とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    秋山拓巳

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1
    https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1621224066/


    ヒーローインタビューでなんでありがとうございます!じゃなくておはようございます!って言うたん?ってアルカンタラに聞いたら、わからない!俺はバカだ!って笑ってた。かわいいやつだ。



    @akymtkm46 可愛い😄



    @akymtkm46 一生懸命日本語を話そうとしているのがよく伝わってきました。シャイな笑顔もいいですね👍




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神2-1中日>◇13日◇甲子園

    阪神先発の秋山拓巳投手(30)が意地の粘りを見せた。2回、木下拓に先制弾を浴びたが、その後は踏ん張る。7回無死一、二塁。打ち気にはやる3者を変化球でフライアウト3本に料理した。「あそこを1人で投げきることができた。こういう積み重ねが次につながる」。4月30日広島戦(甲子園)以来、中12日の先発だったが7回1失点の好投。矢野監督も「先取点は取られましたけど、その後、粘ってくれました。最後のピンチも乗り切ってくれた」と評した。




    2021/5/13 阪神・秋山拓巳 #Tigers_summary 2週間ぶりの一軍登板でストレートの平均球速は今季最速 前半は直球で押しまくり、4回以降は一転して変化球中心 pic.twitter.com/wEKIlrPKIv



    9分タイガース🐯貯金が15に膨れ上がった!!秋山好投の理由は!?得点は全て2アウトから😲横綱相撲だ!阪神タイガース!【藪恵壹】  https://youtu.be/mQF6TVNyM2A 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の秋山拓巳投手(30)が、13日の中日戦(甲子園)に先発する。竜虎の争いは史上2001試合目となる。

     秋山は4月30日の広島戦(甲子園)で今季3勝目を挙げて以来、13日ぶりの登板となる。チェンの登板が入ったことから、秋山は先発ローテーションから一度飛ばされた格好だった。

     「しっかり強度ある練習もしてきたので、1回飛んだ悔しい気持ちをしっかりぶつけることができたらな、と思います」

     チェンが出場選手登録を抹消され、5連勝していたガンケルは右肩の張りのため抹消され、開幕投手の藤浪も2軍調整中だ。秋山に寄せられる期待は大きい。

     「自分の価値を上げるチャンスだと思っているので、このチャンスをつかみたいなと思います」

     広島には昨季から7連勝中で、今季の3勝はすべてコイ料理。昨季、中日には2戦2敗の防御率3・97だった。阿部に本塁打を浴びるなど5打数2安打の打率4割、木下拓には5打数3安打の打率6割と打たれた。

     「対戦は今年初めてなので後手後手にならないよう、各回イニングの先でしっかりアウトを取ることを心掛けて頑張りたいと思います」と意気込む。

    中日スポーツ




    5月13日18:00より阪神甲子園球場にて中日ドラゴンズ戦!予告先発はタイガースが秋山拓巳投手!ドラゴンズはY.ロドリゲス投手です。秋山投手は鳴尾浜での調整登板を経て13日ぶりの一軍マウンド!持ち前の制球力を存分に活かした投球術で今季4勝目を狙います! #阪神タイガース #挑超頂 pic.twitter.com/Bx5CvPlbpr



    @TigersDreamlink 明日は晴れてくれ



    @TigersDreamlink 青柳が巨人戦か

    阪神タイガース情報多数

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ   8831title











    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の先発投手陣が10日、甲子園球場で行われた指名練習に参加した。あす11日からの中日戦(甲子園)での先発が予想される西勇、青柳、秋山の3人がキャッチボール、ノックなどで精力的に汗を流した。

     今週末には3・5ゲーム差の2位・巨人との敵地3連戦を控えるチーム。まずは、開幕から安定感を維持している3人を投入し、竜倒を狙う。




    チェンとガンケルが抹消されたってことは 火 西勇輝 水 青柳晃洋 木 秋山拓巳 金 アルカンタラ 土 伊藤将司 日 齋藤友貴哉or西純矢 藤浪の再昇格の可能性も十分あるやろな って感じかな?分からんけど



    阪神 竜倒へ西勇、青柳、秋山が 甲子園で 指名練習に参加 (スポニチアネックス) 👊🤨 倒すぞ‼️  https://news.yahoo.co.jp/articles/8f7cd05aea26b2b91249e11799aa41c52ee47c4b 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     野球界において、トレーニングの進化などによって確実に向上しているものの代表と言えるのが投手の投げるボールのスピードである。20年前はプロでもなかなかいなかった150キロ以上のスピードを現在では高校生がマークすることも珍しくなく、160キロが夢の数字と言われていたのもはるか昔の話となっている。しかしその一方でスピードはそれほどではないものの、プロで成績を残し続けている投手がいることも確かである。今回は高速化時代だからこそ逆に輝く、遅いストレートでも勝負できる投手をピックアップして紹介したいと思う。

     現在、先発で遅いストレートでも勝てる投手の代表格と言えば秋山拓巳(阪神)になるだろう。プロ入り8年目の2017年に12勝をマークして先発の一角に定着すると、昨年もチームトップの11勝を記録。今年も開幕からローテーションを守り、首位を走るチームを支える存在となっている。そんな秋山のストレートは大半が130キロ台中盤から後半で、140キロを超えることがあっても1試合に数球程度。昨年オフのバラエティー番組では、同じ愛媛で高校時代同学年だったティモンディの高岸宏行(済美高出身)が始球式で記録した138キロよりも遅くて話題になっていたことを明かしたほどである。

     しかし4月8日の巨人戦では1球も140キロを超えることはなかったが、6回を投げて2失点、10奪三振と見事なピッチングを見せている。188cm、102kgという堂々とした体格とのギャップにまず戸惑うが、それ以上に素晴らしいのはやはりコントロールである。先発に定着してから昨年までの4年間の数字を見てみると、427回を投げて与えた四球の数は58。1試合、9イニングあたりに直すとわずか1.22の四球しか与えない計算となる。そしてカットボールとフォークのスピードが130キロ台とストレートとあまり球速差がなく、ボールの軌道も途中まで変わらないというのが大きな武器となっている。また時折混ぜる100キロ台のカーブで緩急を使うこともできる。一つ一つのボール自体は決して凄みはなくても、しっかりコントロールして丁寧に投げれば結果を残せるという良い見本と言えるだろう。

    ▼記事全文はこちら



    スピード全盛の時代に“ひと際輝く” 「遅いストレート」で勝負する投手たち  https://dot.asahi.com/dot/2021050100019.html  @dot_asahi_pubより 秋山君の球は体感以上に速く感じると思います🙄 ここには書いてないけど岩崎君も似たタイプですね。 ノムスケさんは良い投手だけど 去年の手術の影響がまだ響いてるかもね?🤭



    スピード全盛の時代に“ひと際輝く” 「遅いストレート」で勝負する投手たち〈dot.〉(AERA dot.) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0096fa8ffe88b40be65fd16dd2c164a935ef2e9a  秋山はカットボールとストレートの球速差がほんとに小さいんだよなぁ


    続きを読む

    このページのトップヘ