1


 「オープン戦、阪神-巨人」(13日、甲子園球場)

 「7番・右翼」でスタメン出場し、1軍デビューを飾ったドラフト4位・前川右京外野手(18)=智弁学園=の第1打席は、空振り三振に終わった。

 打席に入る前のアナウンスが流れると、球場内は盛大な拍手。前川は堂々と打席に向かうと、2球目の内角直球をフルスイング。一塁ファウルゾーンに痛烈な当たりを放った。カウント2-2まで粘るも、最後は外角の逃げる球にフルスイングして空振り三振。安打こそでなかったものの、強振で聖地を沸かせた。

 直後は守備でハッスルプレーを見せた。8番・吉川尚の左翼ポール際に高く上がった打球の落下点に、慎重な足取りで入って捕球。捕球後は、フェンスに体をぶつけるも、ボールは落とさなかった。ルーキーの好守に虎党は拍手を送った。




前川の最初の打席は空振り三振 けどあれだけバット振ることが出来たからヨシだな。 #阪神タイガース



前川別に全打席三振でもええねん それくらいの方が大物感ある


続きを読む