。 阪神・佐藤輝 2年目の進化へシーズン完走ボディーつくる 下半身の筋力増やし、膝への負担減らす― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/11/18/kiji/20211118s00001173090000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神西純矢投手(20)が矢野監督の直接指導を刺激に進化を目指す。鳴尾浜球場でブルペン投球後、フォームや投球時の「タメ」について指摘された。個別練習ではキャッチボールで何度も動きを確認。2段モーションを取り入れるなど試行錯誤している。「やっぱりキャンプは沖縄で過ごしたいなという思いが強いので、しっかりアピールしないといけない」と3年目を迎える来季を見据えた。



    続きを読む

    このページのトップヘ