とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    第2号

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <巨人0-3阪神>◇25日◇東京ドーム

    一瞬、時が止まったかのように、東京ドーム全体が静寂に包まれた。阪神糸原健斗内野手(28)が高々と打ち上げた瞬間、観客の大半が息をのんだ。

    巨人菅野は驚きを隠せないまま、思わずマウンド上で体をのけぞらせた。「たまたまホームランになっただけなので…」。謙虚すぎる言葉では表現しきれないほど、インパクトのある1発だった。

    高橋VS菅野。息詰まる投手戦にひと振りで変化をもたらした。0-0の7回表1死、2ボール2ストライク。それまでチーム2安打に抑え込まれていた菅野の内角150キロに腕を畳み、右翼フェンスを楽々オーバーさせた。「こんな大事な試合で打てて…。遥人も頑張っていたし、本当に最高の結果になったかな」。先発高橋のプロ初完封を豪快にアシストし、控えめなコメントの数々からも喜びがにじみ出た。

    「おまえ、今年ホームラン何本や? 」

    試合前、談笑していた矢野監督から何げなく聞かれた。この時点で答えは「1」。もちろんアーチ指令が出されたわけではなかっただろうが、シーズンの行方を左右する重要な一戦で、あらためて持ち前のパンチ力を証明してみせた。4月1日広島戦以来、実に177日ぶりの2号は決勝ソロ。指揮官も「力と言うより、完全に技で打ったバッティング。いいところで打ってくれた」と納得顔だ。

    9月はすでに3、5、6番と3つの打順を経験。前日24日巨人戦から5番に戻っても、柔軟に対応する適応力が頼もしい。これで今月の月間打率は3割6厘。「どこに入れても仕事をしてくれるバッター」と矢野監督の信頼は揺るぎない。粘れる。つなげる。かえせる。ツボにハマれば、アーチも架けられる。場面に応じて何役も使い分けながら、ナインを頂点へ先導する。【佐井陽介】




    糸原選手が菅野選手からまさかホームラン打つとは😵 阪神がドームランの恩恵を受けるなんて最高✨ pic.twitter.com/qRB2qUCHIC



    めちゃくちゃ遅くなったけどとらほ〜ꉂꉂ🐯 遥人優勝を争う🐰相手に東京ドームでプロ初完封は凄すぎるー👏👏✨ 糸原もあの場面でのホームランは正直びっくりしたなぁ( °ᄇ° ) 中野も凄いの一言の活躍ぶり!! この良い流れで明日も絶対勝とう︎👍🏻 #阪神タイガース #プロ初完封 #讀賣粉砕  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1441672428640342019 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     阪神・福留孝介外野手(41)が23日、DeNA戦(横浜)で2号3ラン。DeNA先発のD1位・上茶谷大河投手(23)=東洋大=をKOした。

     3-0の五回、阪神はエラーと四球で走者を出し、2死一、二塁として福留が打席へ。すると初球、真ん中の143キロを強振しバックスクリーンへ運んだ。6日広島戦(マツダ)以来となる今季2発目は、4試合ぶりの勝利を引き寄せる3ラン。「打ったのはストレート。青柳もいい投球を続けてくれていたので、チャンスで1点でも多く追加点をと思っていました。いい形でとらえることができました」とコメントした。続く梅野が中前打を放ったところで、上茶谷は降板した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000573-sanspo-base

    続きを読む

    このページのトップヘ