とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    秋季練習

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「脱・勝負弱い男」へ、〝ガン見〟されながら1球勝負――。阪神秋季練習の終盤、今秋からヘッドコーチに昇格した井上一樹コーチ(49)発案で、ナインの執着心をあおるユニークな打撃メニューを行っている。

    〝テコ入れ〟されたのは野手の全体練習最後に行った「ロングティー」。通常は内野グラウンドのマウンド後方付近から左翼席へ目がけ、ボールケース1かご分打ち込む。振り込みに主眼を置いたメニューだ。これに井上ヘッドは「大きな箱を100球、200球は惰性にもなりやすい。でも『この1球しかない』となれば誰だって緊張感は出るし、みんなが見ている中で決められるか」と、最後のひと振りにアクセントをつけた。

     全員が自分のノルマであるケース分を打ち終えた後、複数箇所で行っていたナインを1か所に集め、全員が「1球勝負」でスタンド・インできるかをチャレンジ。それも矢野燿大監督(51)や首脳陣をはじめ、裏方スタッフ、他のナインが打席の選手を取り囲むようにした〝衆人環視〟の中で振らせる形式。「集中力や、決定力というのは、ウチの課題としている部分でもある。この1球しかないぞ、という中で決めれるか? 決められないか? みんなが見てて、ゾクゾクワクワクする中で」と勝負強さをとことん追求したという。

     身内からのシーズン中以上?のプレッシャーを感じてミスショットする選手も出たが、今季リーグ2位の28本塁打の大山悠輔内野手(28)は見事、スタンドインの一撃。伸るか反るかの〝ひと振り勝負〟に虎ナインも大盛り上がりとなっていた。




    井上ヘッドと北川コーチは楽しそうやんなwww 最初はなにヘラヘラしてるんやって選手も含めて思ってたけど、 一週間見ていて、上手く選手をやる気にさせて練習させてるなと。 メリハリはある。 笑顔の中にもみんなライバルだらけだし、緊張感が漂ってるね。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・梅野隆太郎(29)が25日、甲子園での秋季練習で盗塁阻止の練習に取り組んだ。今季の盗塁阻止率・333はリーグ4位だっただけに「梅ちゃんバズーカ」の“復肩”へ決意新た。投手との信頼関係を強めて、走られないバッテリーを目指していく。

     悔しさの込められた力強い送球が次々と“発射”される。梅野は、動画を撮影しながら二塁送球に取り組み、体の流れなどをチェック。今季・333でリーグ4位に沈んだ盗塁阻止率向上へ、精度を高めていくつもりだ。

     「(送球練習では)力みすぎない、そのワンポイントだけ。一番スムーズに投げられることを意識して」

     盗塁阻止はクイックモーションなど投手との共同作業で、昨年の同・370から悪化した原因がすべて捕手にあるとは言い難い。「今年はギャンブルとかも含めてやられることも多かったし、スローできない状態で企図されたところもある。お互いベストを尽くして企図されないように」。理想はバッテリーとして、スタートすらも切らせないこと。「自然と数字は上がってくる」とけん制、投球の間合いなども駆使しながら、目の前の1個を防いでいくつもりでいる。

     藤井バッテリーコーチは「単独で一塁と一、三塁で走られるのは違う。それ以外にワンバウンドだったりすごいやってくれてる」と数字には表れない貢献度を評価した。その上で「いって欲しい」と4割超えをノルマに設定。「刺したらビッグプレー。相手の野球が止まる」と続け、今季5度企図されて一度も刺せなかった巨人・増田大へのリベンジにも期待した。

     「共同作業でスチールに関しては頑張っていきたい。お互いにピッチャーと寄り添ってやっていきたい。本当にそれだけ」。正捕手には、まだまだ進化できる余地がある。(遠藤 礼)




    阪神・梅野、脱力バズーカ習得や 来季盗塁阻止率4割超えへ制球力に磨きかけた - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20201126/tig20112605030002-n1.html  @sanspocomから



    阪神・梅野 バズーカ“復肩”だ!今季盗塁阻止率悔しリーグ4位に進化誓う― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/26/kiji/20201126s00001173136000c.html  完全なる梅ちゃんバズ-カを取り戻す! 盗塁阻止率リーグ4位は悔しい😟🐯 進化を誓う梅ちゃんなのであった😌🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神・秋季練習」(25日、甲子園球場)

     阪神がスチール練習を行った。秋山、青柳がけん制などを入れ、梅野、原口が二塁送球を繰り返した。

     チーム盗塁数は2年連続リーグトップ。今季は113の企図で、成功率・708を誇った。筒井外野守備兼分析担当コーチは来季へ向けて「企画数を減らさないようにしながら成功率をもう少し上げていきたい」とレベルアップを図っている。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     虎のノーヒッターOBが復活を期す藤浪晋太郎投手(26)へ金言を授けた。阪神は現在、甲子園球場で秋季練習の真っただ中。24日の練習終了後、報道陣の取材に応対した藤浪は「守備面や体力面を強化できるようにしたい」と今秋のテーマについて説明した。

     8年目の今季は1勝6敗、防御率4・01と「数字的には物足りない1年」(藤浪)ではあったが、終盤からチーム事情もあり中継ぎ起用されると投球内容は劇的に良化。来季へ希望を持たせる形でシーズンをフィニッシュさせた。

     そんな右腕を「序盤こそフォームも崩してましたが、徐々に自信も取り戻せて後半は良化してましたね。体の軸が安定してボールも上から叩けるようになってました」と評価するのは球団OBの川尻哲郎氏(51)。七色の変化球を武器に1990年代後半の阪神を支えた名投手だ。98年5月26日の中日戦(倉敷)では矢野監督とのバッテリーでノーヒットノーランを達成。同年オフに先発出場した日米野球では、MLB選抜を相手に9回途中を無失点に抑える快投を披露した。

     12月から東京・新橋で「虎戦士居酒屋 虎尻」を開店する川尻氏は「縦に落ちるツーシーム系のボールと緩急を利かすカーブ系のボールを習得できれば、ますます打者は打ちにくくなるでしょうね」と後輩に変化球投手らしいアドバイスを送る。川尻氏といえば日本で初めてジャイロボールを駆使した投手としても有名だが「ボールの握りを変えればね、簡単なんですよ。腕を振って投げれば打者の手元でしっかり曲がりますよ。藤浪君がこれを覚えれば、いくらでも勝てるでしょうね」とも語った。

    「虎尻」の看板メニューは自身の代名詞でもある魔球にちなんだ「ジャイロ土手煮」とか。「開店にあたり、今はまず検温、換気などの感染症対策を徹底しています。コロナ禍が収まれば、ぜひ藤浪君とも変化球談議がしてみたいですね」

     最速162キロの剛速球に魔球が加われば鬼に金棒。川尻氏は藤浪の活躍する姿を楽しみにしている。




    川尻さん☺️懐かしいなぁ 藤浪に虎のノーヒッター・川尻氏がジャイロボールを伝授 剛速球に魔球が加われば鬼に金棒  https://gunosy.com/articles/ei8w3?s=t 



    藤浪に虎のノーヒッター・川尻氏がジャイロボールを伝授 剛速球に魔球が加われば鬼に金棒  https://gunosy.com/articles/ei8w3?s=t  速いけどノーコンってのは 武器なんですか? 危険極まりないと思うんですけど ジャイロボールって アニメみたいな軌道や回転なんすかね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は午前の守備練習で通常のシートノックに加え、普段のポジションとは違う場所を守る「シャッフルタイム」を実施した。

    梅野と木浪が一塁に入り、大山と陽川と江越が二塁に。ショートは原口、中谷、板山が守り、三塁は高山、北條が入り、併殺プレーなども行った。

    矢野監督は「このポジションってこうなんだなとか、違うポジションをやってみたらそういうの(発見など)もあるんじゃないか、とコーチのみんながやってくれた」と話していた。




    遊んでる暇あんの???? 阪神がシャッフルタイム守備練習、ショートに原口ら(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/5fbdb80576017d9195f0fdc9ffa81601d4bb6b88 



    これはこれでいいけど、正ポジションの守備練習にしっかりと時間を取って欲しい。“阪神がシャッフルタイム守備練習、ショートに原口ら”  https://news.yahoo.co.jp/articles/5fbdb80576017d9195f0fdc9ffa81601d4bb6b88 


    続きを読む

    このページのトップヘ