とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    糸井さん

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神0-3ヤクルト」(3日、甲子園球場)

     阪神・糸井嘉男外野手(40)がコンディション不良で欠場した。試合後、矢野監督が「コンディションがちょっと整っていないんで」と明かした。詳細は明らかにしなかった。

     糸井は今季ここまで25試合に出場して、打率・305、3本塁打、17打点と好調を維持してきた。

     「5番・右翼」でスタメン出場した4月30日の巨人戦(東京ドーム)では4打数2安打2打点をマーク。5月1日の同戦は八回1死満塁のチャンスで代打で登場し、勝利を決定付ける中前2点適時打を放っていた。




    糸井さんのコンディション云々言われてますが だとしてもロハス小野寺山本など選択肢ある中で なぜ小幡だったのか甚だ疑問である



    糸井コンディション不良なんや



    糸井コンディション不良だったのか… やっぱ休ませないと駄目なんだよね 外野層の薄さが辛い


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/03/14(月) 19:55:18.65 ID:0neAGx1KdPi
    よう叩かれんかったな

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/03/14(月) 19:55:53.46 ID:Z5EySquz0Pi
    出ていくのわかってたし

    9: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/03/14(月) 19:57:39.03 ID:0neAGx1KdPi
    >>2
    めっちゃ舐められてるやろ
    在阪球団オリックスしかないのに

    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1647255318/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/02/18(金) 10:51:08.32 ID:OYmrUfd4M
    no title


    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/02/18(金) 10:51:24.63 ID:cXmgMgDf0
    漫画やん

    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1645149068/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     超人が新年の激白だ。カンテレが糸井に1年間の密着取材を敢行したドキュメンタリー番組「阪神・糸井嘉男 40歳の覚悟~超人の知られざる姿~」がきょう14日(25時25分~、関西ローカル)に放送される。

     同局は昨年1月から引退覚悟で臨んだ40歳シーズンに独占密着。一昨年、苦しめられてきた右膝痛が完治して迎えた勝負の一年の中で明かした苦悩や本音を交え、ベテランの素顔に迫っている。年齢の壁、衰えを感じながらも愚直に自宅で素振りを続ける姿、豪快に見える男の意外な一面、そして近大の後輩である佐藤輝との秘蔵映像も放送。ボロボロになってまで野球を続ける理由とは――。今年1月に応じたインタビューでは41歳を迎える今季への思いも、余すところなく打ち明けている。ナレーションは、虎党で知られる俳優の佐藤隆太が務める。




    1月14日(金)25時25分〜 関西テレビ で放送ですっ! #関テレ #関西地域だけみたいです pic.twitter.com/CCIF6uxzbk



    @itoi7yoshio これは死んでも見なあかん。



    え?え?なんだこれは!!! 観ねば!!! 1/15 1:25〜 関テレ 糸井嘉男 40歳の覚悟 引退覚悟で挑んだ40歳シーズンに独占密着 1/14金曜日の夜中、日をまたいで25:25からってことね!!! pic.twitter.com/dlhKvHpBjm


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球・阪神の糸井嘉男選手(40)が、3日放送のラジオ番組『としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!』(ラジオ関西)にゲスト出演し、これまでに語られてきた「糸井伝説」についての真偽を明かした。

     正月放送のスペシャルゲストとした登場した糸井選手。「あけましておめでとうございます! (日本シリーズで)解説させてもらったときに声が小さいというご指摘があったので、マイクべたづけでしゃべろうかなと思います!」と、いきなりスタジオのマイクを持って挨拶をするパフォーマンスを披露。早速、糸井選手らしい、明るいキャラクターを発揮する。

     そんな糸井選手の出演に際して、番組にもリスナーから多くの質問メッセージが寄せられた。その1つで、「超(スーパー)サイヤ人を目指していたのは本当ですか?」という疑問には、「はい! 年下の子には『俺のこと、スーパーベジータと呼べ』と、言っていたみたいです。親父の影響で、小さいときからよく走ったり、泳いだりして(鍛えて)いました。それでこの肩幅になったので」とコメント。ちなみに、球界では身体の大きさがクローズアップされる糸井選手だが、彼を上回る肩幅の広さを持つ人物がいたよう。それが昨年まで中日を率いていた与田剛前監督だったという。「1回(野球日本代表・侍)ジャパンでご一緒させてもらって、『与田さんちょっといいですか』と比べさせてもらったら、与田さんのほうが広かった!(笑)」。

     また、番組では、プロ入り当時、投手として入団したときの話も取り上げられ、「ピッチャーで考えすぎて逆の足をあげそうになったことがあるんですか?」という伝説について問われると、「それ盛られていますね(笑)」と否定。「プロに入ると、クイックで投げるようによく指示されるんですが、ランナーがいるときのクイックのタイムが僕は遅かった。『(始動してから)1.2(秒)前半を切れと。それが最低ライン』ということで、それを考えながらセットポジションに入ろうとすると、どこから動こうかなと思って、そうやっているうちに、投げられなくなって、考えすぎて。ある意味イップスですね……」と、当時のエピソードを自らの口で語った。

     そして、「糸井選手は普段天然って言われますか?」という質問も届いたが、これには「僕もね、もう40歳で、いろいろ経験してきて、成長しているわけですよ。以前はちょっとアホみたいなことを言ったかもしれないですが、僕はもう大人ですから。(天然ではなく)自然です!」と述べ、天然キャラを否定。実際に、番組のなかで「阪神のユニフォームの重みって、どんな感じですか?」という質問を振られた際、「え、振りですか? 素材のことを聞いているんですか?(笑)」と逆質問したうえで、「3球団でやらせてもらっていますが、どこもそれぞれの重みはあります。そのなかで阪神タイガースのメディアさん、ファンのみなさんの熱量はやっぱりすごいし、勝ったときとか、負けたときとか、喜怒哀楽がものすごいですね」と、しっかりと答えていた。

     それでも、今回は親交のある元フジテレビアナウンサーの田中大貴氏(フリーアナウンサー)が出演する番組ということもあってか、「知っている人はだいぶやりやすいですね」と、糸井選手は終始リラックスした雰囲気でラジオに臨んでいた。

    ※ラジオ関西『としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!』2022年1月3日放送回より




    阪神・糸井嘉男選手、球界のとある人物に肩幅で負けていた… - ドラ要素@のもとけ  https://dnomotoke.com/archives/20220103215524/  #dragons #中日ドラゴンズ



    @gnomotoke タイトルみて与田さんかな?と思って見に行ったら案の定与田さんだった


    続きを読む

    このページのトップヘ