1


(台北中央社)台湾プロ野球、統一ライオンズは6日、元阪神のウィリン・ロサリオ(32)と契約したと発表した。来月台湾に到着しチームと合流する予定。

ロサリオは、メジャーで2度のシーズン20本塁打以上をマークするなど、通算71発。阪神では2018年の1シーズンのみプレーし、68安打(8本塁打)、打率.242だった。2019年に米マイナー、2020年と昨年は母国のドミニカ共和国やメキシコのチームに在籍していた。

昨年の台湾シリーズで中信ブラザーズに敗れ、2連覇を逃した統一。ロサリオのほか、4日には前富邦ガーディアンズのベテラン野手、胡金龍も獲得、戦力補強で巻き返しを図る。




ロサリオ、パワーはあるし韓国では通用してたんだから台湾ならまぁ #阪神タイガース



まさかのロサリオ台湾入り笑 pic.twitter.com/hf9CzKPlhf


続きを読む